全切開+隔膜内脂肪減量~勉強会に参加してきました

よだ形成外科クリニックの依田です。

5月27日、28日で臨床形成美容外科医会というニッチな形成外科系の開業医の勉強会に参加してきました。
a0149149_11542992.jpg


普段、朝食は炭水化物を摂取しないのですが、ホテルだと食べてしまいます。
勉強会では、烏丸姉小路クリニックの林先生とご一緒に受付のお手伝いをしました。

さて、本日は埋没法を過去に他院でうけられ、安定させるために全切開隔膜内脂肪を減量切除された方の症例を見てみましょう。

今回の私が参加した勉強会でも二重を作る全切開のデザイン、手術方法、固定方法はみな様々で、正解の方程式はありませんでした。

自分の原則はあまり睫毛から高めに切開をしないということです。埋没法で行ったラインが全切開のラインとなるとは限りません。

二重を固定する方法は、ここ1-2年でやや改良しました。
そのおかげで切開線から睫毛間の皮膚があまりぷっくりすることがなくなったのと食い込み間がやわらぐ効果が得られました。

食い込みをやわらげすぎると全切開といえどもラインがゆるみ、外れてしまうことがあるのでその加減が難しいと言えます。

全切開は抜糸が7日目、お化粧でカバーできるのは10日くらいが目安です。

今回の方は経過も良好で、キズも時間と共にきれいになり、何よりでした。

a0149149_11552893.jpg

術前-デザイン-直後-所見
a0149149_11561399.jpg

1週間後-1ヶ月後-1ヶ月後閉瞼
a0149149_11563489.jpg

術前-11ヶ月後-11ヶ月後閉瞼


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-05-29 12:00 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(2)  

Commented by 田中 at 2017-05-30 20:20 x
二重修正したいのですが、皮膚切除できない場合、先生のところではどのような修正術をしていただけますでしょうか?吊り上げなどは行っていますか?
Commented by y-aesth-plast-cli at 2017-06-01 14:15
そのときの状態を見ないとなんとも言えませんが、腱膜の修復、ROOFの移動を行うことが多いです。つり上げは行ってません。

<< 埋没法(ツルキリ変法)の経過観... バッカルファット切除術~夏直前... >>