<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

眉間のシワ取り~ボツリヌストキシン注射療法

よだ形成外科クリニックの依田です。
当院では、術後、施術後にお茶をお出ししています。何回か通院されている方はお気づきかもしれませんが、日によってお茶の種類を変えています。
a0149149_1226893.jpg

少しでも、美肌効果が出るような種類を選んでいます。お茶の種類が違うなと思ったときは何のお茶か、想像してみて下さい。分からないときはスタッフに何のお茶か聞いて下さいね。


シワの種類は大きく2つに分けられます。表情を作ると出来るシワと、表情によらず固定して出来るシワです。

基本的に、表情ジワは、表情を押さえれば和らぎます。眉間のシワや目尻のシワはその代表的なものでしょう。

表情ジワの治療はボツリヌストキシン注射療法が有用です。ボツリヌス菌という菌が精製する毒素を使用するのです。菌だの、毒素だのと聞くとびびってしまいますが、菌は治療薬の中に存在していません。
医療用に精製した薬品で、治験もクリアしているものだから、特段恐れることはありません。

作用としては、注射したところの表情筋が、動かなくなるのでシワが出来にくくなるということと、動かないのでその筋肉がやせて平坦化するという作用が期待できます。

現在、ボツリヌストキシン注射療法として使用されている薬品は現在いくつか手に入ります。①ボトックスvista ゼオミン ③ニューロノックス という三種類を当院では使用しています。ボトックスvistaは有名なお薬なのですが、眉間のシワ取りしか承認は取れていません。
②、③は未承認薬なのですが、効果に違いはありません。②のゼオミンは抗体産生能を低下させるという新しい薬です。抗体といって、ボツリヌストキシンを中和させるたんぱくが頻回使用によって私たちの体に作られると、ボツリヌストキシンが効かなくなることがあるのですが、ゼオミンは、抗体が作られにくい構造となっています。

今回は眉間にボトックスVISTAを使用しました。作用は3日くらいで出現し、7日くらいで安定してきます。効果は4-6ヶ月期待が出来ます。
a0149149_1228975.jpg

    治療前、静止時
a0149149_12284476.jpg

    治療前、収縮時
a0149149_12291481.jpg

    1ヶ月後静止時。ボトックスVISTAを皺眉筋内に注射しました。
a0149149_12303769.jpg

    1ヶ月後収縮時。眉間を引き寄せることは出来ません。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-06-23 12:35 | PRP注入療法・ボトックス | Comments(13)  

鼻翼縮小術(外側切除)~変化量を見てみる

よだ形成外科クリニックの依田です。
2周年を無事迎えることが出来ました。おかげさまで、ほぼ毎日手術を行っています。休む暇もなく診察、手術と走り回っています。ありがたい限りです。スタッフも走り回っています。スタッフのみんな、ありがとうね。
満足して頂ける結果を出せるよう、常に真剣に手術を行っています。もう少し手術中に話をしてもらいたいとリクエストを頂くこともあるのですが、手術中は真剣モードがマックスなので、ごめんなさい、ほとんど口がきけなくなってしまうのです。

先日、泉のタピオの黒家さんで、土屋陽平プロの2人目のお子さんが誕生されたので、お祝いという名の飲み会をしました。
a0149149_1571225.jpg


陽平、失礼、土屋プロは髪型がモシャモシャになって、おしゃれになっていました。クオリファイ頑張って下さい。坊主頭にならないようにね。
a0149149_1574816.jpg


黒屋さんは薩摩仕込みの地鶏や肉、焼酎をいただけて、九州出身の人も懐かしんで食事を楽しむことが出来ます。広瀬通りにもお店があります。おすすめです。
a0149149_157351.jpg



鼻翼縮小の私の持論は、外側を切除をしないと変化に乏しいということです。外側を切開した場合、キズは残るのですが、その人の皮膚の性質、鼻翼と頬との境目の状態、そして手術方法、縫合方法の一つ一つが、キズを目立ちにくくできるかの要素となります。

ニキビ肌で、小鼻の毛穴が大きく開く性質のかたは、キズが目立ちやすい方向になりますが、そうでない場合はさほどキズは気にならないでしょう。

小鼻が頬に食い込む感じの方もキズが目立ちにくくなります。そして組織の取りすぎも良くありませんし、縫合もきっちり縫いすぎても良くありません。切開線は小鼻と頬との境目が私はいいと思っています。

術後はさほど腫れや内出血はおこりません。鼻腔が狭くなるのと粘膜が腫れるので鼻づまりを感じることがあります。術後2-3ヶ月はテープ矯正を指導しています。まずは、診察して拝見させて頂くのがベストです。

a0149149_1584322.jpg

     術前。控えめに切除して欲しいとの希望でした。
a0149149_1592479.jpg

     術前のアップ。
a0149149_1594225.jpg

     術中。全層で組織を切除します。
a0149149_1510541.jpg

     2ヶ月後。この方はキズが目立ちませんでした。
a0149149_15103296.jpg

     2ヶ月後アップ。時間と共にもっと目立ちにくくなるでしょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-06-01 15:15 | | Comments(12)