埋没法(ツルキリ変法)の経過観察~神戸・大阪での夏休みの勉強会

よだ形成外科クリニックの依田です。

8月22-23日の日程で、神戸で開業されているさわこ形成外科クリニックの片上先生の元で薄毛治療眼瞼下垂手術の勉強会に参加してきました。
a0149149_11175835.jpg


片上先生のドクター達は手術が好きで勉強熱心です。そこにヴィヴェンシアクリニックの野町先生も参加され、楽しく研鑽しました。神戸の翌日は野町先生のクリニックにおじゃましました。

学会ではドクター達と手術や治療の議論のみですが、実際一緒に手術をしながらの議論ですと問題点が解消されまた新たな知識と技術が身につきますね。
当院では女性の薄毛の相談が最近増えているので、この勉強会の知識を深め、当院で治療を行って行く予定です。

今回はツルキリ変法埋没法を受けられた方の経過を見てみます。
埋没法全切開と比較すると腫れや内出血が少ない方法ですが、それは術者が腫れにくい努力をすることが前提です。
当院では切れのいい極小の針で注意深く麻酔を行っています。
また、まぶたの裏側で瞼板から糸が露出しない工夫をしていますのでごろつき感も少なくなっています。
埋没法はすべての方に行えるわけでないので、診察時による判断が大事だといえるでしょう。
a0149149_11182066.jpg

術前-直後-直後閉瞼-瞼板
a0149149_11191254.jpg

10日目開瞼-閉瞼
a0149149_11193233.jpg

3ヶ月目開瞼(化粧なし)-閉瞼(化粧なし)-開瞼(化粧あり)-閉瞼(化粧なし)
よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2017-08-28 11:13 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

<< 全切開+挙筋腱膜前転術~額を使... 全切開+隔膜内脂肪減量~勉強会... >>