<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

全切開+挙筋腱膜前転術~目頭切開をしないで並行型二重ができるか?

よだ形成外科クリニックの依田です。皆様ご無沙汰しております。今年も昨年に引き続きよろしくお願いします。
昨年父が他界しまして、そのため年末、正月は静かに過ごしておりました。
暖冬の中、ゴルフが仙台北部でも可能でしたが、この数日の寒波はさすがに寒く、宮城県内のほとんどがクローズになっているようです。
通勤渋滞の中、雪景色がきれいなのでスナップを一枚。
a0149149_11182988.jpg


今回は下垂傾向があるが、もともとの奥二重埋没法で拡げて平行二重を作成したいという希望の症例を見てみましょう。

希望に応え経過をみるも特に右側はラインが安定せず、埋没法で再手術したのですが、やはり安定しませんでした。

目頭はそれほど強いわけではない方ですが、平行二重全切開で作成しても実現は五分五分と思われました。

もともとの二重のラインを全切開で消して、下垂傾向を改善するよう挙筋腱膜前転術を併用し、内側は目頭より高めにデザインをして手術を行いました。

落ちつくまでは時間がかかりましたが、左右差、平行ラインも許容内となりました。

目頭切開をせずに平行ラインを狙うと思ったより内側のラインが上がりすぎたり、逆にやはり平行ラインが取れてしまうことがありますのですべての症例に適応できるわけでないと考えています。必要以上に切開ラインが高くなるケースは残念ながらおすすめしておりません。

a0149149_11191514.jpg

     術前。 埋没法で平行二重を作成します。
a0149149_11195911.jpg

     埋没法を再手術するも平行は弱く、かつ眼の開きがよくありません。
a0149149_11203737.jpg

     全切開+挙筋腱膜前転術+隔膜内脂肪減量の術直後。
a0149149_11214460.jpg

     術後1ヶ月後、腫脹は強い方です。
a0149149_11231389.jpg

     術後1年、二重のラインは想定内になり、平行もキープしています。
a0149149_11241551.jpg

     術後1年、お化粧を落としたところ。
a0149149_11243988.jpg

     術後1年、お化粧を落として閉眼。目頭より上を切開しています。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-01-26 11:27 | 眼瞼下垂手術・二重 | Comments(10)