腱膜性眼瞼下垂~年々二重のラインが薄くなってきました

よだ形成外科クリニックの依田です。仙台も蒸し暑くなってきました。
おかげさまで7月の予約がほぼ一杯となりました。夏休み手術をお考えの方は余裕を持ってご連絡を下さい。8月の診療も1日たつごとに予約が取りづらくなっています。

明日7月7日は、京都日本美容外科学会(JSAPS)に参加のため出かけてきます。京都見学は出来そうもありませんが。休診になりますのでよろしくお願いします。


眼瞼下垂があると、開眼が知らず知らずに弱くなるため、眉毛を挙上して目を開こうとします。そうすると上眼瞼の皮膚が上方に引っ張られるために二重のラインが安定しなくなるとこがあります。

加齢現象で眼瞼挙筋機能が弱まると同様のことが起こることもあります。先日、若い方にもこのような現象が起きている方がいました。他院で埋没法を行ったが、ラインがすぐ薄くなってしまいましたと来院されました。診察すると眼瞼下垂があって、眉毛を強く上げようとするため、皮膚が引っ張られて二重にならないのでした。この方は、眼瞼挙筋腱膜前転術による重瞼術作成の予定としました。

二重が浅くなった、埋没法をしてもラインが浅い感じがするといったケースには眼瞼下垂があるかどうか診察を受けられることをおすすめします。

a0149149_10331842.jpg

   年々ラインが不安定になり目も開けづらくなりました。
a0149149_10335145.jpg

     術前閉眼時
a0149149_10341780.jpg

     手術直後。挙筋腱膜前転術を行いました。右下眼瞼の腫瘍も取り去りました。
a0149149_10345846.jpg

     1週間後、抜糸直後。
a0149149_10352318.jpg

     1ヶ月後。目が楽になったと。
a0149149_1036447.jpg

     6ヶ月後。3-6ヶ月かかりながら眼瞼下垂手術は安定してきます。
a0149149_10363660.jpg

     6ヶ月後閉眼時。腫瘍もきれいになりました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

by y-aesth-plast-cli | 2012-07-06 10:42 | 眼瞼下垂・挙筋腱膜前転術・二重 | Comments(4)  

Commented by 目ザイク at 2012-07-06 17:44 x
はじめまして!
浜崎あゆみさんみたいな丸くて大きな目にするにはどんな手術が必要ですか?ちなみにわたしは二重です!
Commented by y-aesth-plast-cli at 2012-07-06 17:49
目を縦方向に黒目を大きく、目頭がある場合には目頭切開。
下まぶたを柔らかく見せるのに垂れ目形成などが考えられますが、診察してからでないと判断は出来ませんよ。
Commented at 2012-07-08 22:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by y-aesth-plast-cli at 2012-07-09 08:16
シルエットリフトとリードファインリフトはコンセプトが異なります。皮下のボリュームを引き上げるのがシルエットリフト、何となく引き締めるのがリードファインリフト。ダウンタイムも違いますし。リードファインリフトは何回か行うことが有効ですが、シルエットリフトは何回も行うものではありません。これら2つの方法が同等のものと考えるとあれっと思うでしょう。
シルエットリフトは両側8本が必要だと思います。糸が残存してトラブルになったことは今のところありません。こめかみ上部の毛髪内の切開が必要となります。
まずは診察を受けられることをおすすめします。

<< 下まぶたの若返り~ハムラ法の経... 眉間のシワ取り~ボツリヌストキ... >>