タグ:乳房 ( 2 ) タグの人気記事

 

大震災より11日目の仙台~バイオセルバックによる豊胸術

よだ形成外科クリニック依田です。
本日の仙台は出勤ラッシュが戻って来ました。ガソリンが中々手に入らない現在、私はバスでクリニックに行くのですが、車内は満員でした。

町中も少しずつ並ばなくとも食糧は手に入るようになり、活気があふれていました。みんな頑張っています。

東北自動車道も少しずつ一般車への規制が解除されてきているようです。
関東方面から仙台に来るには高速バスが便利でしょう。あるいは山形空港経由のバスで来るルートも増便されているようです。

仙台空港は当分無理です。新幹線もまだ復旧には時間がかかりそうです。仙台以外の地域から当院を希望される方はバスが便利でしょう。バスセンターのそばに当クリニックがあります。

本日は私が行っている豊胸術について話をしましょう。

豊胸術はバッグを挿入するのが安全かつ確実と始めに申し上げておきます。脂肪ヒアルロン酸注入による豊胸は、私は行いませんしおすすめもしません。なぜでしょうか?

女性の乳房で注意しなくてはいけないのは「乳癌」です。乳房ヒアルロン酸でも脂肪でも半液体を注入することは容易でしょう。しかし異物を乳腺や乳腺付近に注入をすると、しこりが出現することがあります。しこりは乳癌の鑑別を難しくさせます。

最近は乳癌と脂肪注入後のしこりは鑑別がつくという報告がありますが、検査のたびに毎回精密検査をしなくてはならないストレスはきついと思います。

当院では、FDA(アメリカの厚労省)認可のバイオセルというバッグの信頼性が高いため、これを使用しています。質感も問題有りません。

挿入位置は乳房下を多用しています。ワキからの挿入は①ワキの傷は目立つときは目立つ ②ブラインドの手術(術野が見えづらい)のため出血の可能性や乳頭領域の神経を傷つけやすい ことがあるため、当クリニックではあまり行っていません。

乳房下のキズは時間と共に目立ちにくくなります。ワキの傷が目立つと洋服の選別に苦労します。

麻酔は私が昔から一緒に仕事をしてきた信頼あるベテラン麻酔科医による硬膜外麻酔+
静脈麻酔あるいは全身麻酔で行っています。

豊胸術の経過を良くするこつは、信頼あるバッグを使用する、出血を少なく、剥離範囲は必要な分だけということがまず前提にあります。ワキから、乳房下からという2つのアプローチがありますが、メリット・デメリットがそれぞれありますのでよく術者と検討されることをおすすめします。


a0149149_18303224.jpg

術前。

a0149149_18305921.jpg

バイオセル180ccを用意した。アプローチは乳房下、乳腺下。

a0149149_18401945.jpg

術後3ヶ月。乳頭の感覚も問題なし。不都合は起きていない。キズはもっと目立ちにくくなります。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-03-22 18:42 | 乳房豊胸・乳頭 | Comments(0)  

陥没乳頭修正術~乳管の温存をはかる

こんにちは、よだ形成外科クリニックの依田です。
先日、といっても1月ですが、塩釜にあるお鮨屋さんの「大入寿司」に行ってきました。塩釜港周囲には多くのお鮨屋さんがあり、それぞれがこだわりを持って仕事をしています。その中でも、大入寿司には、私の相棒である(今は一緒に働いていませんが)Sドクターと忘年会や新年会を兼ねて、大変お世話になっています。大将は、仕事に対する考え方が職人気質で、私の仕事のモチベーションにも良い影響を頂いております。大変おいしくつい飲み過ぎてしまいます。このあいだは、聖域である職場を見させていただいて感激しております。
a0149149_184018.jpg


最近、陥没乳頭の問い合わせが増えております。手術した患者さんから協力を得られたので、写真を含めて説明をしましょう。

刺激を与えて乳頭が出てこないレベルはまず、手術療法の適応です。手術は、授乳の可能性がある場合には、乳管の温存を計ります。
吸引器具による矯正療法で、皮膚に障害を来したという患者さんがいました。吸引器具療法には適応がありますので注意して下さい。

手術は、陥没している領域を切開し、そこから乳管を丁寧に鈍的に剥離していきます。陥没乳頭は乳腺から乳頭への乳管が癒着しているため、この操作が極めて重要になります。
乳頭が引き込まれなくなったら、再陥没を防止するため、作成した真皮弁(皮下組織)を乳頭内に橋渡しします。特に重度な陥没乳頭手術はこの操作が極めて有効といえます。
そして両側にZ形成術という皮弁の入れ換えをして、乳頭を立たせます。乳頭への血行を断ち切らない丁寧な手術操作が必要です。
最後に再陥没を防止する矯正器具を装着します。この器具は東京警察病院形成外科勤務時にお世話になったメーカーさんの開発器具で、今でも重宝をしています。固定具は1ヶ月ほど装着します。その後は下着で圧迫されないようソフトスポンジでケアをしていきます。仕上がりには 約3ヶ月が必要でしょう。
  
尚、授乳を目的とする陥没乳頭手術健康保険治療の対象となります。

a0149149_1841920.jpg

術前左側。重度の陥没乳頭

a0149149_184362.jpg

手術直後。真皮弁による橋渡しとZ形成術で立ち上がりました。乳管を温存してあります。矯正具を装着します。

a0149149_1845575.jpg

2週間後。この矯正具は大変有用な器具です。約1ヶ月装着します。

a0149149_1851453.jpg

40日後。下着で押されないような工夫をしばらく行っていただきます。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-02-28 18:10 | 乳房豊胸・乳頭 | Comments(6)