カテゴリ:刺青・植皮・レーザー( 1 )

 

タトゥーを取り去る(1ヶ月目の経過)~分層植皮術に求められるテクニック

新年明けましておめでとうございます。本年も昨年同様、よだ形成外科クリニックをよろしくお願いします。

新年の挨拶に「おめでとう」という言葉を使うべきかどうかと思いましたが、紅白の長渕剛の歌を聴いて、鎮魂の気持ちを抱きつつ、明るい気持ちを持つことが必要な時期なのだなと思い、新年おめでとうという言葉を使わせていただきました。長渕剛の歌う姿には自然と涙が出てきてしまいました。

年始は塩釜神社にお参りに行き、その足ですし哲にて昼食を頂きました。すし哲は大震災にて津波の被害に遇われたのですが、修復され無事営業したのです。見事復活されて何よりでした。
a0149149_1191885.jpg

       芸術品のようなお鮨、美味しかったです。ごちそうさまでした。


タトゥー、邪魔になってしまうと取り去るのは大変です。レーザーで取れる?いいえ、取れる方が少ないのでは?薄くはなりますが。黒色以外のタトゥーはまずレーザー治療は無理です。

レーザーQスイッチレーザーを主に使用しますが、1回/3ヶ月の治療を5-10回は必要なことが多いのです。就職や生活に支障を来すことも多いでしょう。

今回は多色の広範囲のタトゥーレーザー治療は適応外でした。そこで私は植皮術を行うことにしました。

植皮術とは自分の皮膚をどこかからか採皮して移植をする手術です。採皮する場所は臀部がメインです。比較的色調がどこでも合いやすいのと、取り去った跡は下着や水着で隠しやすいためです。

どのように皮膚を採皮するのかですが、私は「パジェットダーマトーム」という機械を使用して採皮します。電動のパジェットダーマトームは使用しません。
a0149149_1195314.jpg

     パジェットダーマトーム。10cm×20cmまで採皮できます。

採皮は簡単ではありません。きれいに大きく、適度な厚さで採皮するにはテクニックが必要です。東京警察病院形成外科で研修医として入局した時は、植皮の連続でした。小さな子供のヤケドに対しての植皮も多くありました。そのおかげで、ミスすることなくきれいに採皮することができるようになりました。

手術全身麻酔が基本です。あらかじめパジェットダーマトームで採皮します。最大10cm×20cm大が採れます。そしてタトゥーを取り去ります。次に採皮した皮膚で覆っていきます。ずれないようにタイオーバー固定を行います。

タイオーバー固定は5日目に外し、ここで皮膚が生着していればほぼ完了が見えてきます。抜糸が7-10日くらい、臀部はその頃にはほとんど乾いているでしょう。仕事などに支障を来すのは14日くらいでしょう。

植皮された皮膚は3ヶ月くらい圧迫療法などのケアをして少しずつ馴染ませていきます。

今回は広範囲なため当院では術者は自分しかいないので、数回に分けて植皮をすることを計画しました。まずは露出部から植皮を行いました。1ヶ月目の経過も順調です。経過をおってまた報告をしましょう。
a0149149_1110473.jpg

    術前。左前腕~肩まである多色刷りの刺青。
a0149149_11113528.jpg

    取り去った皮膚。メスで取り去ります。
a0149149_1112038.jpg

    取り去ったところ。真皮を若干残すようにします。
a0149149_11123320.jpg

    5日目の臀部。このように均一に採皮するのにはテクニックが必要です。
a0149149_11344475.jpg

    15日目の状態。今後は圧迫療法でケアをしていきます。
a0149149_11352289.jpg

    1ヶ月目。植皮された皮膚はしばらくの間、固くなってきます。
a0149149_11361553.jpg

    臀部の1ヶ月目。赤味や色素沈着は6ヶ月くらい続くことが多いでしょう。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-01-05 12:56 | 刺青・植皮・レーザー | Comments(6)