タグ:ボトックス ( 2 ) タグの人気記事

 

眉間のシワ取り~ボツリヌストキシン注射療法

よだ形成外科クリニックの依田です。
当院では、術後、施術後にお茶をお出ししています。何回か通院されている方はお気づきかもしれませんが、日によってお茶の種類を変えています。
a0149149_1226893.jpg

少しでも、美肌効果が出るような種類を選んでいます。お茶の種類が違うなと思ったときは何のお茶か、想像してみて下さい。分からないときはスタッフに何のお茶か聞いて下さいね。


シワの種類は大きく2つに分けられます。表情を作ると出来るシワと、表情によらず固定して出来るシワです。

基本的に、表情ジワは、表情を押さえれば和らぎます。眉間のシワや目尻のシワはその代表的なものでしょう。

表情ジワの治療はボツリヌストキシン注射療法が有用です。ボツリヌス菌という菌が精製する毒素を使用するのです。菌だの、毒素だのと聞くとびびってしまいますが、菌は治療薬の中に存在していません。
医療用に精製した薬品で、治験もクリアしているものだから、特段恐れることはありません。

作用としては、注射したところの表情筋が、動かなくなるのでシワが出来にくくなるということと、動かないのでその筋肉がやせて平坦化するという作用が期待できます。

現在、ボツリヌストキシン注射療法として使用されている薬品は現在いくつか手に入ります。①ボトックスvista ゼオミン ③ニューロノックス という三種類を当院では使用しています。ボトックスvistaは有名なお薬なのですが、眉間のシワ取りしか承認は取れていません。
②、③は未承認薬なのですが、効果に違いはありません。②のゼオミンは抗体産生能を低下させるという新しい薬です。抗体といって、ボツリヌストキシンを中和させるたんぱくが頻回使用によって私たちの体に作られると、ボツリヌストキシンが効かなくなることがあるのですが、ゼオミンは、抗体が作られにくい構造となっています。

今回は眉間にボトックスVISTAを使用しました。作用は3日くらいで出現し、7日くらいで安定してきます。効果は4-6ヶ月期待が出来ます。
a0149149_1228975.jpg

    治療前、静止時
a0149149_12284476.jpg

    治療前、収縮時
a0149149_12291481.jpg

    1ヶ月後静止時。ボトックスVISTAを皺眉筋内に注射しました。
a0149149_12303769.jpg

    1ヶ月後収縮時。眉間を引き寄せることは出来ません。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-06-23 12:35 | ボトックス、しわの治療 | Comments(13)  

多汗症治療(ボトックス注入)~ワキの汗を止める

よだ形成外科クリニックの依田です。
ついに仙台も梅雨明けしました。今年は早いですね。しかしながら、節電に協力できないくらい暑いです。

この間テレビで、打ち水や電灯の間引きやサマータイムは節電に効果はないと説明をしていましたが、個人的には一度サマータイムを経験してみたいと思っています。有効に夕方を利用できそうですよね。

夏といえば気になるのはワキでしょう。女性のみならず男性からの相談も多く受けます。

根本治療はワキガと同様に腋臭症手術(剪除法)が望まれるのですが、比較的長いダウンタイムを要しますので計画的に治療をすすめる必要が有ります。

多汗症、つまりワキが気になり、ニオイは気にならないといったタイプには手術療法以外に有効な治療法があります。

ボトックスワキ注射すると汗が少なくなる」と多汗症でお悩みの方はもうすでに調べられていることでしょう。そう、とても効果的な治療法です。何で効果が出るのでしょう?

そもそもボトックスというのはボツリヌストキシンという薬の商品の1つなのですが、初めて発売された薬がボトックスであったので、「ボトックス治療」というように使用されているようです。現在はいくつかのボツリヌストキシン製剤が手に入り、色々と使用してみましたが、どれもボトックスと同等の商品であり、安全に使用できるものと言えると思います。

ボツリヌストキシン製剤は、目尻のシワや、眼瞼けいれんなど 表情筋を止める作用に使用するのですが、ワキの皮膚に注射すると立毛筋や汗腺に取り巻いている微少な筋肉が収縮できなくなることでが出なくなるのです。体の動きに障害は来しませんのでご安心を。

しかしながら、私の経験上、ワキガの原因であるアポクリン腺にはボツリヌストキシン製剤は効果はありません。ニオイがメインの場合は手術が必要でしょう。

ボツリヌストキシン製剤による多汗症治療は、薬の濃度が重要です。薄すぎると効果は今ひとつです。

私のクリニックではまず発汗テストを行います。に触れると青くなる試験紙を使用します。そして、局所麻酔を配合したボツリヌストキシン製剤をワキにまんべんなく注射していきます。このことで痛みは軽減します。

効果は早くて2-3日で実感でき、7日くらいで安定します。個人差はありますが、4-6ヶ月で少しずつ元に戻る感じとなるでしょう。

ビジュアルでが少なくなった効果を以下に供覧いたします。

a0149149_18443177.jpg

   腋窩にそって多量の汗の分泌が認められました。「ボトックス注射」を行いました。
a0149149_18454866.jpg

   約1ヶ月後。ワイシャツが濡れなくて快適とのことでした。4-6ヶ月は続くでしょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-07-11 18:53 | 腋臭症ワキガ・多汗症アセ | Comments(2)