<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

シミを消し去ろう~QスイッチルビーレーザーTheRubyZ1

よだ形成外科クリニックの依田です。
仙台にもようやく春がやってきました。ツクシが一杯、が満開です。
a0149149_15475119.jpg

駅周辺はもう葉桜になっていますが、泉区は25日がとっても良いお花見日和でした。休診日なのでこの日はゴルフをせず散歩に出かけました。
a0149149_15484358.jpg


例年より10-14日遅いでした。東京も今年は遅かったですね。今週末までは楽しめそうです。

本日は、Qスイッチルビーレーザーによるシミ治療の経過をみてみましょう。

シミには色々種類があるのですが、よく見かける日光性色素斑はQスイッチルビーレーザーの良い適応です。日光性色素斑は、紫外線による光老化で出現することが多く、孤立して出来てきます。

日焼けサロンなんかに通っていると将来はシミだらけになりますよ。

日光性色素斑に対するQスイッチルビーレーザーの治療は、麻酔のテープや局所麻酔を施して、照射を行います。照射小範囲なら数分で完了します。パワー設定は強ければいいというわけではありません。その人の皮膚の色調や質によって設定を変えていきます。

そして、私のクリニックの場合には約1週間軟膏ガーゼを行います。患者さん自身にて自宅にて処置を行っていただきます。1週間後には日焼け後のかさぶたのような痂皮が作られます。洗顔にてポロポロと剥がれてきます。

その後は日焼け対策とハイドロキノン等の色素沈着の予防をしてもらうのですが、一般的にレーザー照射後の数ヶ月は、レーザー照射による一時的な色素沈着を来しやすくなります。これは再発ではありません。

レーザー照射後3-6ヶ月くらいで色調が整ってくることがほとんどです。この期間を見て、まだ色素が残存する場合にはもう一度レーザーを行うことがありますが、頻度としては多くありません。

化粧品や軟膏では取れない、年々濃くそして大きくなってきているというシミにはQスイッチルビーレーザーで取り去ってしまう方が得策かもしれませんよ。

a0149149_1548584.jpg

     照射前。日光性色素斑です。Qスイッチルビーレーザーを照射しました。
a0149149_15503017.jpg

      照射後6日目。痂皮が形成されています。洗顔すると取れてきます。
a0149149_15512047.jpg

      照射後1ヶ月後。軽い色素沈着を認めます。色素沈着は薄い方です。
a0149149_1552267.jpg

      照射後3ヶ月目。ほとんど分からなくなりました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-04-27 15:55 | レーザー・Qルビー・シミ | Comments(4)  

全切開+挙筋腱膜前転術~涼しげな目元を手に入れる

よだ形成外科クリニックの依田です。
仙台では、梅が満開で、桜の開花宣言が出るも、まだまだ花見には早い感じがしています。こんなに遅い桜は驚きです。本日も寒いです。

さて、当院では挙筋腱膜前転術を併用した重瞼術眼瞼下垂手術を数多く行っているのですが、この手術はまず、挙筋腱膜前転術の適応なのかを診察、診断する必要があります。

挙筋腱膜を前転させる必要があるのに、埋没法全切開を行っても何となく眠たそうな雰囲気に仕上がってしまいます。

逆に挙筋腱膜をいじる必要がないケースには埋没法全切開法で十分開眼が可能になります。

これらの違いは、皮膚をおりこんで二重をシミュレーションしたときに黒目がしっかりと見えてくるかにあります。目として涼しげに、目力がある眼に見えるかは二重の幅よりも黒目の見え方に実はあります。

挙筋腱膜前転術は目の手術の中でも難易度が高い手術です。解剖学的に正しく、しかも出血を少なく、手術を丁寧に行う必要があります。腱膜をどれくらい短くするかは経験によるところも大きく、術者が正しい方法でこの手術を数多くこなしている必要があります。


今回の症例は、シミュレーションにて黒目の見え方が悪く、眠そうな雰囲気であったため、全切開+挙筋腱膜前転術を選択しました。

抜糸は7日目に行い、とりあえず、お化粧にてカモフラージュ可能なのは10-14日くらいと説明をしておりますが、腫れ方には個人差があります。

黒目が大きく目が開いてくるのは一般的に術後約1ヶ月くらいからで、術後3ヶ月くらいで左右差も整ってきます。腫れぼったい方や大きな二重を希望される人ほど仕上がるのにやや時間が必要になってきます。
a0149149_17594742.jpg

      シミュレーションでは黒目の上がりが悪い方でした。
a0149149_180050.jpg

      手術直後。全切開+挙筋腱膜前転術を行いました。
a0149149_180337.jpg

      1週間後、抜糸直後。
a0149149_181683.jpg

      1ヶ月後。まぶたが上がり始めました。
a0149149_1813858.jpg

      2ヶ月後。微妙な腫れがありますが、黒目の見え方が美しくなりました。
a0149149_1822291.jpg

      2ヶ月後閉眼。縫合創はもっときれいになってきます。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-04-20 18:04 | 全切開・目頭切開、二重 | Comments(13)  

第55回日本形成外科学会総会に出席しました~30年ぶりに中学の同級生にも会う

よだ形成外科クリニックの依田です。今回は症例説明はなしにて、学会に参加してきた報告をしましょう。

この間はとても充実した日程を過ごさせていただきました。まずは、朝早く新幹線で東京に行き、会場はニューオオタニなので、四谷から外堀沿いを歩いて行きました。桜は旬を過ぎていましたが、お堀の懐かしい桜をじっくりと見てきました。東京警察病院は、現在は中野に移転しましたが、私が勤務していた頃は飯田橋の駅前にありました。なので、お堀の桜は大好きです。
a0149149_12414620.jpg


そして会場に着き、発表を聞き、午後はクリニカ市ヶ谷の倉片先生に同行して、クリニカのオペの助手を急きょ務めさせていただきました。倉片先生は相変わらず手術がきれいでした。久々の助手なので緊張しながらも楽しく参加しました。
a0149149_12423717.jpg


スタッフはみんな変わりなく、いつ行っても今も自分がここで勤務している雰囲気になってしまいます。
a0149149_12421612.jpg


その後、自分の父親が赤坂にて今も働いているので一緒にラーメンを食べました。父親はちなみに医師ではありません。もういい年ですね。

今回の最大のイベントは、偶然にも30年ぶりに連絡の取れた中学校の友人に再会したことでした。彼とは船橋中学校の2、3年生の同級生で、よく一緒に行動して、ちょっと生意気なことをしたものでした。
a0149149_1243187.jpg

    「フードプロデューサー荒井秀樹シェフとなっていてびっくりだよ」

彼の名前は荒井君。現在、荒井秀樹シェッフは、本八幡の「笑和酒家やっちゃん」のオーナーとして切り盛りをしています。フレンチも創れるすごい奴になっていました。即席にて一品フレンチを作ってくれました。うん、おいしい。
a0149149_12431575.jpg

    
お互い経営について話が出来るなんて、30年前には想像がつかなかったね。先生や同級生も彼のお店に来店するとのこと。みんなによろしくお伝えください。午前3時まで飲んで
語り合いました。またお会いしましょう。
a0149149_12433523.jpg

     「荒井シェフ手書きのメニュー。昔は丸文字だったけどな…」

荒井秀樹シェフがオーナーの「笑和酒家やっちゃん」はこちらからアクセス
↓↓↓↓↓

笑和酒家 やっちゃん
[産直魚介&炭火焼料理店]
笑和酒家 やっちゃん
JR総武線本八幡駅 南口 徒歩2分
〒272-0023 千葉県市川市南八幡4-7-13 シャンポール本八幡1F(地図
ぐるなびで 笑和酒家 やっちゃん の詳細情報を見る
※2012年4月17日現在の情報です
ぐるなびぐるなび


最後は東京警察病院形成外科50周年の記念パーティーに出席してきました。この場も懐かしいメンバーと再会できました。オペ室や外来の(当時)ナースさん達とも再会しましたが、みんな変わっていませんね。本当に若いよみんな。写真は連絡下さい、送りますから。
a0149149_12435645.jpg

    「波利井教授の挨拶にて始まりました。私を覚えていてありがとうございます。」

という訳で、充実した学会参加の報告を終了します。クリニックに戻ったら手術がたくさん待っています。荒井君に負けないようにいい仕事をしていきましょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-04-17 12:58 | 雑感 | Comments(3)  

バッカルファット減量切除術~術中所見を見てみる

よだ形成外科クリニックの依田です。

4月11日~13日と日本形成外科学会総会(東京)に出席をしてきます。その関係で11~15日までクリニックを休診にさせていただきます。
皆様に技術の還元ができるようよく勉強してきます。

4月6日現時点での当クリニックの予約状況ですが、4月はほぼ一杯となっております。

連休は、4月28、29、30日、5月1日と診療を行います。5月2日~5日は休診6日は診療を行いますので、診療、手術ご希望の方は早めに計画されるようよろしくお願いします。

本日はバッカルファット減量切除術についてお話をしましょう。

バッカルファットは頬骨側面下方から頬部に存在する脂肪塊で、笑った表情をすると膨らみの存在がわかります。

患者さんから「バッカルファット」という専門用語を聞くとバッカルファット切除術は、はやっているのだなと感じざるを得ません。普通、バッカルファットなんていう言葉は知らないはずです。

バッカルファット形成外科を専攻している医師にとっては馴染みの多い脂肪塊です。私たちは「ブッカールファット」と呼んでいます。頬骨骨折の治療を行うのに口腔内切開を行うのですが、下手くそに切開をするとバッカルファットがずるずると出てきて手術がやりにくくなります。後輩に「ブッカールを出さないように展開をしろ」と指導したものです。

今回はそのバッカルファットを出していく手術を行います。局所麻酔下にて切開は1cmも切らないで行えます。バッカルファットを包んでいる皮膜をほぐしていくとずるずると出てきます。

この手術の注意点は唾液腺の開口部がそばにあるのでそこを損傷しない解剖学的アプローチを求められるということです。

ボリュームを減らす手術ですから、やせ型の方にはおすすめはしておりません。また取り過ぎもよくありません。年齢を重ねたときのボリューム感があまりないお顔は美しくありません。

今回はバッカルファットを取っているときの術中所見の様子を供覧します。お顔の写真はありません。いずれ、お見せをしましょう。

a0149149_10491979.jpg

       1cmに満たない切開から手術が可能です。
a0149149_1050913.jpg

       唾液腺管の走向に関して知識が必要な手術です。
a0149149_1051870.jpg

       バッカルファットはあくまでも減量手術が基本でしょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-04-06 11:04 | 脂肪吸引・バッカルファット | Comments(0)