目頭切開Z形成術~控えめがコツです

よだ形成外科クリニックの依田です。
a0149149_17484853.jpg

10月22日-26日の日程で京都
日本美容外科学会(JSAPS)と国際美容外科学会(ISAPS)に参加してきました。

a0149149_1749029.jpg

今回はまず大阪で美容医療協会での講演をしました。
タイトルは「眼瞼下垂とその治療について」です。

出口会長のお力で約100名の聴衆がいらっしゃいました。
夜は警察病院の先輩である天神形成外科クリニックの増田先生と乾杯しました。

a0149149_17491028.jpg

そして学会ではお昼にお食事をしながらPRPFの勉強会をしました。

その後、会場でパネリストとしてハムラ法の発表をしました。

内容が重かったので、準備に時間を要し大変つかれました。
小室先生、土井先生ありがとうございました。

さて、今回は目頭切開の経過を見てみましょう。

目頭切開で良い結果を出すには、まずそもそも適応なのかどうか、そしてバランスと術式そしてその人の皮膚質を考慮に入れる必要があります。

平行二重が欲しいから目頭切開をと安易に考えて行うとバランスを欠いて奇異な印象となることもあります。

また目頭切開にはキズが生じます。キズがないというわけではありません。
その中でもZ形成術(Z形成術も種類があります)は比較的キズがきれいなのではと考えています。

無理にすすめる手術ではないので、医師との打ち合わせが大事だと思います。
a0149149_17493248.jpg

術前
直後
3ヶ月後
18ヶ月後


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2016-11-05 17:53 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(3)  

全切開+他院埋没糸抜去+隔膜内脂肪減量~来週は美容外科学会(京都

よだ形成外科クリニックの依田です。
10月24日から日本美容外科学会(JSAPS)と国際美容外科学会(ISAPS)が京都で開催されます。

会長は友人のカリスクリニックの出口先生です。
出口先生を盛り上げるため、23日は美容医療協会の講演を引き受けました。
またパネリストとして発表も致します。

ただいまその準備でてんてこ舞いです。
本日もスワンモートンのメスを持って手術、そして学会の準備です。
a0149149_13435129.jpg


今回は全切開法二重まぶたを形成された方を見てみましょう。

この方は過去に埋没法を受けられ、緩んできました。

埋没法は簡易でナチュラルに仕上がりやすい手術ですが、時間と共にゆるみやすくなります。

瞼板というまぶたの裏の硬い組織に糸をかけるのですが、瞼板の変形をきたしやすいのも埋没法です。

変形をきたしている状態での再埋没法はおすすめ出来ません。

今回の方もやや変形が見られているので、全切開法二重まぶたの形成術にしました。

全切開の固定方法をアップグレードしたので術後のキズもきれいになっています。

全切開法は術者によってやり方が様々です。
ただ切って縫えば二重になるわけでないので大変奥が深い手術です。
a0149149_13444044.jpg

術前
デザイン
瞼板の状態

a0149149_1345232.jpg

術後3ヶ月化粧有り
化粧無し
化粧無し閉眼

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2016-10-16 13:48 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

他院脂肪吸引後の修正~チュームセント法

よだ形成外科クリニックの依田です。

先日10数年ぶりに高校の同級生が仙台に来てくれました。

なんと懐かしい!私の友人と一緒に鮨会食をしました。東京で集まりがあるときは誘って下さい。
久しぶりに同級生達に会いたいですね。
a0149149_1355522.jpg


今回は他クリニックで腹部の脂肪吸引を受けたけどデコボコするとのことで相談をされた方を見てみましょう。

脂肪吸引のコツは丁寧に行うにつきます。特殊な脂肪吸引の機械がすごいのではありません。
術者が脂肪のを把握して丁寧に取るかだと思います。

今回の方はおそらくザックリと吸引された結果でしょう。

私の場合は、チュームセント溶液という局所麻酔を含めた溶液をたっぷりとまず注入し吸引箇所を硬くします。

そして層(レイヤー)を意識して3mmの吸引管を使用し浅いところはさらに細い2mmの吸引管でムラを取っていきます。

とても疲れて大変だけど、仕上がりはきれいになります。
吸引後は硬くなるので、マッサージなどを行って回復を早めていきます。

ベーシックな脂肪吸引が基本ですが、最近は吸引するマシーンの話ばかりでなんか違う気がしています。

大事なのは手術技術だと強く思います。

a0149149_1442082.jpg

術前 正面 デザイン
    左斜位 右斜位
a0149149_1444069.jpg

術後4ヶ月
    吸引物 正面
    左斜位 右斜位


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2016-09-24 14:08 | 脂肪吸引・バッカルファット | Comments(2)  

下顎のキズ直し~クリスタルトマト入荷しました

よだ形成外科クリニックの依田です。

最近いくつか美白効果が得られるサプリメントが発売になってきています。
その中でもクリスタルトマトは必見です。
a0149149_18212969.jpg

トマトジュースはついでに載せたものでクリスタルトマトとは関係ないですよ(笑

天然の白いトマトが原料で、地黒の肌も白くする効果があるとされています。
一日1錠で24時間の日焼け止め効果もあります。
天然成分なので、妊娠中や授乳中の方でも内服OKです。

さらにヘリオケアと合わせて服用すると効果が増します。
私も早速試してみてます。

さて、今回は転倒して自分の歯で貫通創となり、その後のキズが目立つのでキズ治しを希望された方の症例を見てみましょう。

オトガイ部のキズは動く場所なので肥厚性瘢痕という盛り上がったキズになりやすい所です。

キズの向きを変えることで肥厚性瘢痕になりにくくなる効能を期待して、小さなZ形成術を入れて修正を行いました。

キズは丁寧に縫合しても3ヶ月くらいは赤みを生じ、6ヶ月くらいは固さや盛り上がりが生じやすいものです。

その過程を経てキズはなじんで来ます。

今回の方は術後異動があったため、1年以上していらして頂いたのですが、きれいになって安心致しました。

さらにキズをぼかすにはフラクショナルレーザーを行うのも1つでしょう。
a0149149_18215989.jpg

術前    術中(Z形成術
2ヶ月後  1年5ヶ月後

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2016-09-06 18:27 | キズの修正術 | Comments(0)  

全切開~わがまま二重、目頭の上にラインを作る

よだ形成外科クリニックの依田です。

8月の当院の医局会の後、スタッフと共にビアガーデンに行きました。ドレスコードは浴衣です。浴衣は気持ちがいいですね。美味しくビールを頂きました。
a0149149_15272376.jpg


さて、今回は目頭切開することなく目頭の上にラインを作った全切開の症例を見てみましょう。

過去に行った埋没法が、緩くなってきました。埋没法では目頭の上にラインが出来て平行二重だったので、今回全切開を行うのに出来れば目頭切開することなく平行のラインがあればという希望でした。

アイプチや埋没法はルーズなラインなので目頭があってもその上にラインが出来ることもあり、平行二重が実現しやすいのですが、全切開の場合は組織を取ったりするため目頭の上にラインを作ることが難しいのですが、今回はトライをしてみました。

以前、東京の鶴切先生と目頭の上にラインを作る手術方法がほぼ一致していたので安心をしました。先生曰く、「わがまま二重」とおっしゃっていたので、私もそのように呼ぶこととしました。

目頭の形によってはやはり再現は難しいこともあります。シミュレーションして実現できないラインは原則再現不能です。

二重手術は奥が深い、さらに研究が必要です。

a0149149_1528012.jpg

術前
術中(目頭上の眼輪筋の処理にポイントがあります。)
抜糸後7日目
5ヶ月後、どうにか目頭切開無しで平行ができました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2016-08-25 15:32 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)