タグ:二重 ( 21 ) タグの人気記事

 

埋没法(ツルキリ変法)~臨床形成美容外科医会でハウステンボスへ

よだ形成外科クリニックの依田です。

12月3-4日で、日本臨床形成美容外科医会という勉強会に出席してきました。
世話人は長崎の北村理子クリニックの北村先生です。
お疲れ様でした。

ハウステンボスは、私は初めてでした。
到着前に佐世保駅前にて先輩とお茶してから向かいました。

たるみや引き締めのノンサージカル(非手術的)な治療法の勉強をしました。
a0149149_16324672.jpg

先輩である関谷クリニック南青山の関谷先生と2ショット。
異国を感じさせるハウステンボスでした。

本日はツルキリ変法埋没法を受けられた方の症例を見てみましょう。

埋没法ダウンタイムが少なく優れた方法です。

ただしすべての人に採用できる方法ではありません。
また、埋没法は長期には緩む傾向があります。

その中でもツルキリ変法はラインを広くすくう方法なのでラインを長くキープしやすい方法といえますし、シンプルなので、万が一糸を取り去るのも比較的容易な方法と考えています。

アイプチやテープをして皮膚がかぶれるのなら、埋没法をしてしまう方が健全です。

a0149149_16361637.jpg

術前-直後-直後閉眼
a0149149_16333972.jpg

3ヶ月後

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-12-13 16:39 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

埋没法(ツルキリ変法)~ものもらいの既往があるのだが

インスタグラム始めました! #よだ形成外科クリニック

よだ形成外科クリニックの依田です。

梅雨明けして仙台も暑い夏がやってきました。

先日書籍を謹呈されました。
NHKのクローズアップ現代に出演したことのある医療ジャーナリストの大竹奉一氏からです。
a0149149_14461154.jpg



「美容医療の最新事情:大竹奉一著、Discover社」という著書で、
取材をしっかりされているなと思いました。

私をこの著書で推薦して頂き大変恐縮です。

そういえば大竹氏をいままで存じ上げなかったのですが、大竹氏から紹介されたという患者さんが何人かいらっしゃいました。

何冊かクリニックに準備しますので興味のある方は購入してみて下さい。


今回は、ものもらいの既往がある方に埋没法を行った症例をみてみましょう。

ものもらい麦粒腫といい、睫毛下の瞼板にある腺組織が慢性に炎症をきたすやっかいな疾患です。

ものもらいのある方は睫毛付近の皮膚の癒着がみられしなり感があまりありません。

今回の方は、ものもらいは数年出現していないのと、まぶたをひっくり返してみて、瞼板の状態がよかったので埋没法を行いました。

瞼板の状態が思わしくないときは埋没法を行いません。

この方は経過をみて、調子が悪いときは糸の抜去、全切開の予定としました。

皮膚のしなりが悪いのかやや左右差がありましたが経過は順調です。

実はこの方は数年後全切開を行いました。経過は良かったのですが、将来的なことを考えての全切開でした。全切開の時の状態は後日ご報告いたします。
a0149149_1430547.jpg

術前
a0149149_14321367.jpg

ものもらいの跡があります。
a0149149_14323869.jpg

術直後。腫れは少ない方です。
a0149149_1433176.jpg

直後閉眼時。
a0149149_14331614.jpg

4ヶ月目、右側のものもらいのキズのためかやや開きが悪いですね。
a0149149_14343735.jpg

ものもらいの再発はありません。この後しばらくして全切開をしました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-07-30 14:40 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

全切開+挙筋腱膜前転術+隔膜内脂肪減量~目を開きやすくする

よだ形成外科クリニックの依田です。

当院では、月に1回スタッフ全員で技術の確認や治療、施術の学習などを行い、みなさんへ満足のいく技術を提供できるよう研鑽しています。
a0149149_1735611.jpg

    本日はケミカルピーリングの研修です。

本日は一重の方が、眼の開きをよりよくする、全切開+挙筋腱膜前転術手術を受けられた症例を見てみます。

本日の方は額と眉毛を使い開瞼されるタイプで左右差もあるため挙筋腱膜前転術を併用した全切開を行いました。

挙筋腱膜前転術は術者によって手術方法や固定の仕方が微妙に異なります。かなり高度手術なので、特に美容目的の場合は挙筋腱膜前転術の手術経験が十分あるドクターが行う方がよろしいでしょう。

また、固定の位置は黒目を重視して行うべきです。容易につり目のように引き上がってしまいます。術者のさじ加減が大事な手術ですから、手術の料金やクリニックの知名度のみで判断されるのは得策ではありません。

術後の経過によっては修正も必要なこともあります。術者とよく打ち合わせをしてから取り組むことをおすすめします。

今回の方は経過も時間と共によくなり、人生もよくなられたと喜ばれておりました。感謝のお言葉を頂いて、本当に何よりです。
a0149149_1744454.jpg

     術前。左側が下がっています。
a0149149_1752765.jpg

    デザイン。左右で皮膚の切除量を変えました。縦線は腱膜の固定位置です。
a0149149_1762868.jpg

    5日目。
a0149149_1764791.jpg

    1ヶ月目。左側が上がりきっていません。
a0149149_1771524.jpg

    5ヶ月目。力を入れなくても開瞼が良好です。
a0149149_1774188.jpg

    5ヶ月閉眼。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/
予約専用 022-266-1120
↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-06-06 17:24 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(6)  

ツルキリ変法による埋没法~術前のデザインが大事です

よだ形成外科クリニックの依田です。

以前のブログで話したことがあったのですが、「http://yodaclinic.exblog.jp/12440085/参照」
私の妻の父のお兄さん、私から見れば義理の伯父さんになるのでしょうか?

その伯父さんが仙台の我が家に遊びに来てくれました。
伯父さんは武蔵小杉ラーメン店を営んでおり、行列のできるラーメン店なのです。
ラーメン丸仙 http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14002807/


伯父さんから仙台に親戚のラーメン店があると聞いていたのですが、そこに今回伺うことになりました。
そこは、仙台では知る人ぞ知る「志のぶ本店」「http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040103/4000307/」です。
a0149149_1611212.jpg

        「志のぶ店主と武蔵小杉ラーメン丸仙の店主との2ショット」

私の友人からも幼い頃から通っていたなんて話を聞いていました。確か創業は大正4年で
支那そばの草分け的なラーメン屋さんなのです。

伯父さんと志のぶの店主との会話を伺っていると、さすが職人同士です。こだわりの内容ですがお互いほとんど考えが一致しているのにびっくりしました。

現在のラーメンはラーメンで全く否定することはなく、志のぶは創業以来の味を守り続けているとのことでした。

 なんか、手術以外の方法が採り上げられる近頃の美容外科ですが、手術を廃らせることなく取り組んでいる自分にも通ずることがありとても有意義な話でした。

志のぶのラーメンはとても優しいスープで麺もコシがあって美味しく頂きました。
a0149149_16122823.jpg

      「志のぶのチャーシューメン。おいしくいただきました。」
 
今回は上眼瞼手術についてのポイントを1つお話ししたいと思います。

今やほとんどの術者が行っていると思いますが、術前にしっかりとデザインを行うことが大事だと言うことです。

しかも座位デザインを行うことです。当たり前と言えば当たり前ですが、術前に座ってデザインしないで術後のイメージを出すことはとても難しい話です。

今でもノーデザインで手術のベッドに寝てお任せで手術を受け、術後経過を見てもおかしいと相談を受けることがあります。

それに術者がデザインをすることも大事ですね。当たり前ですけど。参考にして下さい。

a0149149_16132624.jpg

       術前。一重の方です。
a0149149_16134873.jpg

       デザインは座位で重瞼用のブジーで確認を取っていきます。
a0149149_16142580.jpg

       手術直後
a0149149_16143993.jpg

       手術直後閉眼時。
a0149149_1615093.jpg

       3ヶ月後。
a0149149_16152772.jpg

       3ヶ月後閉眼時この頃になると糸の食い込みもわからなくなります。
a0149149_16155694.jpg

       3ヶ月後お化粧時。
a0149149_16161982.jpg

       二重になるとお化粧がしやすくなりますね。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-05-26 16:26 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

埋没法・ツルキリ変法~ラインを広く固定する

よだ形成外科クリニックの依田です。

4月13、14、15日に行われた福岡へ第59回日本形成外科学会学術総会に出席してきました。
a0149149_1654591.jpg


専門医更新のプログラム受講が必須となり、興味がある発表を聞くよりそちらを優先させなくてはならず、とにかく慌ただしい学会でした。

そんな中での熊本地震でびっくりしました。福岡は問題ありませんでしたが、東日本大震災を経験した身ですので、熊本の大変さが伝わってきます。ささやかながら募金を致しました。

さて、今回は一重の方が埋没法を受けられた症例を見てみましょう。

埋没法はすべての施設で同じ方法ではありません。

同じ手術名であっても術者の加減で異なる方法となってしまうこともあります。

どの方法が悪いなどと言い切れませんが一つ言えることは、埋没法はどの方法を選択しても二重が外れるときは外れます。また化膿する可能性も否定は出来ません。

ですから複雑に絡めてもだめなときはだめですし、化膿したときに対処できない方法は良くないと思います。つまり抜去しずらい方法はおすすめしませんということです。

私はラインを幅広くとれるツルキリ変法を選択しています。

私の手術はおそらくオリジナルのツルキリ変法からはモディファイされているのだと思います。ラインをキープしやすくまた何かあったときには糸を取るなど対処しやすい方法なので愛用しています。

埋没法の手術は丁寧が第一です。

自分で書くのも何ですが、自分の手術は腫れや内出血が少ない方だと思います。

なぜなら腫れや内出血が少しでも少なくなるよう工夫しているからです。それでも内出血が起こることがあります。そのときにはご容赦願いますね。

また埋没法は繰り返せません。いずれは全切開などに変更が必要となる日がやってくると考えられていただければと思います。

私のクリニックのホームページで使用している埋没法のシェーマが他院のホームページでで使用されていました。

もちろん削除のお願いをしたのですが、どこそこより「引用」と表記すれば法律上は問題ないと先方に説明をされました。「?」です。ともかく削除してもらいましたが、なぜ削除をしたかの経緯をご丁寧に説明されていました。なんか解せないです。

a0149149_166848.jpg

     術前。一重でやや組織が厚い方です。
a0149149_1665290.jpg

     直後、麻酔の影響で目が開けづらくなっています。
a0149149_1672998.jpg

     直後閉眼時。食い込み感は7-10日くらい気になる可能性があります。
a0149149_168881.jpg

     1週間後。
a0149149_1682221.jpg

     1週間後閉眼時。
a0149149_1684022.jpg

     1ヶ月後。
a0149149_1685427.jpg

     1ヶ月後閉眼時。食い込み感は数ヶ月ある方が、持ちが良くなります。
a0149149_1693621.jpg

     5ヶ月後。
a0149149_169497.jpg

     5ヶ月後閉眼時。いずれ緩んできたら全切開をしましょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-04-28 16:14 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

埋没法~目頭切開をせず平行にする(※看護師募集のお知らせ)

よだ形成外科クリニックの依田です。
東北と聞くと雪国というイメージをもたれる方がいますが、仙台は太平洋側なのでほとんど雪は積もりません。しかし今回の南岸低気圧による雪は、しこたま降雪しました。おかげさまでよい筋トレを行えました。春のゴルフに役立つことでしょう。もう雪は当分遠慮願いたいです。
a0149149_14405548.jpg

           「クリニックから見た通り。雪が残っています。」

この寒い中、当院を選んで治療をしていただき感謝しております。おかげさまで3月末まで、診察・手術の予約が一杯となってしまいました。4月の手術をお考えの方は早めに当院にコンタクトを取って下さい。よろしくお願いします。

さて、看護師欠員が生じますので募集をいたします。形成外科美容外科手術介助に興味のある方、検討してみてはいかがでしょうか?
募集要項は以下のリンクをクリック願います。

「看護師募集要項をご覧の方はクリックして下さい」


今回の症例は埋没法にてやや幅を広げ、平行型の二重を希望され、手術を行われた方です。

埋没法という手術は残念ながらすべての方に勧められる方法ではありません。同様に平行型二重を望まれてもすべての方に実現できるわけではありません。基本的には目頭より高めにラインを出せば平行のラインが出やすいのですが、無理をすれば不自然です。

今回は目頭よりやや高めで平行のラインが実現できました。問題はどのくらいの期間埋没法がキープするかでしょう。そう埋没法は永久にその二重をキープするとは限らないのです。

埋没法は術後の内出血や腫れの可能性が、丁寧に手術を行ってもあります。私の手術ではなるべく内出血が少なくなるよう工夫をしておりますので、内出血がわずかな程度ならば3-4日でどうにかなることが多いと思いますが、もちろん腫れてしまうこともありますので余裕を持って手術に望んで下さいね。

a0149149_1442457.jpg

    術前。平行型のラインを埋没法で希望されました。
a0149149_14435087.jpg

    手術直後。右側に腫れを認めました。
a0149149_1444144.jpg

    直後閉眼時。食い込み感は10日ほど気になるかもしれません。
a0149149_1444449.jpg

    1週間後。お化粧をすれば問題ないでしょう。
a0149149_1445853.jpg

    1週間後閉眼時。内出血の痕が見られます。
a0149149_14454021.jpg

    1ヶ月後。平行型になっています。
a0149149_1446135.jpg

    1ヶ月後閉眼時。2-3ヶ月してもわずかに食い込む方が持ちがよいです。
a0149149_14463775.jpg

    3ヶ月後。平行型がキープされています。
a0149149_1447380.jpg

    3ヶ月後閉眼時。あまりこすりすぎないように気をつけましょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2014-02-18 14:52 | 埋没法・二重 | Comments(5)  

眼瞼下垂~埋没法後に挙筋腱膜前転術を行ったケース

よだ形成外科クリニックの依田です。今年も残すところ数日となりました。今年も多くの方が、そしてこの仙台に全国各地からもいらして当院で手術をされたことに感謝申し上げます。来年も本年同様よろしくお願いします。私もより一層手術の精度をあげるべく努力をいたします。

今年のクリスマスイブは当院4回目のイブ。ロウソクを4本立ててみんなで美味しくいただきました。年末最後まで手術がぎっしり入っています。体調万全で手術に望みます。
a0149149_1423314.jpg



眼瞼下垂かどうか見極めてほしいと診察希望の方が多くいらっしゃいます。挙筋機能に問題があるかが大事です。特にもともと二重で黒目の見え方が悪い場合は、挙筋機能に問題がある可能性があります。

一重の方や加齢によってまぶたが下がってきたケースは単にまぶたの重みのために目が開きづらいことが生じていることが多く、こういった場合には単純に二重にするか、眉毛下皮膚切除術で余剰な重い皮膚を取り除いてあげれば開瞼が改善することがほとんどです。

今回のケースは、もともと二重の方で、二重のラインを上げたいという希望でいらっしゃいました。埋没法にて手術を行ったのですが、まぶたの開きが悪く、眠そうな印象が強まったので、埋没法より5ヶ月目にして、全切開+挙筋腱膜前転術を行いました。

埋没法にてラインを上げたことにより眼瞼下垂の症状が明確になるケースは意外に多く経験しています。ラインを高くすると挙筋機能に負荷がかかり、眼瞼下垂が明確化するのだと思います。目を美しく見せるには何回か書かさせていただきましたが、二重のラインを大きく取るより黒目を大きく見える方が美しいと思います。いたずらに二重のラインを大きく取ると、わざとらしく、眠そうに見え、食い込んだ二重のラインができてしまうリスクがあるので、術者とよく打ち合わせをして手術を受けることが大事でしょう。

a0149149_14233864.jpg

    埋没法術前。現在のラインより高くする希望にて行いました。
a0149149_14242785.jpg

    埋没法4ヶ月目。眼瞼下垂症状が著明になったため、挙筋腱膜前転術を計画しました。
a0149149_14252238.jpg

    挙筋腱膜前転術術前の閉眼時です。
a0149149_14255751.jpg

    手術時所見、腱膜が瞼板より滑って上方に転移していました。
a0149149_14264096.jpg

    挙筋腱膜前転術、手術直後です。
a0149149_1427775.jpg

    閉眼時です。
a0149149_14273514.jpg

    挙筋腱膜前転術1週間後、抜糸直後です。まだ開眼傾向はありません。
a0149149_142868.jpg

    挙筋腱膜前転術4ヶ月目、魅力的な目になりました。頭痛も解消したとのことです。
a0149149_14284285.jpg

    カラコンを入れてみました。開眼が良好だとカラコンも栄えますね。
a0149149_14293181.jpg

    閉眼時です。4ヶ月目でこのくらいなら1年くらいでより目立たなくなるでしょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-12-26 14:34 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(7)  

埋没法~術後の経過でゆるんで再手術を行った症例

よだ形成外科クリニックの依田です。
秋にゴルフ仲間と合宿ラウンドを行っています。今年で第6回目です。みんな業種が異なるのですが、情報交換・勉強をして懇親ゴルフを行います。
a0149149_18401754.jpg

今回の合宿は那須グランディ白河ホウライカントリークラブの2ラウンド。早朝まだ月が西の空に見える時間に集合して出発しました。サービスエリアで朝食をとってゴルフ場へ到着。那須グランディ白河は難コースでした。ホウライはもう4、5回目なのでだいぶ攻め方が分かるようになりましたが、後半はショットが乱れ今ひとつの結果になってしまいました。ハンデ戦で戦い、k氏に2打差で負けて2位、次回は優勝を目指して頑張るぞ。
a0149149_18404315.jpg


 さて、今回は埋没法を行った後、ゆるみが出現してきたため、再手術を行った症例を見てみましょう。

 埋没法は術後の腫れも少なく、キズもなく、ナチュラルな二重を手に入れやすい方法です。しかし、埋没法が適しているまぶた・二重がありますので、すべての方に向いていて、そしてどんな二重も作れるというわけではありません。

 ちなみに高すぎる二重や無理に平行ラインを作成することは埋没法でなく、全切開法でも実現は困難です。

 埋没法はまた、ゆるみやすいという欠点もあります。それは逆に言えば再調整が可能だということです。全切開シミュレーションとして埋没法を行うのも1つでしょう。

 埋没法は、瞼板と言ってまぶたをひっくり返すことができる軟骨に糸をかけるのですが、その瞼板の傷み具合によって埋没法再手術を行うことができないことがあります。私の場合、糸は瞼板上縁と腱膜の移行部に縫着するのですが、瞼板の下方に縫合すると瞼板を翻転することができず、再手術が困難なことがあります。

 また、いくら瞼板がきれいだといってもラインが薄れた→再手術を繰り返すことはおすすめできません。全切開を検討する必要があります。

今回は左側のラインが緩んできたため、術後6ヶ月で再手術を行いました。今後ラインが薄くなったときは全切開を検討していきましょう。

a0149149_18411611.jpg

    術前。一重の方です。
a0149149_18415189.jpg

    手術直後。腫れは少ないです。
a0149149_18421946.jpg

    直後閉眼時。食い込み間は10日くらい気になるかもしれません。
a0149149_18425891.jpg

    6ヶ月目。左側のラインが下がってきました。
a0149149_1843404.jpg

    左側のみ手術した直後です。
a0149149_1844876.jpg

    再手術から3ヶ月目です。
a0149149_18443068.jpg

    食い込みやわざとらしくないのが埋没法の利点です。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-11-25 18:50 | 埋没法・二重 | Comments(3)  

全切開~埋没法がはずれた後に全切開を行う

よだ形成外科クリニックの依田です。先日は誕生日だったのですが、忙しく、正直忘れていました。クリニックでカメラが壊れたと報告があり、行ってみると何とサプライズ!誕生日ケーキをいただきました。みんなありがとう!いくつになっても誕生日は嬉しいものですね。
a0149149_13545729.jpg


今回は埋没法を行った後、ゆるんで安定しなくなったため全切開法を受けられた方の症例を見てみましょう。

埋没法は決して欠点が多い手術ではないと私は思っています。手軽ですし、術後もナチュラルです。しかし、無理をした埋没法は美しくありません。
若年齢の方、特に一重の方は二重に慣れるのにも埋没法はとてもよい選択です。将来の全切開のためのシミュレーションと考えることも出来ます。

今回の方は私が開業する以前に勤務していたクリニックで私が埋没法を行い、経過と共に二重が緩み、その後、私のクリニックを受診された方でした。私は退職の際に患者さんに開業の周知を一切しなかったので、改めて自分のクリニックで再会できると大変嬉しく思います。

全切開時に埋没法で用いた糸はきれいに取り去りました。経過順調で何よりです。定期的にフォローしていきますね。

a0149149_13551669.jpg

    術前開眼。埋没法が時間と共にゆるんでしまいました。
a0149149_135687.jpg

    術前閉眼時
a0149149_13562498.jpg

    1週間後抜糸直後
a0149149_13564239.jpg

    1週間後閉眼
a0149149_1357842.jpg

    2ヶ月後開眼。まだ腫れはありますが経過順調です。
a0149149_13573535.jpg

    2ヶ月後閉眼。キズの赤味は軽減していきます。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-06-29 14:02 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

二重・埋没法~皮膚の厚みがあまりないケース

よだ形成外科クリニックの依田です。
4月3-5日に新宿京王プラザホテルにての日本形成外科学会総会に出席してきました。手術の発表を中心に勉強をしてきました。

3日は東京警察病院形成外科元部長の大森先生とゴルフをしました。あの日は台風のような天気でゴルフというよりかはサバイバルでした。でも元部長と久しぶりにゴルフができてとても楽しかった。
そしてホテルで岩手医科大形成外科教授の小林先生とばったり会って2ショット。小林先生は東京警察病院形成外科勤務時の元上司です。またクリニックに遊びに来て下さい。そして食事でも行きましょう。警察病院組はお互い離れても、とてもみんな仲がいいのです。
a0149149_20164193.jpg



今回は皮膚の厚みや組織の厚みがそれほどない方の埋没法による二重手術を見てみましょう。
埋没法は何と言っても適応が合えばナチュラルに仕上がるのが利点です。二重がゆるんだりはずれるかもしれないけど、将来の全切開へのシミュレーションにもなります。もちろん生涯にわたって二重が継続するケースもあります。

皮膚の厚みや皮下組織が厚い方に埋没法を無理やり行うことも出来ますが、全切開より埋没法の方が不自然になることもあるので、「私は埋没法しか受けない」なんて凝り固まらない方がいいと思います。しかし手術の即断は危険です。よく担当医と打ち合わせをしてから決断をしましょう。

今回の方は左側にやや下垂傾向がありますが、このくらいの左右差は美的に問題があるほどではありませんし、挙筋機能の改善をあえて行わなくても良いレベルなのではと思います。

最近、ほとんど問題ないレベルの方にも「眼瞼下垂があるから挙筋前転が必要」とあおって高額な手術を申し込ませるドクター達を見受けますのでセカンドオピニオンまで検討するつもりで診察を受けるといいと思います。

a0149149_2017683.jpg

     術前。一重、厚みはあまりありません。
a0149149_20173924.jpg

     術前閉眼。
a0149149_2017572.jpg

     手術直後。ほとんど内出血がありませんでした。
a0149149_20182367.jpg

     手術直後閉眼時。この結果ですと、翌日でもほとんど気にならないでしょう。
a0149149_20191192.jpg

     1ヶ月後。左側の下垂は気にならないレベルだと思いますが…。
a0149149_20194529.jpg

     1ヶ月後閉眼時。
a0149149_2020068.jpg

     2ヶ月後。安定しています。
a0149149_20201696.jpg

     2ヶ月後閉眼時。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-04-12 20:22 | 埋没法・二重 | Comments(0)