タグ:開業 ( 13 ) タグの人気記事

 

「長寿の遺伝子」をONにする①~臨床形成美容医会参加報告より

よだ形成外科クリニックの依田です。おかげさまで開業3周年を迎えることができました。
今後とも皆様、どうぞよろしくお願いします。手術のみならず、トータルに美容と健康に役立つサポートを充実させていきたいと思います。

さて、そのトータル的な美容と健康のケアについてですが、ご存じの方も多いと思いますが「長寿の遺伝子」の話題を今回は提供して行きましょう。

月末に臨床形成美容医会という学会にて勉強をしてきました。私のいい加減な「長寿の遺伝子」についての知識がだいぶ整理がされました。その要点をお話ししていきましょう。

この遺伝子は「サーチュイン遺伝子Sirt1」と呼ばれ、誰でも持っているのですが、この遺伝子をうまくONにすることが出来れば、125歳まで長生きできるかもしれません。

しかし通常老化していく過程で、その遺伝子は様々な因子、特に飽食のためにONにならず、代謝は落ち、活性酸素を打ち消せず、血管系、脳細胞の異常出現、癌などの悪性腫瘍の発生等により、余命が減少していくのです。これは病的老化と考えられます。

この「サーチュイン遺伝子Sirt1」を継続的にONに出来れば、病的老化の可能性が減少し生理的老化のみで老いて行くようです。

サーチュイン遺伝子Sirt1」をONにする方法は何だと思いますか?ご存じでない方は考えてみて下さい。

正解は「カロリー制限」です。NHKスペシャルにてサルの実証実験の結果を見た人も多いことでしょう。具体的には1112~1958kcal/日+運動療法だそうです。
みなさん出来ますか?あの日野原先生も基本はこのカロリー制限だそうですが…。
a0149149_17214627.jpg

    「この写真は同じ年齢の年をとったサル。カロリー制限をしたC、Dは長寿の遺伝子がONとなり見た目だけでなく内臓も若い。飽食で育ったA,Bは、シワ、抜け毛、見た目の老化だけでなく、いわゆる成人病が出現している」

実は昨年の10月よりカロリー制限を自分で実践しております。体重オーバー気味で、洋服がきつくなり、肝機能テーターや尿酸値が高くなり気になっていたところ、カリスクリニック出口先生や烏丸姉小路クリニックの林先生が実践していたので、ヒントをいただいて私も試してみました。

現在も続けているのですが、朝はスープか味噌汁、昼は妻に作ってもらっているお弁当、夜はライス等炭水化物抜きでサラダと魚や鶏肉中心のおかず、お酒は焼酎、あるいはワイン。後はサプリメントを飲んでいます。もちろん大好きなゴルフをしております。
サプリの話は次回にしようと思いますが、この方法で何と7ヶ月目になりますが、8kgくらい体重が落ちて、大学生くらいの時の体重、体型になりました。血液データも改善し、気付くこととしては髪の毛の伸びる速度が速くなったということと寝付きが良くなったことです。スーツはは細めに作り替えです
サーチュイン遺伝子Sirt1」がONになったかは分かりませんが、体が快調になりました。

でも、カロリー制限は辛いですよね。私は平気になってきましたが、「サーチュイン遺伝子Sirt1」をONにする方法がまだあったのです。それはフレンチパラドックスという言葉に隠されていました。それでは続きは次回に。

6月12日に長寿の遺伝子についてNHKでまた取り上げるようです。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110612.html

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-05-31 17:30 | サプリメント・長寿の遺伝子 | Comments(2)  

QスイッチルビーレーザーThe Ruby Z1~シミ、アザ、タトゥーを取り去る

よだ形成外科クリニックの依田です。

開業して約1年と5ヶ月が過ぎました。おかげさまでほぼ毎日色々な手術を行って忙しくしています。少しずつ手術の器械も買い足して充実してきました。遠方から手術をされる方も多く、期待に応えるべく丁寧に手術しております。

そんな中で、皮膚科さんから紹介される患者さんも含めてQスイッチレーザーの必要性がある症例が増えたので、ついに購入をいたしました。

Qスイッチレーザーを選定するのにあたり、自分の経験を含めて判断をしました。私は東京警察病院形成外科にて、QスイッチルビーQスイッチアレキサンドライトで治療を行ってきて、そして、開業前に勤めていたクリニックにてQスイッチヤグレーザーを使用してきました。一通り経験をしたわけですが、自分のクリニックでは「Qスイッチルビーレーザー」 を選定しました。
a0149149_15575818.jpg

    「Qスイッチルビーレーザー The Ruby Z1を導入しました。」

Qスイッチルビーレーザーは、アレキサンドライトやヤグに比べてメラニンの吸収率に優れているため、治療効果に「キレ」があります。ヤグよりもレーザー後の色素沈着も緩やかです。

そしてThe Ruby Z1は、トップハット型と言って、照射部位に均一にパワーが伝わる六角形の照射スポットなので、照射が効率良く安全に行うことができます。通常のレーザーはガウンシアン型と言って、スポットの中心部位のパワーが最も強く、周囲に行くに従い弱くなるというタイプがほとんどなため、重ね打ちが必要で、炎症後色素沈着も来しやすくなります。
a0149149_15572377.jpg

a0149149_1557425.jpg


QスイッチヤグレーザーであるHOYA製のC6もすばらしいレーザーですが、今流行のレーザートーニングは、うちのクリニックでは需要はあまりないであろうということと、ヤグであるため、選択しませんでした。

太田母斑、蒙古斑などの真皮メラノサイト-シス、黒色の刺青、ホクロ、そして、ソバカスや日光性色素斑などの表皮性疾患が治療の対象となります。

太田母斑のQルビーレーザーは警察病院にて多く治療してきました。治療の目安は1回/3ヶ月で6-7回にてほとんど軽快していきます。
a0149149_15582297.jpg

    当院の症例ではありませんが、太田母斑の症例です。
a0149149_15583694.jpg

    おそらく、6回前後の結果だと思います。

シミ、アザ、タトゥーレーザー治療をお考えの方は一度最新のQスイッチルビーレーザーを検討してみるといいでしょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-11-25 16:57 | レーザー・Qルビー・シミ | Comments(4)  

腱膜性眼瞼下垂~術前に皮膚の荒れがあったケース

よだ形成外科クリニックの依田です。開業してから以前勤めていたクリニックの時の患者さんが来院してくれることがあります。本当にありがたいことです。自分が退職する時には患者さんだけでなく、スタッフにも挨拶することなく突然辞めましたので、患者さんには大変迷惑をかけたと思っています。仕事をしてからこんな辞め方は初めてですが、そんな辞め方だったので、友人が検索サイトに「逮捕、クビ、免許停止といったワードでおまえのこと検索されているよ」と教えてくれました。思わず、苦笑いです…。
ですから、患者さんから、「先生、やっと先生を見つけることができました」なんて再会をすると感激してしまいます。
自分は何ら恥じることもなく生きています、そして元気に手術をしていますからこれからもよろしくお願いします。

a0149149_19165468.jpg

       開院1周年のお祝いを頂きました。ありがとうございます。

今回紹介します症例は眼瞼下垂の患者さんで、まぶたの炎症がある方です。炎症で腫れているときには、まぶたの手術は正確にできません。

アイプチによる皮膚炎を多く見受けますが、皮膚炎がある時には手術は延期しています。なぜなら、二重のラインが変化してしまいますし、炎症があるときには感染の危険があり手を入れられないからです。
アイプチをするくらいなら埋没法でも手術を受けてしまうことをおすすめします。アイプチに費やす時間も無駄ですしね。

今回は、まず、皮膚科的にまぶたの炎症を鎮めて、そして眼瞼挙筋腱膜前転術手術を行いました。手術後は皮膚炎の再発はありません。
まぶたに皮膚炎が長く続いていたり、まぶたをこすったりすると、眼瞼下垂の原因となることがあります。

挙筋腱膜を前転させると、まぶたのへこみも改善していきます。術後にへこみがまだ気になる時には落ち着いてから、脂肪注入などを考えていきます。
また、眼瞼下垂手術後の左右差は、約6ヶ月くらいかけて整っていくことがほとんどです。

a0149149_19114969.jpg

      まず、まぶたの皮膚炎を治めます
a0149149_1917559.jpg

      皮膚炎が治まると、左側優位の下垂が明らかになりました
a0149149_19183579.jpg

      左側はセッシの幅分、腱膜が瞼板よりはずれていました。
a0149149_19191735.jpg

   術後4ヶ月目、上眼瞼のくぼみも改善しています。左右差は6ヶ月くらいで整うでしょう。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-06-06 19:28 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(12)  

鼻プロテーゼ抜去~透明感があるので抜去を希望

よだ形成外科クリニックの依田です。早いもので、6月1日にて開業1年を迎えました。来院して下さった患者さん1人1人に感謝申し上げます。

思えば開業当初は、インターネット検索に表示されないトラブルがあったりと苦労をしました。しかも、あの大震災を経験し、経営に影響を来しました。決して順風万端とは言えませんが、多くの患者さんに来院していただきそして手術を手がけられて楽しく仕事をしております。

形成外科学会認定専門医としてプロフェッショナルな手術、治療を今後とも提供していきます。皆さんの期待を裏切らないよう精進しますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

本日はプロテーゼ抜去を希望された患者さんを紹介しましょう。

明るいところや太陽に当たると鼻背に透明感が現れるためプロテーゼ抜去したいという希望でした。プロテーゼは通常白色のシリコンプロテーゼを使用することが多く、透明感が現れたという訴えを聞いたことがないため、不思議に思っていました。
 ヒアルロン酸注入による隆鼻では透明感が現れるということはあります。それは、ヒアルロン酸が透明だからです。

 今回のプロテーゼを取り出すと透明のインプラントが入っていました。なるほどです。

プロテーゼの入れ換えは、私の場合同日には行いません。腫れが引いた頃に実際に患者さんのに当てながら新しいプロテーゼを削りだし、後日手術を行います。その方が正確だからです。

a0149149_14324084.jpg

             術前。光の加減によっては透明感が強く出ます。
a0149149_14332922.jpg

               術前斜位。
a0149149_14335926.jpg

          術中。取り出したプロテーゼは透明でした。
a0149149_14343557.jpg

      L字の下はカットしてありましたが、ほぼL字プロテーゼですね。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-05-31 14:39 | 隆鼻、鼻の手術 | Comments(6)  

まつ毛が伸びる薬

 銀河鉄道999のメーテルのまつ毛を目指したいというよだ形成外科クリニックの女医である矢崎Dr.が、本日、「まつ毛が伸びる薬、Latisse(ラティース)」を購入されました。
 ラティースとは緑内症という疾患で使われている点眼薬を使用している方が、まつ毛が伸びてしまうということから気づき、開発された医療用のまつ毛育毛剤で、FDA(アメリカの厚労省)が認可した初のお薬です。薬のため、医師の診察と処方が必要となります。
 使用は、1セットが1ヶ月分の使用となっており、アプリケーターというブラシで薬をまつ毛に塗っていきます。
 1、2ヶ月で効果を実感できる方がほとんどですが、使用を継続することにより、期待できる効果は、現在持っているまつ毛の長さの1/3は伸びるようで、まつ毛の本数とまつ毛の太さも増大します。数ヶ月ぶりにいらした患者さんに会うと「だいぶ伸びましたね」とすぐに気づくほどです。 欠点は、効果が実感できた後も維持するためには使用し続けなくてはいけないということです。

 まつ毛に植毛するという方法もありますが、これは後頭部の髪毛を移植するので、直毛になり、また伸び続けるため定期的なカットとまつげパーマが必要です。

ところで、メーテルってご存じでした?

よだ形成外科クリニックでは開院キャンペーンにてラティース1ヶ月セットを

14,700円
にて好評発売中です。
(診察、処方が必要ですが、診察料、処方料はかかりません)

a0149149_153323.jpg
さあ、あなたもエクステなしの“オリジナル”のまつ毛で外出を! 矢崎Dr.のラティースによる効果を今後お見せしていきましょう。

美容外科・形成外科・美容皮膚科 よだ形成外科クリニック 仙台駅前 予約専用 022-266-1120


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-07-02 15:10 | ドクターズコスメ | Comments(0)  

自分の血液で若返る~濃縮自己血小板注入療法

ホームページをようやくアップしましたが、ミスプリの修正に追われています。

www.yoda-clinic.jp
仙台駅前 よだ形成外科クリニック 美容外科・形成外科・美容皮膚科

お得なキャンペーンを開催中(二重・レーザー脱毛・ヒアルロン酸など)

 私たちの体を流れる血液には赤血球、白血球、血小板が含まれているということは、ご存じでしょう。その血小板を利用した治療が、今、大変ブレイクしています。
 血小板は、そう、出血したときに固まり、かさぶたを作るその血小板です。
 血小板は、とても不思議なもので、細胞の核がありません。そして、血小板には、色々な成分が含まれており、注目すべきは、「若返りの要素」が含まれているということが分かってきたということです。
 この若返りの要素を使う治療が、PRP(plate-rich plasma)注入療法などと呼ばれています。
血小板からこの若返りの要素を効率よく回収するキットが近頃、競い合って登場をしております。今回、評判の良いキットを使用してみることにしました。

 治療は、本人の血液を使用します。
採血→遠心分離→PRPの回収→注射針にセット→治療箇所に注入
という流れになります。10mlの採血に対し約2mlのPRPを取り出すことができます。この量でだいたい、下まぶた~法令線にかけて注入がほぼ可能です。

 効果的なのは、目元のちりめんじわ、皮膚のハリ、若返り、毛穴の引き締め、ニキビ跡などです。
何と言っても、自分の血液であるため安全度が高い治療で、期間を空けて、複数回の治療を行うことが可能です。効果は、速効性は無いのですが、じわじわと効いてきて、6ヶ月以上も効果が持続するケースもあります。

 良い結果が得られるかどうかは、PRPを作り出すキットによるところが大きく、血小板に含まれている「若返りの要素」を無駄にしないものを探求しています。

 効果をブーストするために、成長因子と呼ばれるお薬を添加する治療法もありますが、成長因子の添加療法は、注入箇所が膨らみすぎたなどという思わぬ副作用が報告されていますので、熟練した方法が必須で、注意が必要と思われます。

 しかし、一昔前にはこのような治療法はありませんでした。美容外科も日進月歩で発展しています。

採血をします。
a0149149_16525467.jpg

遠心分離にかけて
a0149149_16443479.jpg

生成したPRP
a0149149_16445097.jpg

数ヶ月後が楽しみです。
a0149149_16452734.jpg



二重まぶた・眼瞼下垂・フェイスリフト・脂肪吸引・豊胸・PRP注入なら
よだ形成外科クリニック 仙台駅前
美容外科・形成外科・美容皮膚科
022-266-1120(予約専用)

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-06-10 16:41 | PRP(濃縮自己血小板)皮膚皮下再生 | Comments(0)  

明日は診療開始~ホームページアップします

明日はいよいよ診療開始です。
まだまだ、万全な準備とは言えませんが、どうにか診療が可能な体制となりました。
お待たせしました。

あわせて、ホームページがアップされます。ミスプリがあると思いますがお許し下さい。
今、最終修正をしているところです。申し訳ありません。ふ~。

http://www.yoda-clinic.jp/

ホームページからもこのブログに入れるようになります。少しずつ、症例写真を載せていこうと
思います。モニターも募集いたします。

ありがたいことにお世話になった業者様や仲間からすばらしい絵やお花を頂きました。

a0149149_2222354.jpg


a0149149_22223944.jpg


a0149149_22301531.jpg


a0149149_2222578.jpg


a0149149_22233275.jpg


眼瞼下垂・埋没法・脂肪吸引・フェイスリフト・ヒアルロン酸・ボトックス・PRPなら
形成外科・美容外科・美容皮膚科 よだ形成外科クリニック www.yoda-clinic.jp へ
022-266-1120(予約専用) info@yoda-clinic.jp

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-05-31 22:25 | 開業 | Comments(0)  

まもなく診療を開始します

 ようやく仙台にも温かい日差しが降り注ぐようになり、初夏のような日も増えてきました。診療開始の準備に追われ、ブログの更新が遅れてしまいました。
 
6月1日(火)診療開始
 
よだ形成外科クリニック
形成外科・美容外科・美容皮膚科
仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前ビル2F(5月まではCRD仙台花京院ビルという名称)
診療時間 平 日 9時30分~12時30分、14時00分~18時30分
       土・日 9時30分~17時30分(昼休みなし)
休診日  水曜日・祝日・1、3、5日曜日
完全予約制  健康保険取り扱い
http://www.yoda-clinic.jp (もうすぐアップします)

仙台駅西口を出て右手に進み、パルコを通りすぎ、アエルの2階を通過、そして歩道橋を降りて、3軒目のビルの2階です。

予約専用ダイヤル 022-266-1120
(5月27日木曜より予約開始します)



保険診療が可能なものは、当然保険診療で治療を受けることが可能です。
眼瞼下垂、ワキガ、陥没乳頭などが対象です。(保険外となることもあります)

ライムライトが入りました!

みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。



a0149149_14282463.jpg

         これがライムライトです。


a0149149_14275479.jpg

a0149149_14272026.jpg


眼瞼下垂・埋没法・脂肪吸引・フェイスリフト・ヒアルロン酸・ボトックス・PRPなら
形成外科・美容外科・美容皮膚科 よだ形成外科クリニック www.yoda-clinic.jp 
022-266-1120(予約専用) info@yoda-clinic.jp
 
↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-05-21 14:37 | 開業 | Comments(0)  

美容外科ってキズがないの?

 美容外科・形成外科の手術は、キズもなく変化し、魔法のように思う方々が多いと思います。形成外科的なアプローチというのは、実はキズがなく手術ができるというわけではありません。キズが見えない、あるいはキズが見えにくいような位置で手術を行うのです。
 例えば、鼻の手術は、鼻の穴から手術を行います。下まぶたの手術は、睫毛ギリギリで切開を行います。体の部位によっては、確かにキズ跡が分からなくなるということがあります。
 ホクロを切除するときには見えにくいところを切開するわけにはいきません。ここで重要な技術は「真皮縫合」という形成外科的技術が必要となります。真皮縫合の技術の習得は私の先輩は形成外科医として一生続くと話されていました。今日よりも明日の方が技術が上達する、明日よりも来週…と技術の向上が続くのです。確かに、専門医を取得した頃は上達したなと自分で感じました。そして、今現在の方がさらに上達していると思います。ウナギを焼くのと同じかなぁ。ウナギを焼く技術の習得は一生続くらしい。a0149149_1783265.jpg
 その高度な真皮縫合があって、キズが目立ちにくくなるのです。この技術を本当にものにするのは、形成外科を習得したドクター以外には無理だと思います。医師になってからずっとこの技術に関わってきた形成外科医の自分でも修行が続いているのですから。
     
(写真に注意!ホームページはまだです。今作っています。)

 術後のキズ跡というのは、すぐに完成するのではありません。正しい技術で手術をしても、一時的には赤くなるし、固くもなります。これらの時期を通り越して、よりナチュラルに、そして普通の皮膚に溶け込んでいくのです。

 さて、ようやく仙台にも桜が咲き始めました。花見というわけにはいきませんでしたが、スタッフの採用も決まり、先日初の顔合わせ会を開きました。緊張の中で決意をしました。私たちを必要とする患者さんのためにがんばろうではないですか!a0149149_1793987.jpg

 よだ形成外科クリニックは、生まれたばかりのクリニックではありますが、正しいことを正しく行うことにより私たちスタッフも成熟していくのです。その途中には反省することも出てくるかもしれません。そういうことをフィードバックして、私たちの、より向上したサービスを患者さんへ提供していきましょう。そう、毎日進化し続けていくのです。美容形成外科の手術と同じですね。

眼瞼下垂・埋没法・脂肪吸引・フェイスリフト・ヒアルロン酸・ボトックス・PRPなら
形成外科・美容外科・美容皮膚科 よだ形成外科クリニック www.yoda-clinic.jp へ
022-266-1120(予約専用) info@yoda-clinic.jp

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-04-21 17:13 | 開業 | Comments(0)  

美容外科医になるには

 美容外科医になるためにはどうしたらいいと思いますか?

医学部は6年間です。小学校と同じ年月です。

まず1-2年生で体育や英語などの教養科目を学びます。医学の総論の勉強もします。

続いて2-3年生で解剖学や生理学、薬理学や病理学などといった基礎科目の講義を受け、実習を行い試験を受け、無事進級できたら4-6年で臨床科目である内科、外科、産婦人科、皮膚科など、ほとんどの診療科を学習し、試験でそれぞれ評価を受けます。進級制度や評価方法は大学によって微妙に違うでしょう。

医学部は通常3学期制で、中間試験はありませんが、学期末に該当科目の試験を受けます。合格は60点以上で、万が一に落とした科目は再試験で合格を勝ち取ります。5-6年は実習が中心になるので3学期制は一般に無くなり学年末に試験による評価を受けることが多いと思います。

大学の5-6年になると臨床科目について大学病院で実習して評価を受け、卒業試験に無事合格し、晴れて医師国家試験に合格したら医師になれます。その後は私の時の制度とは異なって、2年間は指定カリキュラムによる臨床研修を受けるのですね。

そして卒後、研修を受けた後はどの診療科を選んでもいいのですよ。内科の先生は内科の学部を卒業しているわけではないのです。

 大学で美容外科の授業ってあったかな~?私の時は少なくともありませんでした。最近は大学の診療科で形成外科が母体で美容外科を標榜する診療科があるから授業であるかもしれませんけど。それに、国家試験では少なくとも美容外科は出題されていないはずです。ちなみに整形外科は骨が専門の外科で美容外科とは無関係ですよ。

 「美容外科医」になるためには大きく2つの道があるようです。
1つは形成外科を専攻して美容外科を習得する道。
もう一つは卒後初期研修を受けてまもなく、あるいは他科をある程度経験してから美容外科を標榜するクリニックに就職する方法があると思います。
というのも、「日本美容外科学会」なる団体は2つあるためです。  
a0149149_22584916.jpg
       
               (クリニックのエントランスができてきました)

 1つは、日本形成外科学会に所属し認定専門医を取ると正会員となれる日本美容外科学会(注釈:平成28年度より日本形成外科学会正会員になれば認定専門医を持っていなくても、日本美容外科学会JSAPSの正会員となることができます。)、もう一つは、診療科を問わず正会員になれる日本美容外科学会JSASがあります。

さらにはこれらの学会に所属しない「美容外科医」もいるはずです。
辛口ですけど、形成外科を専攻していないのに自称「形成外科医」だとか、美容外科医としてのまともな経歴がないのに自称「美容外科医」として表だったところに出られるのは、勘弁願いたいですけどね。
結局自分は「美容外科医」であると言ってしまえばいいのが現状でしょうか?

 どれが正解か?一概にどちらが正解とは言えないかもしれません。なぜなら、美容外科は形成外科の1分野であると形成外科には説明されていますが、大学や病院での形成外科において美容外科の系統だった教育をおこなえる施設の数が少ないのが現状だからです。

形成外科の技術や考えは必要なので、私は美容外科は形成外科の一部という考えに賛成ですが、日本形成外科学会認定専門医だから美容外科を任せていいかというのは、その医師次第だと思います。
美容外科を習得していない形成外科医はたくさんいます。

 それでは、形成外科を母体としない「日本美容外科学会」所属の医師に美容外科を任せてよいかというとこの場合もその医師次第だと思います。いい仕事をする先生たちはたくさんいますよ。

 どういうこと?

 自分は日本形成外科学会認定専門医を有する「日本美容外科学会(JSAPS)正会員」の美容外科医であるけど、とても運が良かったのだと思っています。
私は卒後から東京警察病院形成外科という病院の診療科に所属することができました(大森先生、関口先生、小林先生に感謝です)。
医師としての研修を初めに受けてそして、引き続き系統だって形成外科と美容外科を学ぶことができたからです。

 少なくとも私の経験では、形成外科の知識と経験、そして考え方は自分の美容外科医にとっての基礎になっています。自分は「美容形成外科医」であるというのがいいのかもしれません。

 結局はどのケースであれ、患者さんが治療を受けて、満足をしていただければいいわけですが、そのために私の場合は自分は形成外科を母体にした「美容形成外科医」であるとポリシーを持って日々診療、手術を行っています。

だからクリニック名は「よだ形成外科クリニック」としたわけです。

 これから美容外科医を目指そうとする医学生には遠回りかもしれませんが、形成外科を専攻し専門医を取ってから美容外科医を目指すことを勧めます。形成外科は形成外科で楽しいですよ。美容外科の幅も広がります。

一刻も早く美容外科で生計を立てたいのは分かりますけどね。全く一人前の料理人になるのと同じ考えですかね。腕が無ければどうにもなりませんでしょ?


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-04-02 23:15 | 美容外科の勉強 | Comments(2)