<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

鼻プロテーゼ抜去~透明感があるので抜去を希望

よだ形成外科クリニックの依田です。早いもので、6月1日にて開業1年を迎えました。来院して下さった患者さん1人1人に感謝申し上げます。

思えば開業当初は、インターネット検索に表示されないトラブルがあったりと苦労をしました。しかも、あの大震災を経験し、経営に影響を来しました。決して順風万端とは言えませんが、多くの患者さんに来院していただきそして手術を手がけられて楽しく仕事をしております。

形成外科学会認定専門医としてプロフェッショナルな手術、治療を今後とも提供していきます。皆さんの期待を裏切らないよう精進しますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

本日はプロテーゼ抜去を希望された患者さんを紹介しましょう。

明るいところや太陽に当たると鼻背に透明感が現れるためプロテーゼ抜去したいという希望でした。プロテーゼは通常白色のシリコンプロテーゼを使用することが多く、透明感が現れたという訴えを聞いたことがないため、不思議に思っていました。
 ヒアルロン酸注入による隆鼻では透明感が現れるということはあります。それは、ヒアルロン酸が透明だからです。

 今回のプロテーゼを取り出すと透明のインプラントが入っていました。なるほどです。

プロテーゼの入れ換えは、私の場合同日には行いません。腫れが引いた頃に実際に患者さんのに当てながら新しいプロテーゼを削りだし、後日手術を行います。その方が正確だからです。

a0149149_14324084.jpg

             術前。光の加減によっては透明感が強く出ます。
a0149149_14332922.jpg

               術前斜位。
a0149149_14335926.jpg

          術中。取り出したプロテーゼは透明でした。
a0149149_14343557.jpg

      L字の下はカットしてありましたが、ほぼL字プロテーゼですね。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-05-31 14:39 | | Comments(6)  

眉毛下皮膚切除術~抜糸直後の経過を見てみる

こんにちは、よだ形成外科クリニックの依田です。

ブログを読んでくださっている方の中には既に何らかの治療を受けている方もいらっしゃると思います。手術や注入やレーザーなど形成外科美容外科にはいくつかの治療がありますが、基本は手術室で手術する機会が多いので、手術室の設計にはこだわりました。
まずはクリーンな環境で手術をするということです。当たり前だと思われるでしょうが、美容外科の中には手術室を設けず「処置室」扱いで、簡易的なベッド、ライトで手術を行うところも多いと聞きます。その大きな原因はおそらく工事のコストでしょう。
自分のクリニックにて特にこだわるポイントだったのは、独立空調と換気、より明るい無影灯を設置し、手術しやすい手術室を施工することでした。もちろん土足厳禁です。総合病院のような本格的手術室という訳にはいきませんが、それなりにかっこよく設計をしたつもりです。
a0149149_14312974.jpg

                〈当院の手術室〉  

  
私のクリニックで手術を受けられた方にしっかりした手術室なので驚かれたことも何度かあります(自慢!)
今回の震災でもびくともしませんでした(自慢! S設計士有り難う!)
クリニック内の天井にはボーズのスピーカーからBGMが流れております。(デンキカン泉のF社長ありがとうございます)
a0149149_14315238.jpg

          〈ボーズのスピーカーからBGMが心地よく流れてきますよ〉


仕事場の環境が良ければそれだけより良い仕事ができるというものです。

今回は眉毛下皮膚切除術の抜糸直後の経過をお見せしましょう。
まぶたの厚みを気にされた患者さんですが、明らかな眼窩脂肪や隔膜前脂肪を思わせる所見はありませんでした。そこで、眉毛下の厚い皮膚を取り去り、すっきりさせる計画で眉毛下皮膚切除術を行いました。眉毛と瞼縁の距離が縮まることですっきり感を見せる効果が出てきます。

眉毛下皮膚切除術はもともと腫れが少なくダウンタイムが少ない手術なのですが、若年齢の場合、皮膚のハリもあるため、よりダウンタイムが少ない傾向にあります。今回の症例では、抜糸後よりキズはほとんどわからず、お化粧すれば全く問題ないレベルに仕上がりました。

a0149149_1432984.jpg

     術前
a0149149_14322110.jpg

      術前デザイン、最大7mmの皮膚切除
a0149149_14323255.jpg

      手術直後、腫れはあまりありません。
a0149149_14324633.jpg

      7日目、抜糸直後。お化粧すれば全く問題ありません。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-05-24 14:41 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(6)  

肝斑の治療~ライムライトをメインに治療したケース

よだ形成外科クリニック依田です。

ほぼ毎日手術をしていてブログの更新が遅れてしまいました。全身麻酔下の手術もあり震災後はフル稼働でした。いつもと変わらずお会いできた患者さん達に感謝です。

手術は当然得意としているのですが、東京警察病院形成外科勤務時代の時にレーザー治療も上司にたたき込まれたので、実は得意です。太田母斑を中心に血管腫シミ脱毛扁平母斑キズ跡などにあらゆる種類のレーザーや光治療を経験させていただきました。長い時間、照射していると眼がチカチカして頭痛がするんですよね。当然自分で照射をしていましたよ。

私のクリニックでは財力がないので、オーパスライムライトサイノシュアーエリートしか現在は光治療器がありません。この2台を駆使して色々と治療を行っております。

a0149149_18285816.jpg

        当院のライムライト・オーパス

本日は、シミの中でも難易度の高い「肝斑」に対する光治療を紹介しましょう。

肝斑は今やコマーシャルのおかげで有名なシミの1つとして知られていますが、どれが肝斑であるかということを見抜くのは慣れが必要です。

肝斑は両頬部にモワーとシミが浮いて見えるのですが、妊娠中、妊娠後、更年期、ピルの服用、ステロイドの服用など、女性ホルモンのアンバランスで出現することが多いシミといえます。日焼けでできるシミとは異なるのですが、シミはいくつかの種類と混ざっていることが多く、見抜くのに慣れが必要となるわけです。

肝斑は、刺激的な治療、例えば、レーザーや光治療、ピーリングなどで濃くなることがあります。肝斑がなさそうな場合でも、レーザーなどを行って見えてくることもあります。

肝斑の治療はまず、トランサミン(トラネキサム酸)の服用やイオントフォレーシス、VC誘導体治療、トレチノイン-ハイドロキノン療法などがすすめられますが、最近は低刺激な光治療を併用することも有用だということが分かってきました。

ライムライトという光治療器は設定が豊富で、そのため、ほどよい設定と照射方法を用いると肝斑に有効なことが多く重宝をしております。ほどよい設定と照射方法というのは数字やマニュアルで示すことができず、何と言いましょうか、自分の目と経験則によるところが大きいのですね。コ・メディカルに伝えることが難しいため、自分で照射を行っています。ライムライトの照射は核となるところは必ず自分で照射を行っています。

今日紹介します症例は、肝斑の方で、ライムライトを1回/約1ヶ月のペースで7回照射したところの写真です。メンテナンスにVC誘導体トランサミン(トラネキサム酸)のイオントフォレーシスも併用しております。

ライムライトは光+熱が生じ、ほぼ顔全体に照射を行います。適応はシミ、ソバカス、くすみの改善、赤ら顔、そしてお肌の若返りなどです。照射後からお化粧が可能です。初回照射はシミの反応が特に強く出ることがあり、黒く浮いてはがれてくるのですが、はがれた後のきれいになったお肌を見て喜ぶ方が多数います。詳しくはホームページを参照して下さい。

a0149149_1829298.jpg

       治療前。肝斑がよく見えます。

a0149149_18294646.jpg

      ライムライト7回施行。肝斑の改善のみならず皮膚の質感も良くなりました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-05-17 18:34 | 美容皮膚科・ライムライト | Comments(2)  

眉毛下皮膚切除術~重い皮膚を眉下で取り去る

よだ形成外科クリニック依田です。

今回の震災にて一番困ったことはガソリンでした。当初は並んで手に入るのならラッキーという状況でした。
ガソリン不足で自家用車は使えず、そして地下鉄は一部不通のため、バス通勤しか方法がなかったのですが、最終バスが通常より早くて困ってしまいました。

かねてから自転車が欲しかったので、これをきっかけに購入してしまいました。購入したのは、いい年してロードバイクモデル。自宅方面は結構アップダウンがあるためヒルクライムに強いモデルを選びました。
トレック2.1というバイクでシマノ105をベースにしたモデル。比較的低価格帯の割にはいいパーツを使用しています。いくつかのインプレッション記事を参考にしてブレーキも105に変更をしました。(分かりずらいと思いますが、つい凝り性なためすぐ本格的に取り組んでしまうものなので…)
a0149149_1791548.jpg

  「クリニックの自分の部屋に連れてきたトレック2.1。うーん、これで一杯やれますね。」


それで、快適です。本体が8Kgほどなので坂もスイスイとあがれます。買って良かった!
このところ仙台駅方面は自転車族が増えています。ガソリンでみんな苦労したもんなぁ~。

大学時代は限定解除して1100ccの大型バイクに乗っていました。毎週土曜はバイクで大学に通学していましたよ。今度は久々に大型バイクに復帰してしまうか…。



本日はこれも問い合わせの多い眉毛下皮膚切除術について紹介をしましょう。

眉毛下皮膚切除術は今やメジャーな術式となっていますが、世の中に教えて下さったのは京都の烏丸姉小路クリニックの林院長と言っても過言ではないでしょう。林先生の論文を知らずして手術しているドクターはもぐりです。

眉毛下皮膚切除術の利点は眉毛下の皮膚を取り去るため睫毛側の薄い皮膚を温存できることです。

このことにより特に一重の方は一重のまま、眉毛側の重い皮膚を取り去ることができます。
皮膚の重さが原因の下垂ならば改善してきます。

二重のラインがかぶってきた場合、いわゆる二重のラインでその上側に大きく皮膚を取り去ると薄い皮膚と厚い皮膚が合わさるため不自然さが生じることがありますが、眉毛下皮膚切除術の場合大きく雰囲気を変えることなく二重の改善も可能です。

女性ならば普段描く眉ずみの下の切開するラインを合わせるためお化粧で隠すことも容易です。ダウンタイムも少ない方法ですね。

a0149149_1794191.jpg

   術前。外側の皮膚が下がり三角眼を呈しています。

a0149149_1710380.jpg

   手術直後。

a0149149_17102138.jpg

術後2ヶ月。お化粧にてキズ跡は隠せます。もう少しするとキズ跡に眉毛が生えてより分かりずらくなります。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-05-06 17:19 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(3)