タグ:手術 ( 108 ) タグの人気記事

 

フェイスリフト・ラテラールスマセクトミー+PRPFによるボリュームアップ

よだ形成外科クリニックの依田です。
当院では1回/月、午後より勉強会を行い、夜は懇親会(飲み会)を開催しています。今回ナースが1名入職され歓迎会となりました。美容形成外科のスーパーナースとなれるよう私についてきて下さいね。そして誕生月のナースもお祝いしました。当院の戦力として頑張ってくれてありがとう。
a0149149_122777.jpg


今回はラテラールスマセクトミーによるフェイスリフトを受け、その後PRPF法でボリュームアップを受けた方の症例を見てみましょう。
この方は他院で複数回咬筋のボトックスを受けられた結果、頬骨弓下のコケと皮膚の下がりが見られるようになり、年齢より老けて見えるようになったとのことでした。

必要以上にへこみ感がでるのは老けて見える要因になります。今回は今後を含めてSMAS(スマス)を引き上げてしっかり止めて、その後ボリュームロスした箇所にはボリュームをつけるという方針の手術計画をしました。

注入によるボリュームアップなのですが、今回は手術後による注入なのでヒアルロン酸等による異物によるボリュームアップではなく、PRPFという濃縮自己血小板+b-FGF(ベーシックエフジーエフ)という再生医療による注入を選択しました。PRPFは注入後、注入された部位の自己脂肪が増殖するという素晴らしい治療で結果も予測しやすく愛用しています。再生医療は厚労省に認可が必要な治療ですが、当然当院は認可を得ています。

さてフェイスリフトですが、皮膚のみの切除縫合ではまず皮下組織は上方に上がることはありません。SMAS(スマス)を剥離し引き上げ固定しないと長期結果は出ません。そのためには手術は局所麻酔では大変なので当院では麻酔科管理の下での全身麻酔手術で行っています。

フェイスリフト後の腫れは個人差がありますが、今回の方は内出血斑も大きな腫れもなく経過良好でした。髪型にもよりますが、人に会えるのは14日くらい見た方がいいかもしれません。しかし、この手術を受けられたら当面リフトについては考えなくても良いはずです。

術後1年くらいのところでPRPFによるボリュームアップを頬骨弓下と法令線部に注入し、経過良好となりました。PRPFは脂肪注入と異なり、採血のみで作成することができ、しかもボリュームアップの予測がしやすい、つまり膨らみすぎる、膨らまなかったということが極めて少ない素晴らしい治療と考えています。
PRP+b-FGF法は施設やグループによって作製方法や考え方が異なります。当院の方法はその中の1つになります。PRPF法は自分の所属する研究会で検証、アップデートを行っており、今のところ大きなトラブルも発生していない優秀な方法と考えています。
a0149149_123188.jpg

術前-9日目
a0149149_1232175.jpg

スマスの挙上-引き上げ固定
a0149149_1234640.jpg

術前-PRPF後14日目(フェイスリフト術後1年)

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-10-23 12:08 | シルエットリフト・フェイスリフト、たるみ | Comments(0)  

全切開+挙筋腱膜前転術~額を使わなくなりました

よだ形成外科クリニックの依田です。9月28日-29日の日程で日本美容外科学会(JSAPS)総会に参加してきました。今回は札幌での開催です。日に日に寒さを感じる札幌でした。
今回はビデオ演題や美容外科医を育てる教育問題の討論など充実した内容でした。
a0149149_16471941.jpg

夜はいつものメンバーで手術や共通の趣味の情報交換をしながらの食事会で大変盛り上がりました。気の合う全国の仲間達でとても居心地がいいサークルです。
私はどちらかというと人見知りするところがあるので、単独行動だと友人があまり増えません。しかし東京警察病院時代の先輩達といつもひっついて行動しているので、そのおかげでとても心から信頼できる友人達が多くできました。仕事、人柄とも波長のよくあう一生の友人達です。

さて、今回は額を使って疲れるという患者さんの症例を見てみましょう。
この方は単純な全切開でも額は楽になるのですが、目力の獲得と今後の予防目的で挙筋腱膜前転術を行いました。
左に比べて右の方が術前は下がっています。術後はしばらくその傾向が続き3-6ヶ月くらいで左右差が解消されてくることが多いので、この間は十分に経過を見ていく必要があります。
この方は術後より額を使わなくなり、若々しい感じになりました。

どんな方にも挙筋腱膜前転術を行えばいいという訳ではありません。術前の診察、診断が大事です。無理矢理患者さんをあおって挙筋腱膜前転術をすすめるドクターは感心しません。
a0149149_16473555.jpg

術前-1週間後抜糸直後-3ヶ月後:前転前-前転後

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-09-30 16:52 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(2)  

埋没法(ツルキリ変法)の経過観察~神戸・大阪での夏休みの勉強会

よだ形成外科クリニックの依田です。

8月22-23日の日程で、神戸で開業されているさわこ形成外科クリニックの片上先生の元で薄毛治療眼瞼下垂手術の勉強会に参加してきました。
a0149149_11175835.jpg


片上先生のドクター達は手術が好きで勉強熱心です。そこにヴィヴェンシアクリニックの野町先生も参加され、楽しく研鑽しました。神戸の翌日は野町先生のクリニックにおじゃましました。

学会ではドクター達と手術や治療の議論のみですが、実際一緒に手術をしながらの議論ですと問題点が解消されまた新たな知識と技術が身につきますね。
当院では女性の薄毛の相談が最近増えているので、この勉強会の知識を深め、当院で治療を行って行く予定です。

今回はツルキリ変法埋没法を受けられた方の経過を見てみます。
埋没法全切開と比較すると腫れや内出血が少ない方法ですが、それは術者が腫れにくい努力をすることが前提です。
当院では切れのいい極小の針で注意深く麻酔を行っています。
また、まぶたの裏側で瞼板から糸が露出しない工夫をしていますのでごろつき感も少なくなっています。
埋没法はすべての方に行えるわけでないので、診察時による判断が大事だといえるでしょう。
a0149149_11182066.jpg

術前-直後-直後閉瞼-瞼板
a0149149_11191254.jpg

10日目開瞼-閉瞼
a0149149_11193233.jpg

3ヶ月目開瞼(化粧なし)-閉瞼(化粧なし)-開瞼(化粧あり)-閉瞼(化粧なし)
よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-08-28 11:13 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

全切開+隔膜内脂肪減量~勉強会に参加してきました

よだ形成外科クリニックの依田です。

5月27日、28日で臨床形成美容外科医会というニッチな形成外科系の開業医の勉強会に参加してきました。
a0149149_11542992.jpg


普段、朝食は炭水化物を摂取しないのですが、ホテルだと食べてしまいます。
勉強会では、烏丸姉小路クリニックの林先生とご一緒に受付のお手伝いをしました。

さて、本日は埋没法を過去に他院でうけられ、安定させるために全切開隔膜内脂肪を減量切除された方の症例を見てみましょう。

今回の私が参加した勉強会でも二重を作る全切開のデザイン、手術方法、固定方法はみな様々で、正解の方程式はありませんでした。

自分の原則はあまり睫毛から高めに切開をしないということです。埋没法で行ったラインが全切開のラインとなるとは限りません。

二重を固定する方法は、ここ1-2年でやや改良しました。
そのおかげで切開線から睫毛間の皮膚があまりぷっくりすることがなくなったのと食い込み間がやわらぐ効果が得られました。

食い込みをやわらげすぎると全切開といえどもラインがゆるみ、外れてしまうことがあるのでその加減が難しいと言えます。

全切開は抜糸が7日目、お化粧でカバーできるのは10日くらいが目安です。

今回の方は経過も良好で、キズも時間と共にきれいになり、何よりでした。

a0149149_11552893.jpg

術前-デザイン-直後-所見
a0149149_11561399.jpg

1週間後-1ヶ月後-1ヶ月後閉瞼
a0149149_11563489.jpg

術前-11ヶ月後-11ヶ月後閉瞼


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-05-29 12:00 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(2)  

バッカルファット切除術~夏直前・クリスタルトマトで日焼け対策を

よだ形成外科クリニックの依田です。

紫外線が強くなってきました。お肌の老化は光老化が大きな原因の1つです。紫外線は、お肌のコラーゲンを切り裂き、皮膚年齢をすすめてしまいます。

今年は日焼け止めや日傘だけでなく、内から日焼け対策をしてみましょう。そのアイテムは飲む日焼け止め「クリスタルトマト」です。
a0149149_15262774.jpg

クリスタルトマトは飲む日焼け止めのサプリメントで、お肌の美白化にも役立つ優れものです。1日1タブレットを服用します。

当院で人気のサプリメントですぐ在庫切れになります。ご予約の上ご購入されることをお勧めします。

今回はバッカルファット切除術を受けられた方の症例を見てみましょう。

バッカルファットは上顎骨の下縁に沿って骨に近いところにある脂肪塊です。
口の中の口腔粘膜から1cmも満たない切開で切除をしていきます。バッカルファットを確認しほぐすとずるずると出てきます。

梅干し大くらいのバッカルファットが切除されます。
抜糸は7日目でまれに口角当たりに内出血斑や腫れを生じることがあります。
何となくすっきり感が出てくるのは1-3ヶ月後からでしょう。

a0149149_152642100.jpg

術中。細長く取れた方です・
a0149149_1527520.jpg

術前-術後1ヶ月後
a0149149_1527273.jpg

術前-術後1ヶ月後


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-05-23 15:31 | 脂肪吸引・バッカルファット | Comments(0)  

上腕の脂肪吸引~日本形成外科学会総会(大阪)に行ってきました

よだ形成外科クリニックの依田です。

4月12-14日の日程にて大阪で行われた日本形成外科学会総会に参加し勉強をしてきました。

夜はカリスクリニックの出口先生が「やまもと」のネギ焼きに連れて行ってくれました。先生、注文しすぎ。美味しかったけどお腹がとても膨れました。
a0149149_19222732.jpg


本日は上腕の脂肪吸引をされた方の症例を見てみましょう。
私はベーシック脂肪吸引を行っています。チュームセントを入れて3mmの脂肪吸引管から極細の2mmで仕上げていきます。

脂肪吸引は取ればいいというわけでなく、丁寧にむらなく脂肪を取り去ることが大事だと考えています。脂肪吸引の機械がすごいのでなく、術者の腕がものを言う手術です。

脂肪吸引の術後は数日バンデージをして専用のサポーターをします。
2週間すると固くなってきますので、当院ではスペシャリストのナースが超音波を使ってマッサージをしていきます。

1-2ヶ月してくると柔らかくなってきます。この頃からナチュラルさが得られるでしょう。
a0149149_19225181.jpg

術前-3ヶ月後

上腕の脂肪吸引は全身麻酔を必要としないで行うことができます。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-04-21 19:26 | 脂肪吸引・バッカルファット | Comments(3)  

全切開+隔膜内脂肪減量の経過~バレンタインデーの懇親会

よだ形成外科クリニックの依田です。

当院は1ヶ月1回、午後を休診にして勉強会とミーティングを行っています。技術の確認と新しい知識を吸収していきます

その夜はみんなで懇親会をします。


先日はバレンタインデーの日でした。サプライズでチョコベースのデザートをいただいで感激です。

正直バレンタインデーとはあまり縁が今までも含めてないので嬉しかったね。
ホワイトデーのお返しを待っていて下さい。

a0149149_11043396.jpg

本日は全切開眼窩隔膜内の脂肪を減量して二重を作成した症例を見てみましょう。

今回の方は瞼板前組織という睫毛付近の皮下組織もそれなりにあったので丁寧に減量して行きました。


全切開は術者によって手術方法は様々です私は二重の固定は瞼板の範囲に納めたいので皮膚をピンとさせた長さで睫毛から10mm15mmという高さにはなりませんだいたい7mm前後になります。


また眼輪筋瞼板前組織に固定をしますが固定に工夫を施すようにしてから最近は腫れが少なくまたぷっくりと膨らむことが少なくなってきました

手術技術も研鑽とアップデートが必要だと感じております。スタッフ共々勉強会を大事にしていきたいと思っています。

a0149149_11084505.jpg

術前-直後開瞼-直後閉瞼
a0149149_11091221.jpg
デザイン-切除した皮膚・脂肪・瞼板前組織
a0149149_11094684.jpg
1ヶ月目-4ヶ月目開瞼-4ヶ月目閉瞼



よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 
022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22
  

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


by y-aesth-plast-cli | 2017-03-04 11:32 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

一重を二重にする~全切開の経過

よだ形成外科クリニックの依田です。

インフルエンザが流行っています。
中2の私の長男は予防接種しているのに見事にA型インフルエンザになりました。
学級閉鎖になったそうです。
a0149149_13385787.jpg

みなさんも手洗い、うがいをしっかり、雑踏ではマスクの着用をしましょう。
私は今のところ問題ありません。

今回は一重の方が全切開法重瞼の作成をされた症例を見てみましょう。

全切開法で作成しても二重がまれに緩むことがありますが、固定力の強い方法です。ということは予想外の結果になってしまったら修正が難しくなるということです。

全切開の手術は術者によってデザインも異なれば、手術方法も異なりますし、技量もそれぞれです。

私は、全切開して、誰と顔を合わせても変に思われないその人に合う二重を作成することをすすめています。よかれと思った高い位置の切開などはトラブルが生じる確率が高いです。

なるべく食い込みの少ない方法で手術していますが、全く食い込みがないと緩みやすい全切開となるのでここが手術で難しいところでしょう。

抜糸は7日目、お化粧して人に会えるのは、個人差がありますが、10日くらいです。

くれぐれも無茶な二重を作成するとその後が大変ですから、術者とよく相談して手術を承けましょう。術者でない人(カウンセラーとか)と話をまとめてもだめですよ。

a0149149_1339279.jpg

術前
直後
抜糸後(7日目)
a0149149_1340838.jpg

1ヶ月目
6ヶ月目
6ヶ月目閉瞼

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・BNLS・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-02-04 13:43 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

眉毛下皮膚切除術~今年もよろしくお願いします

よだ形成外科クリニックの依田です。旧年は大変お世話になりました。本年も手術に磨きをさらにかけますのでよろしくお願いします。

昨年末は手術の連続でブログの更新まで至りませんでした。年末のご挨拶もなく申し訳ありません。

正月はほとんど家にてだらだらと過ごし、2日に塩竈神社にお参りに行きました。本年のおみくじは「吉」。おー、とても前向きになることが記されています。
a0149149_9313376.jpg


本日は眉毛下皮膚切除術を受けられた方を見てみましょう。
眉毛下皮膚切除はまさに眉下から皮膚を取り去り上眼瞼たるみや開きを改善させる手術です。
特にまぶたの外側のタルミが見られる方はおすすめです。まぶたの皮膚はまつ毛側が薄く、眉毛側が厚いので、眉毛側の皮膚は重さもあるため切除するとまぶたが軽くなります。
そのため眼の開きが良い方向に向かいます。

また、まつ毛側に皮膚を手術で触らないため、術後の印象は以前の眼の顔貌に近づく感じとなりやすいです。

眉毛下皮膚切除術は皮膚を取り去るだけですが、大事なのはデザインでしょう。
手術を行う医師の中でもいろいろ議論が交わされています。私は眼輪筋やさらにディープなレイヤーに入り込む方法は賛同してません。切って、剥がして、縫合するという形成外科の基本に忠実に行うと良い結果が出る手術だと思っています。
a0149149_932753.jpg

術前
デザイン
直後
a0149149_93242100.jpg

3ヶ月後
6ヶ月後 むくみも取れて開瞼良好です。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-01-08 09:39 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(2)  

埋没法~ツルキリ変法の術後の経過

よだ形成外科クリニックの依田です。

先日友人と、成龍萬寿山という中華料理店に行きました。家族連れが多い繁盛店です。
そこで四川料理の水煮肉片(スイジュローペン)を食べました。
寒い日なのでピリ辛がとても美味しかったです。鷹の爪まで食べられるほどの辛さです。
餃子もとても美味しく、気楽にいけるお店ですよ。
a0149149_1717101.jpg


さて、本日はツルキリ変法埋没法を受けられた方の経過を見てみましょう。
以前もお話しましたが、埋没法で絶対外れない方法はありません。

時には糸が原因で感染することもあります。
そんなとき、糸が外れにくい方法の場合、とても大変です。

ツルキリ変法はラインを広く取りますが、決して複雑な方法ではありませんので私は愛用しています。

ダウンタイムは金曜に手術すれば、月曜日は大丈夫であるくらいと考えてもらっていいかと思いますが、まれに内出血が気になることもあります。

埋没法は繰り返し受けることはおすすめしませんし、出来ないことも多くあります。

埋没法は、将来に全切開をするためのシミュレーションだと思われるといいと思います。
a0149149_17182568.jpg

術前-術直後-術直後閉眼
a0149149_17184289.jpg

2ヶ月後-4ヶ月後-4ヶ月後閉眼

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・BNLS・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-11-26 17:24 | 埋没法・二重 | Comments(0)