<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

口角を挙げる~ヒアルロン酸による口唇増大術

 今年は開業をしたので、お盆休みも取らず一気に診療を行うつもりでしたが、友人たちにきちんと休みを取ってその後しっかり診療をした方が良いというアドバイスをいただき、今年は自分としては珍しくいわゆるお盆に夏休みを取りました。
 宿も取っていない状況でしたので、急きょホームセンターに行きキャンプ用品を購入し、キャンプ場の場所確保の確認をしました。そう、野宿です。到着したときは既に日が暮れしかも夕立に遭遇、手探りでどうにかテントを設営しました。だれも周りの人手伝ってくれないんだよな~。笑ってみているだけ。冷たいよな~。テントの設営は大学生以来で手こずりました。火を無事おこして子供たちもはしゃいで楽しみました。蚊に刺された痕がかゆい…。

 くちびるをふっくらさせ、口角を挙げる、これをメスと針糸だけで良い結果を出すというのは難儀であるばかりでなく、好ましくない瘢痕ができます。「口角挙上術」という術式で行われている方法には上くちびるのわき上方に一生ごまかすことのできないキズが残る手術を行う術者もいます。人中の領域はできればキズをつけたくないのが形成外科医です。形成外科を専攻しなかった美容外科医には分からないだろうなぁ~、この領域のキズのコントロールは。キズは化粧で隠せる?ウーン、少なくとも私はおすすめはしません。

 そこで、現在の美容外科には重宝する医療材料があります。フィラーとよばれる注入物の一つで美容外科を知らない人でもご存じなことが多い「ヒアルロン酸」です。
 ヒアルロン酸注入に使用されているヒアルロン酸は単にヒアルロン酸とはこれですと説明ができません。美容外科領域に使用されているヒアルロン酸と他科で使用されるヒアルロン酸、化粧品に使用するヒアルロン酸、食用のヒアルロン酸は全く別物と考えて下さい。
 美容外科領域に使用されるヒアルロン酸を例えで説明すると、車と同じです。つまり、車といってもトヨタもあれば、日産もある、マツダもある、他もあるし、トヨタにもプリウスがあればクラウンもある。クラウンにもいろんな種類、ブランドがあるように、美容外科領域のヒアルロン酸も他社、種類、用途によって、もう分からないくらい種類があります。

 ヒアルロン酸注入は私たちの体の成分に含まれているから安全ですと説明を受けたかたを見受けますが、そんなことはありません。思わぬ結果を導く使いづらいヒアルロン酸もあります。使う医師も知らないことがあります。
 美容外科領域に使用するヒアルロン酸は比較的柔らかいヒアルロン酸で皮膚の浅いところに注入し皮膚の緊張を作りしわを軽減する、もう一つは比較的固いヒアルロン酸でボリュームを与え形を作るものが使用されます。

 ヒアルロン酸自体は血行の通わない物質であるため、血行の良い組織内に少量使うのが安全です。ですから、大量に乳房内に注入するなんて使い方はその後思わぬ不幸な結果を生むことがあるため、使用しないことが望ましいと考えています。

 今回はくちびるをふっくらと見せたい、しかも口角を挙げたいという希望のため、ボリュームアップ目的に使用するヒアルロン酸をチョイスしました。エセリスというメーカーのフォーテリスというブランドです。私はエセリスを好んで使用しています。コラーゲンのような滑らかさがあります。しかし、私も年をとったのでしょうか、コラーゲンの注入を経験している美容外科医の数が少なくなってきたように感じます。

 くちびるへの注入は実は結構技術がいります。単に注入すればよいという訳ではありません。経験のない医師の注入はおすすめしませんよ。

a0149149_10585495.jpg

施術前。まずヒアルロン酸を注入し、2週間後にタッチアップ(追加注入)しました

a0149149_1059874.jpg

2週間後、タッチアップ後。内出血もなく、口角も上がり魅力的になりました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なサマーキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-08-20 11:07 | ヒアルロン酸・レディエッセ | Comments(2)  

シルエットリフト&上口唇ヒアルロン酸注入~たるみと若返り②

仙台は七夕祭りがフィナーレを迎えようとしています。仙台の七夕祭りというは、飾りが上からぶら下がっている様子を映像などで見ることがあると思うので仙台を訪れたことのない人でも知っていることでしょう。その飾りは、クリスロードなどと呼ばれる天井のある商店街に飾られています。人でごった返すのと、いわば閉じられた空間なので蒸し暑い。今年はただでさえ暑いのだから、何とも言えない熱気で倒れた人もいるかもしれません。また、飾りは顔のそばまで垂れ下がっているので、よけるのが大変なのです。私は身長が180cm以上あるので、飾りは邪魔です。商店街を迂回して用事を済ませています。子連れの方は、子供が脱水にならないよう小まめに水分補給をすることをすすめます。


シルエットリフトは、フェイスリフトと異なり、大きく皮膚を切開することがありません。糸を通し固定する方法の一つでありダウンタイムが少なく済みます。フェザーリフトと呼ばれる医療用の糸を皮下に通し、たるみを持ち上げる方法は多数あるのですが、糸の性状や固定の仕方によって手術効果や持続性は様々です。
その中の一つであるシルエットリフトは①糸に特殊な細工が施されている…バイオコーンという組織を持ち上げる吸収性の引っかかりが組織を把持する②糸を側頭筋膜というこめかみ内に固定をする、という特徴があるため、たるみを引き上げ保持する力に優れているものです。

先日、シルエットリフトを行った患者さんが1週間後の経過チェックのため受診されました。
ダウンタイムは数日ですみ、糸の貫通した部位もほとんど分からないくらいでした。1ヶ月は顔のマッサージを控え、大きく笑ったりしないようにして下さい。

a0149149_10472082.jpg


術前正面 ①法令線~マリオネットラインのコントロールを希望②上口唇をふっくらとしたい

a0149149_10475478.jpg

手術後1週間目 シルエットリフト頬部に4本×2、フォーテリス(ヒアルロン酸)を上口唇に注入 たるみが引き上げられ頬がふっくらとした。上口唇も魅力的に仕上がりました。

a0149149_1062321.jpg

術前側面

a0149149_1064393.jpg

手術後1週間目 たるみはよくコントロールされ、糸の貫通された跡もほとんど分かりません。魅力的なくちびるとなりました。ハッピーなライフをおすごし下さい!

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なサマーキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-08-08 11:42 | シルエットリフト・フェイスリフト、たるみ | Comments(15)  

シルエットリフト&上口唇ヒアルロン酸注入~たるみと若返り①

 今年の夏は夏らしい夏となりましたね。先日家族で、ハワイアンズリゾートスパに日帰りでプールに行ってきました。平日にもかかわらず盛況で、なんだかとても安心しました。地方のリゾートパークが軒並みなくなっていくニュースが多いですが、自分の小さい頃から有名であったところがなくなるのはなんだかさびしい感じがします。船橋のザウスもなくなってしまったし…。

 お顔のたるみは、年齢と共に気になるものです。たるみというのは皮膚そのものもたるむのですが、皮膚の下のボリュームのある皮下組織が重力などで下がってしまうのが主な原因です。ですから、皮膚にハリを与える光治療やサーマクールに代表される治療にてたるみがまだまだ気になる場合は皮下のたるみが原因かもしれません。
 皮下のたるみを引き上げるにはフェイスリフトにて皮膚、皮下を持ち上げ、固定する治療が利にはかなっているのですが、ダウンタイムはしっかり目に用意しなくてはいけません。また、フェイスリフトであっても、中顔面(ミッドフェイス)たるみである、頬や法令線の改善は不十分であることも否めません。

 今回ご紹介するのは、フェザーリフト(医療用の糸)で皮下を引き上げる方法の1つでありますシルエットリフトの患者さんを紹介しましょう。
 シルエットリフトは、糸に「コーン」と呼ばれる円錐状の吸収性の引っかかりがついており、これによって皮下を持ち上げる工夫がされています。またコーンとコーンの間には糸によるコブがあってその間をコーンが移動できるために皮下組織の可動性にもすぐれています。こめかみ上部の側頭筋膜上に糸を固定するため、引き上げの持続時間が長くなっております。このためしっかりと中顔面(ミッドフェイス)を引き上げ、持続させることが可能です。
a0149149_1532642.jpg
 従来の糸を通すのみのタイプや、糸にけば立ちがあるタイプの糸では、「糸が踊る」という現象、つまり糸が切れて移動してしまったり、けば立ちのためチクチクするというのが問題であり、またそのため持続時間が短くなることも指摘されておりました。
 溶ける糸の方がいいのでは?と質問を受けるのですが、私は溶ける糸はおすすめしていません。それは、溶けてしまうと引き上げ時間が短くなるのと、やはり切れてしまって「糸が踊る」ことが多くなり、糸が皮膚から飛び出しで来ることがあるからです。

 本日の患者さんは、法令線と口角を若返らせたいという希望でシルエットリフトの治療を選択されました。上口唇も魅力的にしたいという希望もありました。過去には他院にて「こめかみリフト」なるものを受けたが全く効果がなかったとの訴えでした。
 シルエットリフトは片側4本、上口唇にはフォーテリスというヒアルロン酸を使用しました。
 掲載する写真は、術直後のもので、頬部にはシルエットリフトが通った跡が見ることができます。ここにはテープ保護をして帰宅していただきます。数日でお化粧にてカバーすることが可能です。

a0149149_15511219.jpg

口角のたるみと法令線~頬部のコントロールを希望。また上口唇を魅力的にしたい。(写真はすべて患者さんから掲載許可を得ています)

a0149149_1555178.jpg

手術直後シルエットリフト4本×2。大きな腫れや内出血もなく良好な結果。口角、法令線~頬部の引き上げのみならず、こめかみにもハリがでました。上口唇もふっくらと強調することができました。糸の貫通した跡は数日でお化粧にてカバー可能です。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なサマーキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-08-02 15:38 | シルエットリフト・フェイスリフト、たるみ | Comments(2)