<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

全切開法

 仙台の梅雨は少し肌寒く感じるのですが、今年は蒸し暑い日が多いように思います。ゴルフに行くとレインウエアの登場が多く、仲間に「雨男」呼ばわりされているしだいです。本当に自分なのかなぁ。先日もわざわざ栃木まで早朝4時に起床しパブリックミッドアマチュア予選に出てきたのですが、大雨もいいところで、ズボンまでびしょ濡れとなってしまいました。結果は…惨敗でした。

さてよだ形成外科クリニックでは、大して宣伝広告をしていないのですが、私を探してくれていた患者さん数人に診察室で再会することができました。ご縁に感謝です。これからもよろしくお願いします。


二重にするには、埋没法が、スタンダードのように語られていますが、利点と欠点があります。埋没法は、手術時間も短く、腫れや内出血は想定内におさまることが多いのですが、最大の欠点は二重が“はずれやすい”ということです。また、すべてのまぶたに行えないということです。

全切開法術は、まぶたの皮膚と皮下に手術によって折り目を作ることにより、ほぼ永久的な二重を作成できるという方法です。大きな二重や皮膚のあまりがある方にも対応可能です。

a0149149_14403250.jpg


全切開法による二重

a0149149_1437209.jpg


術後約1ヶ月、まだむくみがありますが、経過と共によりナチュラルになります。順調です。


ただいま開院キャンペーン開催中
埋没法4点 42,800円 → 37,800円(税込)
全切開法  126,000円 → 113,400円(税込)
その他キャンペーンはこちら 

美容外科 形成外科 美容皮膚科 よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容整形 二重 脂肪吸引 眼瞼下垂(健康保険適応) 
http://www.yoda-clinic.jp


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-06-28 14:42 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

自分の血液で若返る~濃縮自己血小板注入療法

ホームページをようやくアップしましたが、ミスプリの修正に追われています。

www.yoda-clinic.jp
仙台駅前 よだ形成外科クリニック 美容外科・形成外科・美容皮膚科

お得なキャンペーンを開催中(二重・レーザー脱毛・ヒアルロン酸など)

 私たちの体を流れる血液には赤血球、白血球、血小板が含まれているということは、ご存じでしょう。その血小板を利用した治療が、今、大変ブレイクしています。
 血小板は、そう、出血したときに固まり、かさぶたを作るその血小板です。
 血小板は、とても不思議なもので、細胞の核がありません。そして、血小板には、色々な成分が含まれており、注目すべきは、「若返りの要素」が含まれているということが分かってきたということです。
 この若返りの要素を使う治療が、PRP(plate-rich plasma)注入療法などと呼ばれています。
血小板からこの若返りの要素を効率よく回収するキットが近頃、競い合って登場をしております。今回、評判の良いキットを使用してみることにしました。

 治療は、本人の血液を使用します。
採血→遠心分離→PRPの回収→注射針にセット→治療箇所に注入
という流れになります。10mlの採血に対し約2mlのPRPを取り出すことができます。この量でだいたい、下まぶた~法令線にかけて注入がほぼ可能です。

 効果的なのは、目元のちりめんじわ、皮膚のハリ、若返り、毛穴の引き締め、ニキビ跡などです。
何と言っても、自分の血液であるため安全度が高い治療で、期間を空けて、複数回の治療を行うことが可能です。効果は、速効性は無いのですが、じわじわと効いてきて、6ヶ月以上も効果が持続するケースもあります。

 良い結果が得られるかどうかは、PRPを作り出すキットによるところが大きく、血小板に含まれている「若返りの要素」を無駄にしないものを探求しています。

 効果をブーストするために、成長因子と呼ばれるお薬を添加する治療法もありますが、成長因子の添加療法は、注入箇所が膨らみすぎたなどという思わぬ副作用が報告されていますので、熟練した方法が必須で、注意が必要と思われます。

 しかし、一昔前にはこのような治療法はありませんでした。美容外科も日進月歩で発展しています。

採血をします。
a0149149_16525467.jpg

遠心分離にかけて
a0149149_16443479.jpg

生成したPRP
a0149149_16445097.jpg

数ヶ月後が楽しみです。
a0149149_16452734.jpg



二重まぶた・眼瞼下垂・フェイスリフト・脂肪吸引・豊胸・PRP注入なら
よだ形成外科クリニック 仙台駅前
美容外科・形成外科・美容皮膚科
022-266-1120(予約専用)

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-06-10 16:41 | PRP(濃縮自己血小板)皮膚皮下再生 | Comments(0)  

空冷付き医療脱毛レーザー「サイノシュアーエリート」

 初日を終え、2日目を迎えました。めったにじっくりと見ることのできない胡蝶蘭をはじめ、数々のお祝い品、誠にありがとうございました。
 「正しい治療を正しく、リーゾナブルな価格で提供する」をモットーにスタッフ一同美容外科・形成外科・美容皮膚科の診療を行ってまいります。

ホームページアップしました。

http://www.yoda-clinic.jp/

 さて、本日は、当院の脱毛レーザー「サイノシュアーエリート」を紹介しましょう。

 サイノシュアーエリートは「755nmのアレキサンドライトレーザー」と「1064nmのヤグレーザー」の2つの波長を有するダブルレーザーです。しかもマイナス4℃の冷風機を装着することができる優れもののレーザー治療器です。

 どういうことかと言いますと…

 一般に医療レーザー脱毛機は755nmアレキサンドライトレーザーと810nm付近のダイオードレーザーと1064nmのロングパルスヤグレーザー、そしてIPLという広域波長のものが使われます。
 これらの機器はどれでも「脱毛」されるのですが、それぞれ利点と欠点を有しています。

 まず、ダイオードレーザーとIPL系は接触型の治療器で、プローブと呼ばれる光がでる端子を直接皮膚に当てる必要があります。そのため、ジェルが必要で、時に接触不良にてやけどの確率が高くなります。
 次にアレキサンドライトレーザーは、よりメラニン(毛もメラニンが含まれている)の反応性が良いのですが、皮膚の色が白い方が向いています。そしてメラニンの反応性はアレキサンドライトより落ちますが、ヤグレーザーは皮膚の深くまで光が入りやすいという特性を持っています。これらは、非接触型のプローブであるため、ジェルも必要なく皮膚の曲面にも対応しやすいという特徴を持っています。

 サイノシュアーエリートは良いとこ取りのレーザーで、ジェルでべとつかず、皮膚の色に応じて波長を選択することができ、しかも、空冷機を取り付けることで、レーザーの痛みを軽減し、照射後の腫れや赤みをクールダウンできるというもので、私は好んでこの機械を使用しています。

脱毛の目安は、個人差や体の部位にもよりますが、1回/2ヶ月×5~6回というところでしょう。

 治療モードを変更することで、シミくも状血管毛細血管拡張症、そしてくすみニキビ跡などの改善のスキンリジュビネーションも治療できるという贅沢な機械となっています。

 ちなみに、レーザー脱毛は医療機関しか取り扱いはできず、エステなどの光脱毛はレーザーではなく、私たちと同等の脱毛効果を得ることは不可能です。

ただいま開院キャンペーンにて
ワキ6回 29400円を23500円
膝下・肘下・手足指(甲も含む)6回 267750円を214000円
メンズヒゲ、アゴ下首6回 48300円を43470円
とお得です。
詳しくは http://www.yoda-clinic.jp/about/campaign.html#cam01


a0149149_1155650.jpg

空冷機を備えたサイノシュアーエリート

a0149149_11512489.jpg

レーザー照射部が赤くガイドされる

a0149149_11531242.jpg

レーザーをファイヤー! 

眼瞼下垂・埋没法・脂肪吸引・フェイスリフト・ヒアルロン酸・ボトックス・PRPなら
形成外科・美容外科・美容皮膚科 よだ形成外科クリニック www.yoda-clinic.jp 
022-266-1120(予約専用) info@yoda-clinic.jp


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-06-02 11:58 | レーザー・Qルビー・シミ | Comments(0)