タグ:保険診療 ( 11 ) タグの人気記事

 

重度な腱膜性眼瞼下垂~挙筋腱膜前転術でくぼみも直す

よだ形成外科クリニックの依田です。福岡で天神形成外科クリニックを開業した先輩である増田先生のクリニックへ見学に行ってきました。
a0149149_1031614.jpg


福岡はとても温暖な気候でした。この日の仙台は2℃、福岡は10℃。先輩のクリニックは昨年の10月に開業され、徐々に忙しくなってきていました。白を基調とした清潔感あふれるクリニックです。まだ新築のニオイがしました。形成外科を基本とした美容外科を実践していますので福岡方面の方におすすめします。よろしくお願いします。
a0149149_1033523.jpg


そして夜は、ふぐのフルコースをごちそうになりました。穴場の小料理屋でこんな美味しいふぐは初めてでした。お店は「隆盛」(福岡市中央区渡辺通2-3-8)、仲のよいご夫婦がタイミングよく料理を出してくれます。増田先生、ごちそうさまでした。
a0149149_1034699.jpg


本日は、重度の眼瞼下垂症の患者さんの挙筋腱膜前転術の術後経過をみてみましょう。

眼瞼下垂は「見た目の眼瞼下垂」と「機能的な眼瞼下垂」があります。

見た目の眼瞼下垂とは簡単にいうと一重の方がほとんど当てはまってきます。一重の方は二重の方に比べると見た目は黒目の見え方が当然悪く見えます。
しかしながら、ほとんどの一重の方は二重にすれば黒目の見え方は良くなります。このようなケースは「見た目の眼瞼下垂」で挙筋腱膜を短縮する必要は基本的にありません。

問題は二重の方、あるいは一重の方を二重にしても黒目の見え方が悪いケースで、このような場合は「機能的な眼瞼下垂」を疑う必要があります。つまり挙筋腱膜前転術を考慮に入れる必要が出てきます。

最近、一重の人でも何でも黒目の見え方が悪い方に「あなたは眼瞼下垂だから挙筋腱膜前転術をしなくてはいけない」と診断され、高額な治療費を提示されたが、自分は本当に眼瞼下垂なのですか?と私のところに診察に来られる方が増えています。
上述したとおりそのような方のほとんどが「見た目の眼瞼下垂」でした。埋没法や単純な全切開で十分だとお話しさせていただきました。
正しく診断され、正しい方法で手術を受けることが大事です。不必要な手術は目的がない限り行わないのが私の考え方です。

さて、今回の方は見た目にも機能的にも真の眼瞼下垂の方でした。某大学病院形成外科を受診したところ、重症筋無力症なのでは?と検査を受けるも問題なし、眼瞼下垂手術(挙筋前転術)は積極的に勧められなかったとのことでした。
頭痛、肩こり等の症状もありました。重要なエピソードとしてハードコンタクトの長期装用者でした。
a0149149_1041692.jpg

     「術前。下垂とくぼみが目立ちます。」

診察したところ明らかな腱膜性の眼瞼下垂で、挙筋腱膜前転術を行い、上眼瞼のくぼみを軽減するよう眼窩脂肪も剥離して前方に引き出し固定を行いました。

手術所見は明らかな腱膜性の眼瞼下垂で瞼板から腱膜がはずれていました。
a0149149_1051764.jpg

     「術中右側」
a0149149_1083626.jpg

     「術中左側、右、左とも完全に腱膜が瞼板からはずれています」

眼瞼下垂手術はまず、診断を正しく行う、そして適切な手術手技で手術を行うことが重要です。当たり前のことだけれど、結構難しいのです。手術となるとやはり技術的な問題もあります。誰でも行える手術でないことは確かです。

眼瞼下垂ではと思う方は即断しないでいくつかのクリニックで医師による診察を受けることをおすすめします。

a0149149_1091615.jpg

     「手術直後」
a0149149_1093361.jpg

     「1週間後、抜糸直後」
a0149149_1010051.jpg

     「1ヶ月後」
a0149149_10101514.jpg

     「3ヶ月後、開眼良好、くぼみも改善しました。左右差は6ヶ月くらいかかりながら整ってきます」

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-02-15 10:19 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(3)  

二重を考慮して挙筋腱膜前転術を行う~眼瞼下垂手術

よだ形成外科クリニックの依田です。先日同級生のS先生が手術の見学に来ました。S先生は眼科医で、形成外科の勉強もしています。定期的に私のクリニックに来てくれて手術の勉強をしていきます。私の手術でよければ、いつでも勉強に来て下さいね。また年末にお会いしましょう。今度はゆっくりと飲みに行きますか。
a0149149_16521841.jpg


眼瞼下垂を説明したTV番組が最近続けてありました。その番組の影響でしょうか、患者さんの方から眼瞼下垂ではないでしょうかと診察を希望される方が多くなってきています。

眼瞼下垂にはいくつかの病態がありますが、多いのは腱膜性眼瞼下垂という病態です。眼瞼下垂の特徴は、黒目の半分ほどがまぶたにかかり、眠そうに見える、まぶたのくぼみ、二重のラインの乱れなどと午後になるとまぶたの重みや頭痛や肩こりの随伴症状を伴うことがあります。

また、一重の人は二重の方に比べると黒目の見え方が悪く、一見眼瞼下垂のように見えます。

腱膜性の眼瞼下垂というのはまぶたを引き上げるスジ(腱膜)と瞼板という軟骨の付着部分がゆるんでいる状態で、頑張っても力が伝わらず、まぶたが開きづらくなります。

単に一重や皮膚が重くて目が開けづらいのか、それとも腱膜性の眼瞼下垂なのかは、眼瞼下垂手術に関わっている形成外科専門医ならおそらく診断が可能です。

過去には他院眼瞼下垂ではないかと診察希望したところ実は眼瞼下垂なのに、違うと言われ、ヒアルロン酸を上眼瞼に注入され、余計重くなったという方や、逆に眼瞼下垂ではないのに、あなたは眼瞼下垂だから自費の手術の方がいいとすすめられ、不必要な挙筋腱膜前転術を行われ、高額な治療費を支払い、びっくり目になって来院された方もいます。
保険診療の場合でも、二重を考慮に入れないでまぶたを切開し、どうしようもない左右差に仕上げられてくることもあります。

先ほど「おそらく」と申し上げたのは、形成外科専門医であっても眼瞼下垂の診断ができなかったり、あるいは治療費をかさ上げするため不要な手術をすすめ、実際行ってしまうケースをたまに見るからなのです。

挙筋腱膜前転術を行う際には保険診療だろうが、自由診療だろうが即決しないでいくつかのクリニックにて診察を受けて判断することが大事だと思います。

a0149149_16525463.jpg

    術前。左側はくぼみが出現している眼瞼下垂です。
a0149149_16561240.jpg

    術前上方視。
a0149149_16571314.jpg

    手術直後。腫れも少なく直後より眼瞼下垂が改善しています。
a0149149_16584916.jpg

    出血を少なく展開すると結果が良くなります。
a0149149_16592166.jpg

    挙筋腱膜を瞼板に前転固定しました。
a0149149_16594423.jpg

    術後1ヶ月後。通常は1ヶ月目くらいから開いてくる感じがしてきます。
a0149149_1702031.jpg

    術後2ヶ月後。左右差は術後3-6ヶ月で良くなってきます。
a0149149_1705188.jpg

    術後6ヶ月目。安定しました。
a0149149_1713771.jpg

    術後6ヶ月目上方視。スムーズな上方視が可能です。
a0149149_172164.jpg

    術後6ヶ月目閉眼。キズは時間と共に馴染んでいきます。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-10-23 17:09 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(8)  

眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術~目つきが悪いと…

よだ形成外科クリニックの依田です。
先日、子供達を連れて、泉ヶ岳の登山をしてきました。登山といっても1100mくらいの山なので、軽装で片道2時間くらいのハイキングコースといってもいいかもしれません。しかし、それなりに悪路と傾斜もあるので、きついところもありますが、体によい有酸素運動を行うことが出来ます。
a0149149_9263375.jpg


普段、ゴルフをプレーするときにはカートに乗らず、努めて歩くようにしているので、特に疲労を残すことはありませんでした。マイナスイオンの中、給水しながらのハイキングはとても気持ちが良かったです。それより、クマがでないか冷や冷やしていましたが。
a0149149_9262754.jpg



テレビの影響というのは大きいです。「眼瞼下垂」の特集を先日行っていましたね。その反響で、眼瞼下垂の問い合わせが急増です。

眼瞼下垂症の原因にはいくつかの原因があります。その原因によっても病態は異なります。多く見かけますのは、加齢によって、皮膚が余り、重みを感じるもの、コンタクト装用によって眼瞼下垂が生じたケースがほとんどです。

私はこの番組を見てはいませんが、以前にもNHKでも眼瞼下垂の特集を行っていたことがあったと記憶しております。頭痛肩こりの症状が眼瞼下垂症に随伴することがあり、そのことが強調されることがあるのですが、眼瞼下垂の手術を行うと、必ず頭痛肩こりが治るということは言えません。多く治療に携わっていますと、確かに改善する傾向は強いとは感じてはいます。ちなみに当院ではこの1年で約50例の挙筋腱膜前転術を行っていました。

眼瞼下垂かは診察が必要です。素人判断をしないで、眼瞼下垂手術を数多く行っている施設にて診察を受けると良いでしょう。

a0149149_9503779.jpg

    術前。 頑張ってもなかなか目が開きません。
a0149149_9544466.jpg

    術前、閉眼時
a0149149_9545582.jpg

    手術直後。挙筋腱膜前転術を施行しました。
a0149149_9571482.jpg

    7日目、抜糸直後
a0149149_9591889.jpg

    1ヶ月目。組織が厚いと、この時期頃から目が上がってきます。
a0149149_9595961.jpg

    4ヶ月目。目が開いてきました。左右差はもっと整ってくるでしょう。
a0149149_1003417.jpg

    4ヶ月目閉眼。肩こり頭痛の症状は軽減したとお話しされています。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-07-27 10:05 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(6)  

腱膜性眼瞼下垂~年々二重のラインが薄くなってきました

よだ形成外科クリニックの依田です。仙台も蒸し暑くなってきました。
おかげさまで7月の予約がほぼ一杯となりました。夏休み手術をお考えの方は余裕を持ってご連絡を下さい。8月の診療も1日たつごとに予約が取りづらくなっています。

明日7月7日は、京都日本美容外科学会(JSAPS)に参加のため出かけてきます。京都見学は出来そうもありませんが。休診になりますのでよろしくお願いします。


眼瞼下垂があると、開眼が知らず知らずに弱くなるため、眉毛を挙上して目を開こうとします。そうすると上眼瞼の皮膚が上方に引っ張られるために二重のラインが安定しなくなるとこがあります。

加齢現象で眼瞼挙筋機能が弱まると同様のことが起こることもあります。先日、若い方にもこのような現象が起きている方がいました。他院で埋没法を行ったが、ラインがすぐ薄くなってしまいましたと来院されました。診察すると眼瞼下垂があって、眉毛を強く上げようとするため、皮膚が引っ張られて二重にならないのでした。この方は、眼瞼挙筋腱膜前転術による重瞼術作成の予定としました。

二重が浅くなった、埋没法をしてもラインが浅い感じがするといったケースには眼瞼下垂があるかどうか診察を受けられることをおすすめします。

a0149149_10331842.jpg

   年々ラインが不安定になり目も開けづらくなりました。
a0149149_10335145.jpg

     術前閉眼時
a0149149_10341780.jpg

     手術直後。挙筋腱膜前転術を行いました。右下眼瞼の腫瘍も取り去りました。
a0149149_10345846.jpg

     1週間後、抜糸直後。
a0149149_10352318.jpg

     1ヶ月後。目が楽になったと。
a0149149_1036447.jpg

     6ヶ月後。3-6ヶ月かかりながら眼瞼下垂手術は安定してきます。
a0149149_10363660.jpg

     6ヶ月後閉眼時。腫瘍もきれいになりました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-07-06 10:42 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(4)  

眼瞼下垂手術を受けて視野が広くなりました~挙筋腱膜前転術

よだ形成外科クリニックの依田です。
当院では研修を定期的に行っています。先日は脂肪吸引後のマッサージケアのスタッフ研修を行いました。みんな真剣に研鑽していました。感心、感心。
a0149149_16312919.jpg


a0149149_16315098.jpg

これは、イオントフォレーシスに使用しようとトランサミンジェルを作ってみたものです。添加物で皮膚がトラブルを起こすことがあるので、添加物が入っていないジェルを作成しました。

a0149149_1632430.jpg

そして勉強をたくさんした後は、みんなでイタリアンディナーを楽しみました。

本日は眼科クリニックより紹介を受けた、コンタクトレンズによる重度の眼瞼下垂の患者さんを紹介しましょう。

ハードコンタクト装用者に出現することが多いと言われている腱膜性の眼瞼下垂症は、まぶたのくぼみと下垂したまぶたを額を上げることによる額の緊張が特徴的です。

今回の患者さんは、術前の顔貌に慣れていたようでしたが、眼科クリニックのドクターに眼瞼下垂手術をすすめられ、紹介され当院に来られました。

手術所見は、見事に挙筋腱膜瞼板からはずれており、ミューラー筋と結膜を通して眼球が透けて見えるくらいでした。

腱膜を瞼板に前転固定し、持ち上がってしまった眼窩脂肪を剥離して戻して、まぶたのくぼみも修復しました。

経過は順調です。視野も広くなったと喜ばれておりました。遠く九州に引っ越しされるとのことですが、経過は問題ないので安心して下さい。もし九州でも困ったことがあったら、ご連絡を下さい。
a0149149_16324126.jpg

    術前。上を見上げるのはほとんど出来ていないとのことでした。
a0149149_16332674.jpg

     術中所見。腱膜が瞼板よりはずれています。
a0149149_1634557.jpg

     腱膜を前転させて瞼板に固定していきます。
a0149149_16344438.jpg

    手術直後です。術後2-3日目が一番腫れます。
a0149149_16401210.jpg

    1週間後、抜糸直後。左右差は3-6ヶ月かかりながら整っていきます。
a0149149_16404732.jpg

    3ヶ月目。視野が広くなりました。左右差はもっとなくなっていくことでしょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-05-18 17:04 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(6)  

挙筋腱膜前転術~コンタクトレンズによる眼瞼下垂

よだ形成外科クリニックの依田です。手術の予約が約1ヶ月待ちの中、3月17日~21日までクリニックは休診です。申し訳ありません。

この休診は4月より当院で導入するリードファインリフトという、極細の吸収糸を頬部や頚部に片側40-50本挿入することで、リフトアップやお肌の若返りを期待する最新の治療の勉強に行ってくるためのお休みです。

リードファインリフトは別名スマートVリフティングショッピングリフトなどと呼ばれ、糸のメーカーによって名称が異なるようです。ショッピングリフトというくらい、手術後より買い物に行けるくらいダウンタイムが少なく、効果もすぐに実感できるということになっています。

その真偽を確かめ、そして勉強して技術を身につけてきます。楽しみにしていて下さい。


さて、最近、眼科クリニックさんより眼瞼下垂症の患者さんが当院を紹介されて来院されることが多くなってきました。コンタクトレンズによる眼瞼下垂症です。

コンタクトレンズによる眼瞼下垂症は黒目がかぶってくるほか、上眼瞼のくぼみや菲薄化そして眉毛の挙上が認められ、患者さんの目の雰囲気がほとんど似ています。

上方視をしていただくと、程度の強い方の目の上転がきつくなり三白眼様になります。両側の場合は両側ともその傾向が見られます。

二重を考慮してまぶたを全切開して、挙筋腱膜を検索すると、瞼板という軟骨からはずれているのが明瞭です。よく剥離した後、腱膜を前方に移動させて、瞼板に固定をしていきます。それが挙筋腱膜前転術です。前転術にはいくつかの術式があります。自分の場合は信州大学形成外科松尾教授の方法をモディファイした方法で、なるべく組織を温存していく方法を取っています。

くぼみが強いときには眼窩脂肪を引き出して固定していきます。

術後の経過とともに目の雰囲気が以前のようになるほか、視野が大変広くなったと実感できます。左右差は3ヶ月~6ヶ月の経過にてたいていはそろってくることでしょう。

a0149149_10105148.jpg

    術前。典型的なコンタクトレンズ性の眼瞼下垂の容貌をしています。
a0149149_10113391.jpg

    術前上方視。黒目下の白目の範囲が大きくなります。
a0149149_10122476.jpg

    術中所見。セッシの幅分瞼板より腱膜がはずれていました。
a0149149_10132130.jpg

    術後1週間後。腫れは普通の方でしょう。
a0149149_1014290.jpg

    術後2ヶ月後。まだ腫れはあります。左右差や開眼量はこの後も改善してきます。
a0149149_10144923.jpg

    術後2ヶ月後上方視。三白眼様の見え方は改善しました。
a0149149_10152610.jpg

    術後2ヶ月後閉眼時。切開したキズはもっと馴染んでいくでしょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-03-09 10:39 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(2)  

陥没乳頭手術~保険適応手術ってだめなの?

よだ形成外科クリニックの依田です。

ありがたいことに、毎日手術が続いております。先日も全身麻酔手術フェイスリフト鼻尖形成術などもあり、細かい手術から大きな手術まで頑張っております。予約が取りづらいようですが、申し訳ありあせん。可能な限り対応させていただきます。

そこで、体力をつけるために「肉」を食べに行きました、という訳でないのですが、大阪から客人がいらっしゃったので、おいしいお肉を食べに行きました。「炭火肉料理大胡椒」というお店です。
a0149149_940428.jpg

目の前で七輪で焼いてくれるのです。焼き加減もミィディアムレアにて最高でした。のり巻きみたいなのはガーリックライスです。ごちそうさまでした。
a0149149_941692.jpg


陥没乳頭は、授乳の妨げとなるばかりか、不潔になりやすく乳腺炎の原因ともなり得ます。また、何よりも見た目として悩む方も多いことでしょう。

刺激にて乳頭が問題なく出るレベルなら、吸引器のような保存療法も考えられますが、基本は手術療法となります。

先日、患者さんからこんな相談をされました。とあるクリニックを受診したところ、「保険診療を行っているクリニックにて保険適応手術は絶対してはいけない、自費の手術でやらないと後悔する」と言われましたが、本当ですか?と。

保険適応手術で行えるかどうかは、①そのクリニックや病院が保険診療機関を標榜しているかどうか、②単なる美容目的でなく、授乳障害のある乳頭に対し手術を行う場合、が保険適応となります。つまり、授乳の可能性があり、乳管を温存する手術ならば保険適応となると言うことです。

保険手術を行うと後悔するというのは私的には解せませんね。手を抜くと言うことでしょうか?自費手術だと特殊な良い方法かあるのでしょうか?そのクリニックでは、40万円の見積もりであったとのこと。少なくとも私は、保険適応だろうが、自費の手術だろうが、どちらもベストを尽くして手術を行っております。

陥没乳頭手術は、抜糸が7-10日、術後約1ヶ月の器具固定を行います。そして、術後3ヶ月は下着などで乳頭がおされないよう、スポンジにて乳頭を保護していきます。

a0149149_1010078.jpg

   術前。両側の陥没乳頭、刺激にてかろうじて出てくるレベル。
a0149149_10101623.jpg

   術前側面。
a0149149_1010291.jpg

   手術直後、再陥没の予防に器具をこのあと装着します。
a0149149_10104431.jpg

   1ヶ月後、良好な形態になりました。
a0149149_1011436.jpg

   4ヶ月後、再陥没もなく、経過良好です。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-09-20 10:12 | 乳房豊胸・乳頭 | Comments(24)  

3月15日(火)の診療状況

よだ形成外科クリニック依田です。

3月15日(火)現在の当クリニックの状況をお知らせします。

診療 可能

手術・レーザー等 可能


です。エレベータも復帰しいつもと変わりません。

水も、電気も不通のところが多い中、大変申し訳ない気持ちです。

宮城は多くの犠牲が発生し、そのニュースを聞くたび心を痛めております。

抜糸や処置が必要な患者さん数人と連絡が取れていません。

他県から数件治療希望の問い合わせがありましたが、交通手段が現在ほとんど途絶えている

状況なので、確認の上、治療の予約をお取り下さいませ。

私は外傷の形成外科も治療可能切ってしまった・やけどをした・手足のケガ・顔のケガなど

ですので、ケガのことも問い合わせしていただければ対応いたします(保険診療)。

皆様のご無事をお祈りいたします。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-03-15 11:19 | インフォメーション | Comments(2)  

陥没乳頭修正術~乳管の温存をはかる

こんにちは、よだ形成外科クリニックの依田です。
先日、といっても1月ですが、塩釜にあるお鮨屋さんの「大入寿司」に行ってきました。塩釜港周囲には多くのお鮨屋さんがあり、それぞれがこだわりを持って仕事をしています。その中でも、大入寿司には、私の相棒である(今は一緒に働いていませんが)Sドクターと忘年会や新年会を兼ねて、大変お世話になっています。大将は、仕事に対する考え方が職人気質で、私の仕事のモチベーションにも良い影響を頂いております。大変おいしくつい飲み過ぎてしまいます。このあいだは、聖域である職場を見させていただいて感激しております。
a0149149_184018.jpg


最近、陥没乳頭の問い合わせが増えております。手術した患者さんから協力を得られたので、写真を含めて説明をしましょう。

刺激を与えて乳頭が出てこないレベルはまず、手術療法の適応です。手術は、授乳の可能性がある場合には、乳管の温存を計ります。
吸引器具による矯正療法で、皮膚に障害を来したという患者さんがいました。吸引器具療法には適応がありますので注意して下さい。

手術は、陥没している領域を切開し、そこから乳管を丁寧に鈍的に剥離していきます。陥没乳頭は乳腺から乳頭への乳管が癒着しているため、この操作が極めて重要になります。
乳頭が引き込まれなくなったら、再陥没を防止するため、作成した真皮弁(皮下組織)を乳頭内に橋渡しします。特に重度な陥没乳頭手術はこの操作が極めて有効といえます。
そして両側にZ形成術という皮弁の入れ換えをして、乳頭を立たせます。乳頭への血行を断ち切らない丁寧な手術操作が必要です。
最後に再陥没を防止する矯正器具を装着します。この器具は東京警察病院形成外科勤務時にお世話になったメーカーさんの開発器具で、今でも重宝をしています。固定具は1ヶ月ほど装着します。その後は下着で圧迫されないようソフトスポンジでケアをしていきます。仕上がりには 約3ヶ月が必要でしょう。
  
尚、授乳を目的とする陥没乳頭手術健康保険治療の対象となります。

a0149149_1841920.jpg

術前左側。重度の陥没乳頭

a0149149_184362.jpg

手術直後。真皮弁による橋渡しとZ形成術で立ち上がりました。乳管を温存してあります。矯正具を装着します。

a0149149_1845575.jpg

2週間後。この矯正具は大変有用な器具です。約1ヶ月装着します。

a0149149_1851453.jpg

40日後。下着で押されないような工夫をしばらく行っていただきます。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-02-28 18:10 | 乳房豊胸・乳頭 | Comments(6)  

耳垂裂~裂けてしまった耳たぶを治す

ようやく秋の気配が感じられるようになってきましたね。

 脂肪吸引の手術など、大きめの手術が続き、心身とも疲労し、そのためゴルフもご無沙汰していました。

 ふと本屋で立ち読みした雑誌にオデッセイのトライホットの復刻版が発売になるという情報を読み早速ゴルフショップの知人に電話して購入をしました。トライホットは知る人ぞ知る名器でして、数年前発売されたものが現在も高値で取引されており、プロも多数使用しております。この旧バージョン(プロ用の)は実は昨年オークションで手に入れ大事に保管しております。数回しかラウンドに持ち込んでおりません。

 今回のバージョンも早速試そうと思ったのですが、雨のためクリニックに置いてきました。あっ、パターの話ですよ。形成外科医はゴルフの道具もこだわるのです(多分)。
a0149149_10171592.jpg


 耳垂裂とは耳たぶに裂け目が入っている状態で、生まれつきによるもの、ピアスやケガで裂けてしまったものがあります。

 今回ご紹介するのは、ピアスにより裂けてしまった両側の耳垂裂です。またピアスをしてみたいとの希望のため耳垂裂を修正しました。

 耳垂裂手術は、単純に縫い合わせるとまずうまくいきません。キズというものは手術によるものを含め、縮まる性質を有しています。そのため単純縫合をすると、キズの延長上の耳たぶの輪郭が凹んでしまい、美しくなりません。

 そこで縮まりを予防するようにZ形成術や小三角弁を組み合わせたデザインを施し手術をします。この小さな領域を手術するのは唇裂手術に通ずるものがあり、形成外科の技術を発揮できる手術の一つでもあります。

 耳垂裂をどの診療科に見てもらえばよいのかはもちろん形成外科専門医のいる形成外科がよろしいかと思います。

a0149149_1144414.jpg

術前

a0149149_11445760.jpg

術前

a0149149_1145771.jpg

術後7日目抜糸直後

a0149149_11451714.jpg

術後7日目抜糸直後

転勤後も順調でしょうか?お暇なとき再診しに来て下さいね。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-09-27 11:59 | 耳の手術 | Comments(2)