カテゴリ:全切開・目頭切開手術、二重( 25 )

 

全切開+隔膜内脂肪減量~勉強会に参加してきました

よだ形成外科クリニックの依田です。

5月27日、28日で臨床形成美容外科医会というニッチな形成外科系の開業医の勉強会に参加してきました。
a0149149_11542992.jpg


普段、朝食は炭水化物を摂取しないのですが、ホテルだと食べてしまいます。
勉強会では、烏丸姉小路クリニックの林先生とご一緒に受付のお手伝いをしました。

さて、本日は埋没法を過去に他院でうけられ、安定させるために全切開隔膜内脂肪を減量切除された方の症例を見てみましょう。

今回の私が参加した勉強会でも二重を作る全切開のデザイン、手術方法、固定方法はみな様々で、正解の方程式はありませんでした。

自分の原則はあまり睫毛から高めに切開をしないということです。埋没法で行ったラインが全切開のラインとなるとは限りません。

二重を固定する方法は、ここ1-2年でやや改良しました。
そのおかげで切開線から睫毛間の皮膚があまりぷっくりすることがなくなったのと食い込み間がやわらぐ効果が得られました。

食い込みをやわらげすぎると全切開といえどもラインがゆるみ、外れてしまうことがあるのでその加減が難しいと言えます。

全切開は抜糸が7日目、お化粧でカバーできるのは10日くらいが目安です。

今回の方は経過も良好で、キズも時間と共にきれいになり、何よりでした。

a0149149_11552893.jpg

術前-デザイン-直後-所見
a0149149_11561399.jpg

1週間後-1ヶ月後-1ヶ月後閉瞼
a0149149_11563489.jpg

術前-11ヶ月後-11ヶ月後閉瞼


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-05-29 12:00 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(2)  

全切開+隔膜内脂肪減量の経過~バレンタインデーの懇親会

よだ形成外科クリニックの依田です。

当院は1ヶ月1回、午後を休診にして勉強会とミーティングを行っています。技術の確認と新しい知識を吸収していきます

その夜はみんなで懇親会をします。


先日はバレンタインデーの日でした。サプライズでチョコベースのデザートをいただいで感激です。

正直バレンタインデーとはあまり縁が今までも含めてないので嬉しかったね。
ホワイトデーのお返しを待っていて下さい。

a0149149_11043396.jpg

本日は全切開眼窩隔膜内の脂肪を減量して二重を作成した症例を見てみましょう。

今回の方は瞼板前組織という睫毛付近の皮下組織もそれなりにあったので丁寧に減量して行きました。


全切開は術者によって手術方法は様々です私は二重の固定は瞼板の範囲に納めたいので皮膚をピンとさせた長さで睫毛から10mm15mmという高さにはなりませんだいたい7mm前後になります。


また眼輪筋瞼板前組織に固定をしますが固定に工夫を施すようにしてから最近は腫れが少なくまたぷっくりと膨らむことが少なくなってきました

手術技術も研鑽とアップデートが必要だと感じております。スタッフ共々勉強会を大事にしていきたいと思っています。

a0149149_11084505.jpg

術前-直後開瞼-直後閉瞼
a0149149_11091221.jpg
デザイン-切除した皮膚・脂肪・瞼板前組織
a0149149_11094684.jpg
1ヶ月目-4ヶ月目開瞼-4ヶ月目閉瞼



よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 
022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22
  

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


by y-aesth-plast-cli | 2017-03-04 11:32 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

一重を二重にする~全切開の経過

よだ形成外科クリニックの依田です。

インフルエンザが流行っています。
中2の私の長男は予防接種しているのに見事にA型インフルエンザになりました。
学級閉鎖になったそうです。
a0149149_13385787.jpg

みなさんも手洗い、うがいをしっかり、雑踏ではマスクの着用をしましょう。
私は今のところ問題ありません。

今回は一重の方が全切開法重瞼の作成をされた症例を見てみましょう。

全切開法で作成しても二重がまれに緩むことがありますが、固定力の強い方法です。ということは予想外の結果になってしまったら修正が難しくなるということです。

全切開の手術は術者によってデザインも異なれば、手術方法も異なりますし、技量もそれぞれです。

私は、全切開して、誰と顔を合わせても変に思われないその人に合う二重を作成することをすすめています。よかれと思った高い位置の切開などはトラブルが生じる確率が高いです。

なるべく食い込みの少ない方法で手術していますが、全く食い込みがないと緩みやすい全切開となるのでここが手術で難しいところでしょう。

抜糸は7日目、お化粧して人に会えるのは、個人差がありますが、10日くらいです。

くれぐれも無茶な二重を作成するとその後が大変ですから、術者とよく相談して手術を承けましょう。術者でない人(カウンセラーとか)と話をまとめてもだめですよ。

a0149149_1339279.jpg

術前
直後
抜糸後(7日目)
a0149149_1340838.jpg

1ヶ月目
6ヶ月目
6ヶ月目閉瞼

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・BNLS・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-02-04 13:43 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

目頭切開Z形成術~控えめがコツです

よだ形成外科クリニックの依田です。
a0149149_17484853.jpg

10月22日-26日の日程で京都
日本美容外科学会(JSAPS)と国際美容外科学会(ISAPS)に参加してきました。

a0149149_1749029.jpg

今回はまず大阪で美容医療協会での講演をしました。
タイトルは「眼瞼下垂とその治療について」です。

出口会長のお力で約100名の聴衆がいらっしゃいました。
夜は警察病院の先輩である天神形成外科クリニックの増田先生と乾杯しました。

a0149149_17491028.jpg

そして学会ではお昼にお食事をしながらPRPFの勉強会をしました。

その後、会場でパネリストとしてハムラ法の発表をしました。

内容が重かったので、準備に時間を要し大変つかれました。
小室先生、土井先生ありがとうございました。

さて、今回は目頭切開の経過を見てみましょう。

目頭切開で良い結果を出すには、まずそもそも適応なのかどうか、そしてバランスと術式そしてその人の皮膚質を考慮に入れる必要があります。

平行二重が欲しいから目頭切開をと安易に考えて行うとバランスを欠いて奇異な印象となることもあります。

また目頭切開にはキズが生じます。キズがないというわけではありません。
その中でもZ形成術(Z形成術も種類があります)は比較的キズがきれいなのではと考えています。

無理にすすめる手術ではないので、医師との打ち合わせが大事だと思います。
a0149149_17493248.jpg

術前
直後
3ヶ月後
18ヶ月後


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-11-05 17:53 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(3)  

全切開+他院埋没糸抜去+隔膜内脂肪減量~来週は美容外科学会(京都

よだ形成外科クリニックの依田です。
10月24日から日本美容外科学会(JSAPS)と国際美容外科学会(ISAPS)が京都で開催されます。

会長は友人のカリスクリニックの出口先生です。
出口先生を盛り上げるため、23日は美容医療協会の講演を引き受けました。
またパネリストとして発表も致します。

ただいまその準備でてんてこ舞いです。
本日もスワンモートンのメスを持って手術、そして学会の準備です。
a0149149_13435129.jpg


今回は全切開法二重まぶたを形成された方を見てみましょう。

この方は過去に埋没法を受けられ、緩んできました。

埋没法は簡易でナチュラルに仕上がりやすい手術ですが、時間と共にゆるみやすくなります。

瞼板というまぶたの裏の硬い組織に糸をかけるのですが、瞼板の変形をきたしやすいのも埋没法です。

変形をきたしている状態での再埋没法はおすすめ出来ません。

今回の方もやや変形が見られているので、全切開法二重まぶたの形成術にしました。

全切開の固定方法をアップグレードしたので術後のキズもきれいになっています。

全切開法は術者によってやり方が様々です。
ただ切って縫えば二重になるわけでないので大変奥が深い手術です。
a0149149_13444044.jpg

術前
デザイン
瞼板の状態

a0149149_1345232.jpg

術後3ヶ月化粧有り
化粧無し
化粧無し閉眼

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-10-16 13:48 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

全切開~わがまま二重、目頭の上にラインを作る

よだ形成外科クリニックの依田です。

8月の当院の医局会の後、スタッフと共にビアガーデンに行きました。ドレスコードは浴衣です。浴衣は気持ちがいいですね。美味しくビールを頂きました。
a0149149_15272376.jpg


さて、今回は目頭切開することなく目頭の上にラインを作った全切開の症例を見てみましょう。

過去に行った埋没法が、緩くなってきました。埋没法では目頭の上にラインが出来て平行二重だったので、今回全切開を行うのに出来れば目頭切開することなく平行のラインがあればという希望でした。

アイプチや埋没法はルーズなラインなので目頭があってもその上にラインが出来ることもあり、平行二重が実現しやすいのですが、全切開の場合は組織を取ったりするため目頭の上にラインを作ることが難しいのですが、今回はトライをしてみました。

以前、東京の鶴切先生と目頭の上にラインを作る手術方法がほぼ一致していたので安心をしました。先生曰く、「わがまま二重」とおっしゃっていたので、私もそのように呼ぶこととしました。

目頭の形によってはやはり再現は難しいこともあります。シミュレーションして実現できないラインは原則再現不能です。

二重手術は奥が深い、さらに研究が必要です。

a0149149_1528012.jpg

術前
術中(目頭上の眼輪筋の処理にポイントがあります。)
抜糸後7日目
5ヶ月後、どうにか目頭切開無しで平行ができました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-08-25 15:32 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

全切開+隔膜内脂肪減量術~日焼け対策に飲む日焼け止めヘリオケア

よだ形成外科クリニックの依田です。

そろそろ紫外線のケアが大事な季節になってきましたね。

当院ではゴルフやテニスなど野外で活動される患者さんが多いのですが、日焼け対策には皆さん苦労されているようです。

そこで、今回おすすめしたいのが「飲む日焼け止め」「ヘリオケア」です。紫外線は皮膚の構造である真皮をも老化させてしまい、皮膚のハリやたるみの原因を作ってしまいます。

ヘリオケア」にはシダ植物より抽出されたFernblockが含まれ、この成分がメラニン抑制や真皮の構造の維持に役立つのです。化学物質は含まれていません。

サプリメントとして飲むのもよろしいし、日焼け対策として日光を浴びる30分前に飲み、さらに日光にさらされる時間が長い場合は4時間後に追加で飲むのがよろしいです。

摂取後約30分後に効果が発揮され、4-6時間作用が持続すると言われています。もちろん塗る日焼け止めを併用した方がよりよいかと思います。

当院のKナースも「日焼け対策にヘリオケア~」とおすすめをしております!私も今年のゴルフの日焼け対策で飲んでみます。
a0149149_18363098.jpg


1ヶ月分で6,500円(税別)で販売しております。ネットでも買えるようですが、もちろん当院では正規ルート品を用意しております。

本日は全切開隔膜内脂肪の減量を行った方の症例を見てみましょう。

前回もお話ししましたが、眼瞼の手術は術前のデザインが大事です。座位で確認を取ることがとても重要です。

術者によって全切開は手術方法が大きく異なります。

例えばデザイン、切開する高さ、皮膚の切除の有無・量、皮下組織の減量の方法、固定の位置、使用する糸などです。すべてが一致する術者がおそらくいないと思います。

どれが正解でどれが不正解とも言えないでしょう。

それぞれの術者が今まで行った手術のフィードバックで少しずつ完成度を高めているのだと思います。私もちょっと前と比べても微妙に方法を変えているところもあります。

ですから手術したら通院は不要なんていう術者は進歩がありません。

そして基本なことですが大事なのは手術計画通り手術が行える技術を習得しているかということでしょう。

それには正しい方法を教わり、それを元にして多くの症例をこなし、修正していくことが必要です。

卒後2-3年で全切開を極められるなんてことはあり得ないと思います。私は20年以上形成外科・美容外科をやっていますけど、まだまだ修行が必要だと思っています。

a0149149_18365211.jpg

     術前。全切開+隔膜内脂肪の減量を計画しました。
a0149149_18372516.jpg

     切除した組織。今回は皮膚は切除していません。
a0149149_1838256.jpg

     1週間目抜糸後。右側の方が腫れています。
a0149149_18383387.jpg

     3ヶ月目。経過は順調です。
a0149149_1838541.jpg

     3ヶ月目のキズ。キズは3ヶ月くらいは赤みがでます。6ヶ月くらいは固さがあります。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-05-30 18:42 | 全切開・目頭切開、二重 | Comments(0)  

全切開+目頭切開(Z形成術)~全切開の勉強をしてきました

よだ形成外科クリニックの依田です。

最近は暖かい日にも恵まれるようになってきましたが、休診日の水曜は寒く、
つらいゴルフのラウンドが続いている仙台です。

先日、つるきり形成の鶴切先生から電話があり、
全切開の勉強会をしようと誘われ早速先生のクリニックに飛んでいきました。

貴重な症例を見学させていただき、ありがとうございました。
鶴切先生とは学会などでよく症例検討を行っています。

先生のメスさばきに感激しました。
そして、美味しいウナギ、ご馳走様でした。

a0149149_1284749.jpg


今回は目頭切開全切開を行った症例を見てみます。
目頭切開には様々な術式があり、一概にこの方法が良いとは言い切れません。

目頭切開はバランス、傷跡を考慮に入れないと後悔することも少なくありません。

私が採り入れているZ形成術(Z形成術にもいくつか方法がありますが)は皮膚の切除量が少ないのがポイントだと思っています。

傷跡を気になさる方もいますので、くれぐれも目頭切開は慎重を重ねてトライされることをお勧めします。

a0149149_129011.jpg

        術前
a0149149_1293937.jpg

        直後
a0149149_1210031.jpg

        1週間後、抜糸直後
a0149149_12102462.jpg

        1ヶ月後、この間はキズは立体的に目立つこともあります
a0149149_12104141.jpg

        9ヶ月後、この時期になるとそれなりのキズになってきます。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-03-08 12:16 | 全切開・目頭切開、二重 | Comments(2)  

全切開~埋没法は繰り返して手術ができるのですか?

よだ形成外科クリニックの依田です。
全身麻酔の手術も続いて夏ばて気味、ブログの更新が大幅に遅れてしましました。申し訳ないです。

依田家の墓は、長野の佐久方面にあるので、夏休みに墓参りのついでに軽井沢にも足を延ばしてみました。久しぶりの軽井沢は活気があって、一昔より賑やかになっていました。フレンチ、イタリアンのレストランも増え大変おしゃれな通りになっていました。

今は亡き叔母が旧軽井沢に住んでいたので幼き頃から旧軽井沢を探検していました。そのおかげで何と旧軽井沢には土地勘があるのです。別荘街の中も自転車でスイスイと迷わず行けるのです。

a0149149_19242582.jpg

          「家族で二人乗り自転車に分乗して旧軽井沢を散策しました」

旧軽井沢には立派な別荘がたくさんあります。世の中すごい人たちがたくさんいるんですね。

さて、今回は他クリニックで埋没法を行い、二重が緩んできたので埋没法をまた検討したいという症例です。

埋没法は短時間で行え、適応があればナチュラルに仕上がるとても良い方法です。しかしながら二重の出来映えばかり着目され、糸の止め方や止めてある糸の状態、瞼板というまぶたの裏側まで多く語られることがないように思われます。

埋没法は時間の経過と共に緩みやすくなることはもう皆さんもご存じでしょう。では緩んでしまったらまた埋没法で良いのでしょうか?

それは瞼板(まぶたの裏側)次第と言えます。糸の止め方によっては瞼板が変型を来たし、埋没法を行いたくても無理なことがあるのです。また前回の糸も残存するので埋没法を繰り返していくことは望ましくはありません。ドクターによっては全切開のみで対応し埋没法を行わないという人もいます。

私は適応があればもちろん埋没法を行います。しかし、その埋没法がいずれ緩んだら全切開を検討しましょうとお話ししています。

今回の方はやはり瞼板が変形していました。全切開で対応しました。全切開時には埋没法で残存している糸を限りなく除去していきます。全切開の良いところは二重を作成する糸を瞼板の裏側に貫通して出さないところにあります。
しかしダウンタイムと切開したキズが目立たなくなるには少々時間が必要となります。

a0149149_19245748.jpg

     術前、他クリニックで行った埋没法が緩んできました。
a0149149_19262699.jpg

     裏側をチェック、こちらは比較的キレイです。
a0149149_1926291.jpg

     反対側をチェック、このように変型を来すと埋没法の再手術は危険です。
a0149149_19264368.jpg

     全切開をして、眼窩脂肪を減量、前医の埋没糸は抜去しました。
a0149149_19271548.jpg

     全切開3ヶ月後、経過は順調です。埋没法を繰り返すのはやめましょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2014-08-26 19:31 | 全切開・目頭切開、二重 | Comments(22)  

挙筋腱膜前転術+全切開の8ヶ月後~学会の世話人を務めました

よだ形成外科クリニックの依田です。
11月2日、3日に仙台秋保温泉日本臨床形成美容外科医会という学会がありました。今回の当番は私のクリニックで して、運営、収支ともに私の責任で行うという任務がありました。
そのためブログの更新が滞ってしまいました。楽しみにしていた方々にお詫び申し上げます。

勉強会は日頃私が取り組んでいる眼瞼下垂を中心に行いました。私も発表させていただきました。手術の重要なポイントを会員で共有することができたと思います。この会は開業している形成外科を母体とした美容外科医を中心として運営されている歴史ある会なのです。
a0149149_16221445.jpg

     「発表しているのは私です」
a0149149_16224267.jpg

  「天神形成外科クリニックの増田先生、いちだクリニックの市田先生、カメイクリニックの亀井先生、友人の太田氏」

その後は温泉に入って、懇親会にて楽しみました。翌日はゴルフ組観光組に分かれて行動です。よく学び、よく遊んだ連休でした。全国からいらして下さったみなさん、お疲れ様でした。
a0149149_16324060.jpg


さて今回は全切開挙筋腱膜前転術を併用した方の長期結果を見てみましょう。開眼も良好でキズもきれいで何よりです。今回学会で発表した手術のポイントがしっかり活かされたよい結果だと思います(自画自賛)。
a0149149_16253086.jpg

     術前
a0149149_16255547.jpg

     2ヶ月後
a0149149_16262569.jpg

     8ヶ月後
a0149149_16263983.jpg

     8ヶ月後閉眼時、キズもきれいです。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-11-08 16:30 | 全切開・目頭切開、二重 | Comments(8)