<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

脂肪吸引~大腿側面と後面の脂肪吸引

よだ形成外科クリニックの依田です。
最近手術の麻酔について相談を受けることが多くなってきています。手術が怖いので静脈麻酔をして欲しいと。

麻酔については大きく言って、①痛みを取る麻酔と②意識をどうするか③呼吸と血圧の管理、が大事になってきます。

局所麻酔は歯医者さんでも行うあの注射の麻酔ですが、これは痛みを取る目的で行い、手術する部位に直接局所麻酔剤を注射します。意識は変化しません。

静脈麻酔は意識を落とす作用が強いのですが、痛みを取るにはさらに局所麻酔の併用が必要です。問題は、静脈麻酔は多かれ少なかれ、呼吸に抑制作用がかかることがありということです。息が無意識におろそかになることがあるのです。

ですから、私は、顔や鼻などの手術の場合、静脈麻酔を併用して行う局所麻酔手術はおすすめしていません。特に鼻の手術など、血液がノドにたれ込むことがあるのに、意識を混濁させ、呼吸が弱くなる可能性がある麻酔は危険です。

麻酔は中途半端が一番危険です。意識をはっきりさせて局所麻酔を、あるいは、呼吸を確保した全身麻酔あるいは静脈麻酔が安全です。局所麻酔以外は意識や呼吸の問題があるので、麻酔科のドクターを依頼して麻酔の管理を行ってもらっています。私も安心して手術に専念することができるというわけです。

いくつかのホームページを見ていると、痛みが全くなく夢のような麻酔法が説明してあることがあります。静脈麻酔を行うにも点滴が必要で、点滴をするには注射針を刺す必要があります。これもちょっと痛みがありますよね。

痛みは大変怖いものですが、痛みが軽減する工夫にはいつも取り組んでいます。刺入する針は極細を使用したり、局所麻酔は痛みが鈍い部位から少しずつ行うなど配慮しているつもりです。少なくとも手術中は痛みで苦痛になることはないと思います。

今回は前回大腿の前面を脂肪吸引した後、後面と側面を脂肪吸引した方の症例を見てみましょう。

下肢の脂肪吸引は、前面と後面を一気に脂肪吸引することは私は行いません。血流を安全に確保したいのと、手術時間をなるべく短くしたいからです。下半身の脂肪吸引の時間が長いと思わぬ合併症を来すことがあると言われています。

麻酔は、静脈麻酔+硬膜外麻酔で行いました。もちろん麻酔科の先生が管理します。

術後は、バンテージを5日ほど行い、その後は脂肪吸引後の下着を着けて頂きます。術後2週間くらいから固くなり始めますので、超音波機器によるマッサージを定期的に行っていきます。

術後3ヶ月を過ぎると凹凸も柔らかくなり少しずつ馴染んでいくことでしょう。

a0149149_13444828.jpg

   術前。側面の張り出しが目立ちます。
a0149149_13453184.jpg

   吸引した脂肪。結構取れましたね。
a0149149_13455942.jpg

   術後5ヶ月目。ズボンのサイズが大きく変わったとのこと。もっと馴染んでいきます。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-10-28 13:50 | 脂肪吸引・バッカルファット | Comments(8)  

鼻尖縮小+鼻尖軟骨移植+鼻背プロテーゼ~鼻スジを整える

よだ形成外科クリニックの依田です。先日、お世話になっている知人が山形へ異動したので、訪問をしてきました。
a0149149_149519.jpg

     ロープウエイに乗って頂上に行きました。
a0149149_1494339.jpg

     頂上にはお地蔵様がいらっしゃいました。

山形蔵王の紅葉はまだ一部でしたが、白いイオウ温泉は大変心地がよかったです。そして山形のおそばを頂いて帰宅しました。そばの香りが口に広がるおいしいおそばでした。
a0149149_14102189.jpg

     三津屋のお蕎麦はおししかったです。

最近、鼻先を整えたいという希望を多く頂いています。の悩みを考えるのに、鼻は鼻先のみならず鼻背鼻根部と全体でバランスを考えていく必要があります。

鼻は鼻骨が存在する鼻背部鼻根部、そしてつまむと動く鼻軟骨が存在する鼻尖部の2つに集約することができます。

鼻尖部皮膚皮下組織鼻翼軟骨がメインの軟骨、裏打ちの鼻粘膜があります。鼻先を高くしたり、細くするにはこれらの構造をそれぞれ考慮しながら手術操作を加えなくてはいけません。鼻は粘土ではないので、形を変えるのには制限がどうしてもあります。

制限させる大きな原因は皮膚が一番の原因でしょう。日本人は皮膚が厚く皮脂腺も豊富なため伸展性に弱いと言えます。

現在私が行っている鼻尖の手術は、鼻柱切開(オープン法)、皮下剥離、皮下組織の減量、鼻翼軟骨の引き寄せ、場合によって一部軟骨切除、鼻尖と鼻背の流れが悪い場合には鼻背部にプロテーゼを挿入、鼻尖の形態をより整える場合には、耳からの軟骨移植という内容を組み合わせて行っています。クローズ法は不十分になりやすいので、行っていません。

鼻尖鼻背にスムーズにさせるにはプロテーゼが欠かせません。スムーズにするだけならあまり大きなプロテーゼは使用しません。プロテーゼは術前にある程度削りだして整え、術中に鼻尖付近を整えて挿入します。そして鼻ギブスを7-10日してもらいます。

術者によって方法や考え方は異なりますので、1つの参考としていただければ幸いです。
a0149149_14122042.jpg

   術前正面。鼻柱切開鼻翼軟骨引き寄せ、耳介軟骨移植プロテーゼ挿入を行いました。
a0149149_14131436.jpg

    術前斜位
a0149149_14133382.jpg

   鼻尖に移植する軟骨耳介より採取し、細工しました。
a0149149_1414652.jpg

   使用するプロテーゼ。術前に仕上げておきます。
a0149149_14143245.jpg

   移植した軟骨を固定します。
a0149149_14145496.jpg

   ギプスは、石膏ギプスで作成します。
a0149149_1415246.jpg

   1ヶ月目正面。シュッとしました。
a0149149_14155282.jpg

   1ヶ月後斜位。形態が滑らかになりました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-10-14 14:22 | | Comments(43)  

頬部脂肪吸引~頬をすっきりと小顔に

みなさんお元気ですか?よだ形成外科クリニックの依田です。

9月29日、30日と福岡で行われた日本美容外科学会(JSAPS)に参加してきました。普段、あまり学会では観光もできないことが多いのですが、東京警察病院形成外科時代の先輩が福岡にいらっしゃるので、お願いして福岡を観光してきました。

まずは、太宰府天満宮、学問の神様、菅原道真がまつられているあの天満宮です。歴史深い場所を訪れるのは大好きです。特に関ヶ原の戦いから前の史跡がいいですね。
a0149149_18421294.jpg


そして、秋月城跡に訪れました。秋月城は秋月家から黒田家が藩主を務めた戦国時代に最盛期を迎えた城郭です。今はその当時を彷彿させる石垣くらいしか残っていませんでした。桜の季節はとても美しい場所とのことです。
秋月城跡は、一度は訪れたい場所でした。
a0149149_18422790.jpg


先輩と男二人でくず餅と抹茶で締めて、私は空港へと向かいました。福岡は食べ物がおいしくまた訪れてみたい場所の1つです。M先輩、色々とありがとうございました。
a0149149_18424088.jpg



顔の輪郭を決めているのは、土台である、そして軟部組織です。頬部~アゴの小顔感を出すのは、この両方を行うのが実は正解です。
下顎骨と上顎骨の間にあるのが頬ですがで、ここは頬部脂肪層バッカルファットがあるので、頬部脂肪を減量すると軟部組織の分だけ小顔になってきます。しかし、アゴの形態を細くするには骨切り術が必要です。

頬部の脂肪吸引は有用ですが、頬骨上の脂肪を取り去るのはおすすめしません。後に疲れたような、やつれたような印象を来すことがあります。上顎と下顎との間の脂肪を減量するのがいいと思います。

頬部の脂肪吸引局所麻酔下にて2mmという極細の吸引管で吸引を行っています。径が大きすぎると線状の瘢痕を来すことがあるので、細い吸引管で丁寧に吸引をしていきます。

その後はプロテクターでしっかりと圧迫固定していくと内出血も最小限に治まっていきます。2週間くらいすると固くなってきますので超音波によるマッサージでメンテナンスをしていきます。術後2ヶ月くらいになると脂肪吸引の効果が見えてくることでしょう。

a0149149_18432077.jpg

   術前正面
a0149149_18434014.jpg

   術前斜位
a0149149_18435724.jpg

   手術デザイン。頬骨上は吸引をしません。
a0149149_18442471.jpg

   吸引した脂肪(左側)
a0149149_18444932.jpg

   3ヶ月後正面。まだ固さはありますが、すっきりしました。
a0149149_18451768.jpg

   3ヶ月後斜位。経過をみてバッカルファットの減量を検討していきましょう。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-10-07 19:39 | 脂肪吸引・バッカルファット | Comments(14)