眼瞼下垂(挙筋腱膜前転術)~術後7ヶ月の経過

こんにちは、よだ形成外科クリニックの依田です。
最近当クリニックへ「よだ整形外科」という名前で問い合わせされることが多くなっています。なので、形成外科美容外科と整形外科について簡単に説明をしたいと思います。

整形外科は、骨と筋肉をメインに扱う外科です。美容外科のことを「整形外科」と呼んでいるのを見かけますが、これは間違いです。「美容整形」とも聞くこともありますが、正式な標榜科ではありません。整形外科にて美容外科を扱うことはありません。

形成外科は体の見栄えの悩みを外科的に正常に近づける診療科です。顔面の骨折は形成外科で扱います。皮膚のできものも扱います。ガンを取った後の再建なども行います。

美容外科は現在、形成外科を習得して美容外科を専攻する道と形成外科以外を経験してから美容外科を専攻する道の2つが主のようです。私は前者でして、美容外科形成外科に含まれるとの考えで形成外科専門医を取得して美容外科を専攻しています。
後者の道で美容外科を診療しているドクターは数多くいますが、実のところ私にはあまり知り合いの先生はいません。
どちらの道が良いかは良き師匠や先輩に出会い、正しい手術手技を身につけられるかが鍵だと思います。
自分が形成外科を診療していたから言えることですが、形成外科の経験は美容外科に取って役立つことばかりです。美容外科を志す方には是非形成外科の専門医を取得してから美容外科に取り組むことをおすすめします。
最近は、手術が出来ず、レーザーや注入などのみで対応する「美容外科医」が急増しています。もちろんこれらは大事な手技ですが「外科」ですから、手術が出来ないと外科医とは呼べないでしょう。

まとめると、私は形成外科専門医を取得して美容外科を行っている「形成外科医」となるのでしょうか?美容外科医と呼ばれるより形成外科医と呼ばれる方がうれしいなぁ。
そうそう、クリニックは「よだ整形外科」でなく「よだ形成外科クリニック」です。お間違えのないように。

眼瞼下垂は瞳がまぶたにかかり、眠そうな雰囲気となるばかりか、頭痛や肩こりなどの原因となることが知られています。
私は、眼瞼下垂手術は主に眼瞼挙筋腱膜の前転術をメインに手術を行っています。手術は全切開法に準じて切開した後、眼窩隔膜内に入り、挙筋腱膜を剥離、前転させ瞼板に挙筋腱膜を固定していきます。
術後の腫れが少なくなるよう、特殊な電気メスを使用して行っています。
本日紹介します方は以前に紹介した方の経過観察です。

a0149149_14522432.jpg

術前(右>左の眼瞼下垂)
a0149149_14464244.jpg

術前閉眼
a0149149_14465894.jpg

術直後
a0149149_14471159.jpg

手術後7ヶ月後。挙筋機能は良好です。
a0149149_145322.jpg

手術後7ヶ月閉眼。手術のキズ跡はお化粧をしていますが、目立つことなく仕上がっています。



よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-02-21 14:53 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(2)  

Commented by rin-rin-rinrin at 2011-03-04 10:30
綺麗な仕上がりですね。
私も先生に手術してもらったお陰でメイク映えのする目元になりました。
お友達にも「凄い自然だね、言われるまで全然わからなかった」って言われます。
今月はまた脱毛で伺いますのでよろしくお願いいたします^^
Commented by y-aesth-plast-cli at 2011-03-04 10:47
順調そうで何よりです。お困りのことがあったらいつでも相談して下さいね。
また来院をお待ちしています。

<< 陥没乳頭修正術~乳管の温存をはかる 下まぶたのたるみ・ふくらみの改... >>