ツルキリ変法による埋没法~術前のデザインが大事です

よだ形成外科クリニックの依田です。

以前のブログで話したことがあったのですが、「http://yodaclinic.exblog.jp/12440085/参照」
私の妻の父のお兄さん、私から見れば義理の伯父さんになるのでしょうか?

その伯父さんが仙台の我が家に遊びに来てくれました。
伯父さんは武蔵小杉ラーメン店を営んでおり、行列のできるラーメン店なのです。
ラーメン丸仙 http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14002807/


伯父さんから仙台に親戚のラーメン店があると聞いていたのですが、そこに今回伺うことになりました。
そこは、仙台では知る人ぞ知る「志のぶ本店」「http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040103/4000307/」です。
a0149149_1611212.jpg

        「志のぶ店主と武蔵小杉ラーメン丸仙の店主との2ショット」

私の友人からも幼い頃から通っていたなんて話を聞いていました。確か創業は大正4年で
支那そばの草分け的なラーメン屋さんなのです。

伯父さんと志のぶの店主との会話を伺っていると、さすが職人同士です。こだわりの内容ですがお互いほとんど考えが一致しているのにびっくりしました。

現在のラーメンはラーメンで全く否定することはなく、志のぶは創業以来の味を守り続けているとのことでした。

 なんか、手術以外の方法が採り上げられる近頃の美容外科ですが、手術を廃らせることなく取り組んでいる自分にも通ずることがありとても有意義な話でした。

志のぶのラーメンはとても優しいスープで麺もコシがあって美味しく頂きました。
a0149149_16122823.jpg

      「志のぶのチャーシューメン。おいしくいただきました。」
 
今回は上眼瞼手術についてのポイントを1つお話ししたいと思います。

今やほとんどの術者が行っていると思いますが、術前にしっかりとデザインを行うことが大事だと言うことです。

しかも座位デザインを行うことです。当たり前と言えば当たり前ですが、術前に座ってデザインしないで術後のイメージを出すことはとても難しい話です。

今でもノーデザインで手術のベッドに寝てお任せで手術を受け、術後経過を見てもおかしいと相談を受けることがあります。

それに術者がデザインをすることも大事ですね。当たり前ですけど。参考にして下さい。

a0149149_16132624.jpg

       術前。一重の方です。
a0149149_16134873.jpg

       デザインは座位で重瞼用のブジーで確認を取っていきます。
a0149149_16142580.jpg

       手術直後
a0149149_16143993.jpg

       手術直後閉眼時。
a0149149_1615093.jpg

       3ヶ月後。
a0149149_16152772.jpg

       3ヶ月後閉眼時この頃になると糸の食い込みもわからなくなります。
a0149149_16155694.jpg

       3ヶ月後お化粧時。
a0149149_16161982.jpg

       二重になるとお化粧がしやすくなりますね。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-05-26 16:26 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

<< 全切開+隔膜内脂肪減量術~日焼... 埋没法・ツルキリ変法~ラシャス... >>