埋没法(ツルキリ変法)~臨床形成美容外科医会でハウステンボスへ

よだ形成外科クリニックの依田です。

12月3-4日で、日本臨床形成美容外科医会という勉強会に出席してきました。
世話人は長崎の北村理子クリニックの北村先生です。
お疲れ様でした。

ハウステンボスは、私は初めてでした。
到着前に佐世保駅前にて先輩とお茶してから向かいました。

たるみや引き締めのノンサージカル(非手術的)な治療法の勉強をしました。
a0149149_16324672.jpg

先輩である関谷クリニック南青山の関谷先生と2ショット。
異国を感じさせるハウステンボスでした。

本日はツルキリ変法埋没法を受けられた方の症例を見てみましょう。

埋没法ダウンタイムが少なく優れた方法です。

ただしすべての人に採用できる方法ではありません。
また、埋没法は長期には緩む傾向があります。

その中でもツルキリ変法はラインを広くすくう方法なのでラインを長くキープしやすい方法といえますし、シンプルなので、万が一糸を取り去るのも比較的容易な方法と考えています。

アイプチやテープをして皮膚がかぶれるのなら、埋没法をしてしまう方が健全です。

a0149149_16361637.jpg

術前-直後-直後閉眼
a0149149_16333972.jpg

3ヶ月後

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2016-12-13 16:39 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

<< 眉毛下皮膚切除術~今年もよろし... 埋没法~ツルキリ変法の術後の経過 >>