埋没法・二重~やや高いラインに固定したケース

よだ形成外科クリニックの依田です。

11月7日にベガルタ仙台の応援に行ってきました。今年も強いんですよ-。サッカーの試合を見に行くのは久しぶりです。

小学生の時、国立競技場でベッケンバウアーペレが出場している試合などを観戦しに行ったことがあるのですが、サッカーコートはとても広い印象がしました。しかし久しぶりに観戦した今回はそれなりの大きさに感じました。子供の感覚がなくなっているのですね。同点に終わりましたが、とても興奮して楽しかったな。
a0149149_14284439.jpg


今回は、やや大きめの二重のラインを希望され、埋没法で手術をされた方の症例を見てみましょう。

今回の希望のラインは実は全切開がベストでした。しかし、社会的理由にて全切開の日程が取れないため、埋没法でトライすることとなりました。

高めの二重のラインを埋没法で行えるかはその人の瞼板という軟骨の大きさが十分あるか、皮膚が厚すぎないか、皮下組織や脂肪が多すぎないかという点にあります。しかしながら無理をしすぎると不自然になり、また早期に二重のラインがゆるんでしまう原因ともなってしまいます。今回も、いずれは全切開へという説明をさせていただいております。

高めのラインの場合、埋没法といえども術直後の腫れや不自然さは否めず、ダウンタイムもそれなりに用意をした方が無難と考えます。

希望のすべての方がそもそも埋没法を行えるとも限りませんし、高めのラインも同様です。その人に適した方法をいつも診察時に説明させていただいています。今回のケースはたまたま埋没法が行えたケースだと思っていただければ幸いです。

a0149149_1454069.jpg

     術前。一重の方です。
a0149149_146711.jpg

     術前閉眼。
a0149149_146455.jpg

     術直後。高めの場合、ダウンタイムが長引くことがあります。
a0149149_1471995.jpg

     術直後閉眼。食い込みはしばらく続きます。
a0149149_1474633.jpg

     1週間後、まだ腫れが続いています。
a0149149_1481125.jpg

     1週間後閉眼。食い込みは和らいできました。
a0149149_1483546.jpg

     1ヶ月後。だいぶ落ち着いてきました。
a0149149_14195862.jpg

     5ヶ月後。落ちつい来ました。
a0149149_14201730.jpg

     5ヶ月後閉眼。もしゆるんだら次回全切開を検討しています。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-11-16 14:29 | 埋没法・二重 | Comments(2)  

Commented by あや at 2012-12-20 06:29 x
先生のところで行っている埋没は挙筋法になるのですか?
また、病院によってはポリエステルは劣化しやすいので、血管つなげるのにつかう糸をつかっているというところもえりますが、そんなにもちはちごうのですか?
Commented by y-aesth-plast-cli at 2012-12-20 10:21
瞼板の上方で挙筋腱膜との移行部に糸を装着するので何法なのでしょうかね?申し訳ありませんが、瞼板法、挙筋法という言葉にこだわっていません。
糸は埋没法用のナイロン糸です。これで不都合が生じることはないと思います。劣化すると言うことはどういうことなのでしょうか?私も知りたいです。

<< 目力のある眼に~全切開+挙筋腱... 眉毛下皮膚切除術~老人性眼瞼下... >>