ヒアルロン酸(テオシアルディープ)によるオトガイ形成

よだ形成外科クリニックの依田です。
日に日に寒さが増してきます。
先日雪虫が飛んでいました。雪虫は雪の到来を伝えると私が東京から仙台に来たときにゴルフの友人が教えてくれました。
今回も見事に数日後に降雪がありました。ちなみに雪虫はバラなんかにつくアブラムシだそうです。
a0149149_14453730.jpg


今回はヒアルロン酸にてアゴ先(オトガイ)の形を整えた方の症例を見てみましょう。
オトガイ形成にはアゴの骨を骨切して移動させる方法、シリコンインプラント挿入による方法、ヒアルロン酸等注入術で形成する方法があります。

それぞれ一長一短があります。ヒアルロン酸注入によるオトガイ形成はまず言えることは手軽でダウンタイムが少ないということです。
しかし、膨らむのは皮下組織なので骨切り術インプラント挿入術とことなり皮膚が厚い感じになるのと質感が水っぽい感じになることがあります。

ヒアルロン酸には固さの種類があり、今回は輪郭を形成するので固めのテオシアルディープを使用しました。ヒアルロン酸ヒアルロニダーゼという溶解注射を注射すればほとんど溶解してしまいます。

ヒアルロン酸を複数回行うのは感心しません。インプラント挿入術へのシミュレーションとしての位置づけなら良い方法なのではないでしょうか?

今回の方はオトガイに約1mlのテオシアルディープを注入しオトガイ形成を行いました。3M後も経過良好です。いずれはインプラントを検討していく予定です。
a0149149_14455518.jpg

術前-術前斜位
直後-直後斜位
a0149149_14481086.jpg

術前-術前斜位
3M後-3M後斜位

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-12-04 16:09 | ヒアルロン酸・レディエッセ | Comments(0)  

<< 全切開+隔膜内脂肪の減量の1週... まぶたが重い~他院二重埋没法後... >>