<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

眉毛下皮膚切除術~三角眼を解消する

よだ形成外科クリニックの依田です。この冬の仙台は残雪が多く、ゴルフも満足に出来ていません。ちなみに仙台は太平洋側ですので雪国をイメージしている方も多いとは思いますが、基本的に雪はほとんど降らず、雪が残ることはありません。

先日、友人のセッティングで「スッポン」を食する機会がありました。スッポンは実は初めてで、どきどきでしたが、よく言われているとおり、大変美味なものでした。友人曰く、スッポン料理は臭みをしっかり取るために店主の準備が重要とのことでした。とすると、今回のスッポンは店主の「仕事」がしっかりとされていたというわけです。
a0149149_10573710.jpg


仕事」がなされる料理はとても好きです。食べればあっという間ですが、そのひとときのためにどのくらい準備をしていたのかを想像することも好きですね。
職人の仕事道具を拝見する機会があると高揚してしまいます。自分に通ずるところがありとても楽しくなります。しかし、お互いにそれぞれの仕事を理解していないと彼らの道具を拝見させていただくことはほとんどありません。そのくらい職人の仕事道具は命であり職人そのものなのですね。

今回は男性の方で眉毛下皮膚切除術を受けられた症例を見てみましょう。

眉毛下皮膚切除術は眉下から下方の皮膚を取り去ることによりまぶたのたるみを改善することができます。しかし、適応があるため、場合によっては二重のラインから上方の皮膚を取り去る方が好ましい場合も多くありません。

眉毛下皮膚切除術は、まぶたの外側のたるみが多い場合には最適だと考えられます。また、皮膚の厚みが強い方もよい適応でしょう。一重の方が、一重のままでたるみを改善したいというケースもおすすめです。

しかし、内側のたるみが強い場合や眼瞼下垂を伴ったり、くぼみが目立つ方の場合にはおすすめにならないこともあります。

丁寧に縫合すれば、眉毛下のキズはほとんど分からなくなります。縫合の方法はちょっとしたコツが必要です。

今回の方はかつて黄色腫の手術を行われており、その後外側のみ皮膚が下がってきたという方です。やや右側外側の再発傾向がありますが、キズもほとんど分からず経過良好です。
最近学会の発表でも眉毛下皮膚切除術の症例を見る機会が増えましたが、適応外の手術であったり、デザインがいびつであったり、そもそも縫合技術が伴っていない症例も見かけます。そのような症例を見てしまうと眉毛下皮膚切除術がよくないのでは?と思ってしまう人もいるかもしれません。

眉毛下皮膚切除術は技術があって、そして適応にあてはめて正しくデザインをし、手術することが重要です。

a0149149_10575734.jpg

    術前。特に外側の皮膚が下がっています。
a0149149_10583297.jpg

    術前デザイン。デザインには原則があります。
a0149149_10592247.jpg

    切除した皮膚。私は眼輪筋の切除は不要だと考えています。
a0149149_1101293.jpg

    1週間後、抜糸直後。むくみがあまりない方です。
a0149149_1125232.jpg

    1ヶ月後。たるみは改善されています。
a0149149_1132051.jpg

    6ヶ月後。眉毛の位置がやや変化するため右側はやや再発傾向がありますが、良好です。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-01-31 11:08 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(0)  

シルエットリフト~中顔面の若返り

よだ形成外科クリニックの依田です。2013年、今年もどうぞよろしくお願いします。
当院の冬休みを利用して2日、強行軍でディズニーランドに家族で行ってきました。それにしても大勢の人で人酔いしてしまうくらいでした。長時間並んでのアトラクションで倒れるまでエンジョイしました。
a0149149_10281735.jpg


今回は中顔面のたるみの改善を目的にシルエットリフトを行った症例を見てみましょう。

シルエットリフトは溶けない糸に結び目があり、その結び目の間に逆三角形のこれは溶解される素材でできているコーンという引っかかりが備わっています。

こめかみ頭髪内で3cmほど切開し糸を脂肪層に通した後、コーンを利用して糸を引き上げ、切開した内部の側頭筋膜に固定をします。固定をするため、引き上げ感が確実に得られる術式の1つです。

さて、患者さんから「溶ける糸が安全」「○○リフトという方法はいいのですか」などと質問を受けます。

まず、「溶ける糸が安全」という点ですが、正解は何とも言えません。1つは均等に溶ける訳でなく、力がかかっているところが弱くなり切れることが多いらしいです。そうすると効果が半減、そして切れた側の糸が組織内で動くこともあるようです。

また、溶けると言うことは私たちの生体反応によるところが大きいので、局所アレルギー反応が起こることもありえます。つまり赤味がひかないとか。

溶けない糸が危険なのかということも聞かれますが、多くの消化器などの手術でも溶けないナイロン糸などが多く使用されています。溶けないと言うことは生体内では安定しているのでほとんど問題にはなりません。しかも、溶けないわけですから効果も持続します。よって、私は溶けない糸シルエットリフトを行っています。

次に色々なリフトの方法があるようなのですが、クリニックオリジナルで作ったリフト名の詳細は分かりません。おそらくシルエットリフトの亜型で、糸の素材や形態が色々と異なっているのだと思います。糸の違いで効果が大幅に異なると言うことはおそらく無いと考えられますが、論文や発表など根拠の薄い素材を使用するのは注意が必要だと思います。

a0149149_10284444.jpg

     術前
a0149149_10285752.jpg

     片側に4本、合計8本のシルエットリフトを計画しました。
a0149149_10294633.jpg

    術直後。ダウンタイムはあります。7-10日くらい。
a0149149_10301592.jpg

    術直後斜位。糸で結構つり上げるので引きつった感じになります。
a0149149_10305265.jpg

     1週間後。4-5日でひきつり感は和らぎます。
a0149149_1031257.jpg

     1週間後斜位。この時期は表情を作るとゆがんだ線が出たりします。
a0149149_1032247.jpg

     1ヶ月後。リフト効果が得られています。
a0149149_10413160.jpg

     1ヶ月後斜位。シルエットリフトは中顔面のリフトに効果的です。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-01-17 10:45 | たるみ・フェイスリフト | Comments(2)