カテゴリ:眉毛下皮膚切除術( 7 )

 

眉毛下皮膚切除術~今年もよろしくお願いします

よだ形成外科クリニックの依田です。旧年は大変お世話になりました。本年も手術に磨きをさらにかけますのでよろしくお願いします。

昨年末は手術の連続でブログの更新まで至りませんでした。年末のご挨拶もなく申し訳ありません。

正月はほとんど家にてだらだらと過ごし、2日に塩竈神社にお参りに行きました。本年のおみくじは「吉」。おー、とても前向きになることが記されています。
a0149149_9313376.jpg


本日は眉毛下皮膚切除術を受けられた方を見てみましょう。
眉毛下皮膚切除はまさに眉下から皮膚を取り去り上眼瞼たるみや開きを改善させる手術です。
特にまぶたの外側のタルミが見られる方はおすすめです。まぶたの皮膚はまつ毛側が薄く、眉毛側が厚いので、眉毛側の皮膚は重さもあるため切除するとまぶたが軽くなります。
そのため眼の開きが良い方向に向かいます。

また、まつ毛側に皮膚を手術で触らないため、術後の印象は以前の眼の顔貌に近づく感じとなりやすいです。

眉毛下皮膚切除術は皮膚を取り去るだけですが、大事なのはデザインでしょう。
手術を行う医師の中でもいろいろ議論が交わされています。私は眼輪筋やさらにディープなレイヤーに入り込む方法は賛同してません。切って、剥がして、縫合するという形成外科の基本に忠実に行うと良い結果が出る手術だと思っています。
a0149149_932753.jpg

術前
デザイン
直後
a0149149_93242100.jpg

3ヶ月後
6ヶ月後 むくみも取れて開瞼良好です。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-01-08 09:39 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(2)  

眉毛下皮膚切除術~三角眼を解消する

よだ形成外科クリニックの依田です。この冬の仙台は残雪が多く、ゴルフも満足に出来ていません。ちなみに仙台は太平洋側ですので雪国をイメージしている方も多いとは思いますが、基本的に雪はほとんど降らず、雪が残ることはありません。

先日、友人のセッティングで「スッポン」を食する機会がありました。スッポンは実は初めてで、どきどきでしたが、よく言われているとおり、大変美味なものでした。友人曰く、スッポン料理は臭みをしっかり取るために店主の準備が重要とのことでした。とすると、今回のスッポンは店主の「仕事」がしっかりとされていたというわけです。
a0149149_10573710.jpg


仕事」がなされる料理はとても好きです。食べればあっという間ですが、そのひとときのためにどのくらい準備をしていたのかを想像することも好きですね。
職人の仕事道具を拝見する機会があると高揚してしまいます。自分に通ずるところがありとても楽しくなります。しかし、お互いにそれぞれの仕事を理解していないと彼らの道具を拝見させていただくことはほとんどありません。そのくらい職人の仕事道具は命であり職人そのものなのですね。

今回は男性の方で眉毛下皮膚切除術を受けられた症例を見てみましょう。

眉毛下皮膚切除術は眉下から下方の皮膚を取り去ることによりまぶたのたるみを改善することができます。しかし、適応があるため、場合によっては二重のラインから上方の皮膚を取り去る方が好ましい場合も多くありません。

眉毛下皮膚切除術は、まぶたの外側のたるみが多い場合には最適だと考えられます。また、皮膚の厚みが強い方もよい適応でしょう。一重の方が、一重のままでたるみを改善したいというケースもおすすめです。

しかし、内側のたるみが強い場合や眼瞼下垂を伴ったり、くぼみが目立つ方の場合にはおすすめにならないこともあります。

丁寧に縫合すれば、眉毛下のキズはほとんど分からなくなります。縫合の方法はちょっとしたコツが必要です。

今回の方はかつて黄色腫の手術を行われており、その後外側のみ皮膚が下がってきたという方です。やや右側外側の再発傾向がありますが、キズもほとんど分からず経過良好です。
最近学会の発表でも眉毛下皮膚切除術の症例を見る機会が増えましたが、適応外の手術であったり、デザインがいびつであったり、そもそも縫合技術が伴っていない症例も見かけます。そのような症例を見てしまうと眉毛下皮膚切除術がよくないのでは?と思ってしまう人もいるかもしれません。

眉毛下皮膚切除術は技術があって、そして適応にあてはめて正しくデザインをし、手術することが重要です。

a0149149_10575734.jpg

    術前。特に外側の皮膚が下がっています。
a0149149_10583297.jpg

    術前デザイン。デザインには原則があります。
a0149149_10592247.jpg

    切除した皮膚。私は眼輪筋の切除は不要だと考えています。
a0149149_1101293.jpg

    1週間後、抜糸直後。むくみがあまりない方です。
a0149149_1125232.jpg

    1ヶ月後。たるみは改善されています。
a0149149_1132051.jpg

    6ヶ月後。眉毛の位置がやや変化するため右側はやや再発傾向がありますが、良好です。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2013-01-31 11:08 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(0)  

眉毛下皮膚切除術~老人性眼瞼下垂の治療結果

よだ形成外科クリニックの依田です。最近寒くなってきました。みなさん体調はいかがですか?

先日、昭和医会という医師会メンバーの幹事会に出席してきました。サークルみたいなもので、とても楽しい会合です。開業をすると勤務医時代と異なり他のドクターと話をする機会も減ります。そんな中、他科の先生方と親交を深められるこの会は息抜きの1つで楽しみです。年末にはクリスマス会があり、家族で楽しめる会などもあります。
本日は料理を食べながら飲んで、次回の催し物の打ち合わせをしました。
a0149149_1416285.jpg


本日は眉毛下皮膚切除術の症例を見てみましょう。
挙筋機能に問題がなく、加齢現象で外側の皮膚の下がりがおこっている老人性眼瞼下垂症には良い適応です。眉毛下の皮膚は厚く、まぶたにおもりが乗っていると考えてみて下さい。その重い皮膚を取り去るので視野も広がります。

眉毛がしっかりされている方は6ヶ月ほどでうっすらした眉毛がキズ周囲に生えてくるのでほとんどキズが分からなくなるでしょう。

術後のダウンタイムはあまりないのが特徴ですが、人によってはむくむ方がいます。抜糸は7日目です。

挙筋機能に問題があるかはしっかり診察をして診断をいたします。その場合には眉毛下皮膚切除が適しないことも当然あります。

a0149149_14163422.jpg

    術前。三角眼を呈して目が開けづらくなっていました。
a0149149_1417188.jpg

    手術直後です。
a0149149_14173658.jpg

    1ヶ月後です。眉下のキズは女性なら眉ずみで隠すことが容易です。
a0149149_14181565.jpg

    10ヶ月後。開眼も良好、キズも眉毛でより目立たなくなりました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-11-08 14:20 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(2)  

眉毛下皮膚切除術~まぶたが厚すぎる眼瞼下垂のケース

こんにちは、よだ形成外科クリニックの依田です。

台風が過ぎ去ってしまってからは一転、涼しい夏になってしまいました。暑気払いという感じでは今ひとつありませんが、仙台の泉アウトレット内のタピオにある「くろ家」にて納涼会を行いました。
a0149149_11265134.jpg

    「時計回りに高橋プロ、私、木村先生、金渕先生、土屋プロ、小松先生」

メンバーはプロゴルファー高橋秀樹プロ土屋陽平プロ土屋プロのオフィシャルサイトはこちら)、そしてドクターというよりかゴルフ友達の桂眼科の木村ドクター、金渕整形外科の金渕ドクター、小松クリニックの小松ドクター、そして飛ばし屋の山内氏と私。
a0149149_11271836.jpg

       「土屋プロ、小松先生、山内氏」

秀樹プロは私の師匠で「杜の都ゴルフサロン」にてレッスンを受けています。陽平には、失礼、陽平プロには先日、ワンポイントレッスンにてお世話になり久々の好スコアの原動力となりました。今年はクオリファイを通過していい加減にツアーで活躍していただきたいと応援をしております。
a0149149_11274497.jpg

       「土屋陽平プロ、今年はツアーに出られるよう頑張って下さい」


仙台には若手のプロゴルファーが多く、ツアーで活躍できるようみな励んでいます。このブログでも機会があったら、有望株を紹介していきたいと思いますので応援してあげて下さい。

くろ家さんにはいつもみんな栄養をつけさせていただいて、今回もパクパクとおいしく頂きました。

本日紹介します症例は、眼瞼下垂なのですが、まぶたの皮膚が厚すぎるケースで二重のラインで手術を行うと厚すぎる二重になってしまうケースでした。

このような場合、二重のラインで行うのでなく、眉毛下で一度皮膚を取り去るとすっきりしてきます。眉毛下の皮膚は睫毛側に比べて皮膚が厚いため、重くて厚い皮膚が取り去られ、まぶたの開眼も楽になります。

全切開法において、二重のラインから上方に皮膚を多く取り去ると、薄い皮膚と厚い皮膚が合わさるので、不自然さが出ることがあります。眉毛下皮膚切除では、下方側ほど皮膚が薄くなるので、多くの皮膚を取り去っても不自然さは出ません。

眉毛下皮膚切除術挙筋腱膜前転術は私の場合同時には行いません。アプローチが煩雑になるということと、厚い皮膚を取り去るとそれなりに開眼機能が改善されるからです。
挙筋腱膜前転術は、眉毛下皮膚切除術を行って、経過を観察しながら必要に応じて後日計画を行っていきます。

今回のケースは、厚い皮膚を取り去ると、視野も広がり、開眼も楽になったと術直後から感じられていました。黒目の見え方がやや悪いため、経過を見て、必要に応じて挙筋腱膜前転術を考えていきたいと思います。
a0149149_11282476.jpg

      術前。重いまぶたで開眼が困難なくらい。
a0149149_11291124.jpg

      この範囲を取り去ります。
a0149149_11293160.jpg

      取り去った皮膚。この部分は一番厚い皮膚です。
a0149149_1130336.jpg

      手術直後。腫れは少ない方です。
a0149149_11302675.jpg

      1週間後、抜糸直後。眉を描けばキズを隠せます。
a0149149_11311433.jpg

      1ヶ月後。視野が広くなったと喜ばれています。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-07-29 11:41 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(6)  

眉毛下皮膚切除術~抜糸直後の経過を見てみる

こんにちは、よだ形成外科クリニックの依田です。

ブログを読んでくださっている方の中には既に何らかの治療を受けている方もいらっしゃると思います。手術や注入やレーザーなど形成外科美容外科にはいくつかの治療がありますが、基本は手術室で手術する機会が多いので、手術室の設計にはこだわりました。
まずはクリーンな環境で手術をするということです。当たり前だと思われるでしょうが、美容外科の中には手術室を設けず「処置室」扱いで、簡易的なベッド、ライトで手術を行うところも多いと聞きます。その大きな原因はおそらく工事のコストでしょう。
自分のクリニックにて特にこだわるポイントだったのは、独立空調と換気、より明るい無影灯を設置し、手術しやすい手術室を施工することでした。もちろん土足厳禁です。総合病院のような本格的手術室という訳にはいきませんが、それなりにかっこよく設計をしたつもりです。
a0149149_14312974.jpg

                〈当院の手術室〉  

  
私のクリニックで手術を受けられた方にしっかりした手術室なので驚かれたことも何度かあります(自慢!)
今回の震災でもびくともしませんでした(自慢! S設計士有り難う!)
クリニック内の天井にはボーズのスピーカーからBGMが流れております。(デンキカン泉のF社長ありがとうございます)
a0149149_14315238.jpg

          〈ボーズのスピーカーからBGMが心地よく流れてきますよ〉


仕事場の環境が良ければそれだけより良い仕事ができるというものです。

今回は眉毛下皮膚切除術の抜糸直後の経過をお見せしましょう。
まぶたの厚みを気にされた患者さんですが、明らかな眼窩脂肪や隔膜前脂肪を思わせる所見はありませんでした。そこで、眉毛下の厚い皮膚を取り去り、すっきりさせる計画で眉毛下皮膚切除術を行いました。眉毛と瞼縁の距離が縮まることですっきり感を見せる効果が出てきます。

眉毛下皮膚切除術はもともと腫れが少なくダウンタイムが少ない手術なのですが、若年齢の場合、皮膚のハリもあるため、よりダウンタイムが少ない傾向にあります。今回の症例では、抜糸後よりキズはほとんどわからず、お化粧すれば全く問題ないレベルに仕上がりました。

a0149149_1432984.jpg

     術前
a0149149_14322110.jpg

      術前デザイン、最大7mmの皮膚切除
a0149149_14323255.jpg

      手術直後、腫れはあまりありません。
a0149149_14324633.jpg

      7日目、抜糸直後。お化粧すれば全く問題ありません。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-05-24 14:41 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(6)  

眉毛下皮膚切除術~重い皮膚を眉下で取り去る

よだ形成外科クリニック依田です。

今回の震災にて一番困ったことはガソリンでした。当初は並んで手に入るのならラッキーという状況でした。
ガソリン不足で自家用車は使えず、そして地下鉄は一部不通のため、バス通勤しか方法がなかったのですが、最終バスが通常より早くて困ってしまいました。

かねてから自転車が欲しかったので、これをきっかけに購入してしまいました。購入したのは、いい年してロードバイクモデル。自宅方面は結構アップダウンがあるためヒルクライムに強いモデルを選びました。
トレック2.1というバイクでシマノ105をベースにしたモデル。比較的低価格帯の割にはいいパーツを使用しています。いくつかのインプレッション記事を参考にしてブレーキも105に変更をしました。(分かりずらいと思いますが、つい凝り性なためすぐ本格的に取り組んでしまうものなので…)
a0149149_1791548.jpg

  「クリニックの自分の部屋に連れてきたトレック2.1。うーん、これで一杯やれますね。」


それで、快適です。本体が8Kgほどなので坂もスイスイとあがれます。買って良かった!
このところ仙台駅方面は自転車族が増えています。ガソリンでみんな苦労したもんなぁ~。

大学時代は限定解除して1100ccの大型バイクに乗っていました。毎週土曜はバイクで大学に通学していましたよ。今度は久々に大型バイクに復帰してしまうか…。



本日はこれも問い合わせの多い眉毛下皮膚切除術について紹介をしましょう。

眉毛下皮膚切除術は今やメジャーな術式となっていますが、世の中に教えて下さったのは京都の烏丸姉小路クリニックの林院長と言っても過言ではないでしょう。林先生の論文を知らずして手術しているドクターはもぐりです。

眉毛下皮膚切除術の利点は眉毛下の皮膚を取り去るため睫毛側の薄い皮膚を温存できることです。

このことにより特に一重の方は一重のまま、眉毛側の重い皮膚を取り去ることができます。
皮膚の重さが原因の下垂ならば改善してきます。

二重のラインがかぶってきた場合、いわゆる二重のラインでその上側に大きく皮膚を取り去ると薄い皮膚と厚い皮膚が合わさるため不自然さが生じることがありますが、眉毛下皮膚切除術の場合大きく雰囲気を変えることなく二重の改善も可能です。

女性ならば普段描く眉ずみの下の切開するラインを合わせるためお化粧で隠すことも容易です。ダウンタイムも少ない方法ですね。

a0149149_1794191.jpg

   術前。外側の皮膚が下がり三角眼を呈しています。

a0149149_1710380.jpg

   手術直後。

a0149149_17102138.jpg

術後2ヶ月。お化粧にてキズ跡は隠せます。もう少しするとキズ跡に眉毛が生えてより分かりずらくなります。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2011-05-06 17:19 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(3)  

眉毛下皮膚切除術 まぶたのリフトアップ

 先日、我が家にて不思議な事件が起こりました。長男がヒキガエルを捕まえて水槽にて飼育をしていたのですが、ある朝ふと見るとカエルがいないのです。ふたは閉まったままだったので、長男が外に持ち出ししまうのを忘れたのだろうと考えていたところ、絶対それはないというので家の中を探し回ったのでした。しかしいません。長男はカエルに「たかちゃん」という名前までつけていたのに…。
 数日後、干からびた「たかちゃん」が発見されました。水槽から近いシェルフの影で…。かわいそうに。しかしどうやってフタを空けたのだろうか?女性にとってはカエルそのものが苦手の方が多いと思われますので、この辺でこの話は終了します。

 眼瞼下垂とは、上まぶたが何らかの原因で十分に開眼されない状態で、そのためまぶたの重みを感じたり、眉毛を引き上げようとおでこを使うことが多く、頭痛肩こりが生じやすくなることもあるものです。
眼瞼下垂手術はまぶたを引き上げる眼瞼挙筋腱膜を修復する手術が多用されますが、上まぶたをいじる手術では二重になるため、一重の方には印象が変わってしまうということがあります。
そこで、一重のままでいたい、あるいは二重でも大きく印象を変えたくない場合には、眉下で皮膚を取り去る眉毛下皮膚切除術による方法がすすめられます。ただし、挙筋腱膜機能が弱いケースには適応とならないことがあります。
眉毛下皮膚切除術は、ダウンタイムも少なく、キズが眉下にできますが、お化粧を多用すればごまかすことも容易でしょう。

a0149149_13204226.jpg

術前 まぶたの重みがあり一重。大きく印象を変えたくないとの希望

a0149149_13221046.jpg

術後 約2ヶ月、視野が広がったとのお声をいただきました。


ラティース、先日矢崎先生に捕まえられてラティースを塗られてしまいました。まつげが伸びてしまうかもしれません。(1回のみですが)
a0149149_13345077.jpg

a0149149_13463727.jpg

ラティースに付属しているブラシです。斜にカットされていてうまく塗れるようになっています。

眼瞼下垂、ハムラ法、フェイスリフト、豊胸、脂肪吸引、ライムライト
よだ形成外科クリニック 
美容外科・形成外科・美容皮膚科 
予約専用022-266-1120
ホームページ http://www.yoda-clinic.jp
ただいま、脂肪吸引・脱毛・二重のキャンペーン中 詳しくはこちらへ

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2010-07-10 13:53 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(0)