一重を二重にする~全切開の経過

よだ形成外科クリニックの依田です。

インフルエンザが流行っています。
中2の私の長男は予防接種しているのに見事にA型インフルエンザになりました。
学級閉鎖になったそうです。
a0149149_13385787.jpg

みなさんも手洗い、うがいをしっかり、雑踏ではマスクの着用をしましょう。
私は今のところ問題ありません。

今回は一重の方が全切開法重瞼の作成をされた症例を見てみましょう。

全切開法で作成しても二重がまれに緩むことがありますが、固定力の強い方法です。ということは予想外の結果になってしまったら修正が難しくなるということです。

全切開の手術は術者によってデザインも異なれば、手術方法も異なりますし、技量もそれぞれです。

私は、全切開して、誰と顔を合わせても変に思われないその人に合う二重を作成することをすすめています。よかれと思った高い位置の切開などはトラブルが生じる確率が高いです。

なるべく食い込みの少ない方法で手術していますが、全く食い込みがないと緩みやすい全切開となるのでここが手術で難しいところでしょう。

抜糸は7日目、お化粧して人に会えるのは、個人差がありますが、10日くらいです。

くれぐれも無茶な二重を作成するとその後が大変ですから、術者とよく相談して手術を承けましょう。術者でない人(カウンセラーとか)と話をまとめてもだめですよ。

a0149149_1339279.jpg

術前
直後
抜糸後(7日目)
a0149149_1340838.jpg

1ヶ月目
6ヶ月目
6ヶ月目閉瞼

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・BNLS・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2017-02-04 13:43 | 全切開・目頭切開手術、二重 | Comments(0)  

眉毛下皮膚切除術~今年もよろしくお願いします

よだ形成外科クリニックの依田です。旧年は大変お世話になりました。本年も手術に磨きをさらにかけますのでよろしくお願いします。

昨年末は手術の連続でブログの更新まで至りませんでした。年末のご挨拶もなく申し訳ありません。

正月はほとんど家にてだらだらと過ごし、2日に塩竈神社にお参りに行きました。本年のおみくじは「吉」。おー、とても前向きになることが記されています。
a0149149_9313376.jpg


本日は眉毛下皮膚切除術を受けられた方を見てみましょう。
眉毛下皮膚切除はまさに眉下から皮膚を取り去り上眼瞼たるみや開きを改善させる手術です。
特にまぶたの外側のタルミが見られる方はおすすめです。まぶたの皮膚はまつ毛側が薄く、眉毛側が厚いので、眉毛側の皮膚は重さもあるため切除するとまぶたが軽くなります。
そのため眼の開きが良い方向に向かいます。

また、まつ毛側に皮膚を手術で触らないため、術後の印象は以前の眼の顔貌に近づく感じとなりやすいです。

眉毛下皮膚切除術は皮膚を取り去るだけですが、大事なのはデザインでしょう。
手術を行う医師の中でもいろいろ議論が交わされています。私は眼輪筋やさらにディープなレイヤーに入り込む方法は賛同してません。切って、剥がして、縫合するという形成外科の基本に忠実に行うと良い結果が出る手術だと思っています。
a0149149_932753.jpg

術前
デザイン
直後
a0149149_93242100.jpg

3ヶ月後
6ヶ月後 むくみも取れて開瞼良好です。


よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2017-01-08 09:39 | 眉毛下皮膚切除術 | Comments(0)  

埋没法(ツルキリ変法)~臨床形成美容外科医会でハウステンボスへ

よだ形成外科クリニックの依田です。

12月3-4日で、日本臨床形成美容外科医会という勉強会に出席してきました。
世話人は長崎の北村理子クリニックの北村先生です。
お疲れ様でした。

ハウステンボスは、私は初めてでした。
到着前に佐世保駅前にて先輩とお茶してから向かいました。

たるみや引き締めのノンサージカル(非手術的)な治療法の勉強をしました。
a0149149_16324672.jpg

先輩である関谷クリニック南青山の関谷先生と2ショット。
異国を感じさせるハウステンボスでした。

本日はツルキリ変法埋没法を受けられた方の症例を見てみましょう。

埋没法ダウンタイムが少なく優れた方法です。

ただしすべての人に採用できる方法ではありません。
また、埋没法は長期には緩む傾向があります。

その中でもツルキリ変法はラインを広くすくう方法なのでラインを長くキープしやすい方法といえますし、シンプルなので、万が一糸を取り去るのも比較的容易な方法と考えています。

アイプチやテープをして皮膚がかぶれるのなら、埋没法をしてしまう方が健全です。

a0149149_16361637.jpg

術前-直後-直後閉眼
a0149149_16333972.jpg

3ヶ月後

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2016-12-13 16:39 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

埋没法~ツルキリ変法の術後の経過

よだ形成外科クリニックの依田です。

先日友人と、成龍萬寿山という中華料理店に行きました。家族連れが多い繁盛店です。
そこで四川料理の水煮肉片(スイジュローペン)を食べました。
寒い日なのでピリ辛がとても美味しかったです。鷹の爪まで食べられるほどの辛さです。
餃子もとても美味しく、気楽にいけるお店ですよ。
a0149149_1717101.jpg


さて、本日はツルキリ変法埋没法を受けられた方の経過を見てみましょう。
以前もお話しましたが、埋没法で絶対外れない方法はありません。

時には糸が原因で感染することもあります。
そんなとき、糸が外れにくい方法の場合、とても大変です。

ツルキリ変法はラインを広く取りますが、決して複雑な方法ではありませんので私は愛用しています。

ダウンタイムは金曜に手術すれば、月曜日は大丈夫であるくらいと考えてもらっていいかと思いますが、まれに内出血が気になることもあります。

埋没法は繰り返し受けることはおすすめしませんし、出来ないことも多くあります。

埋没法は、将来に全切開をするためのシミュレーションだと思われるといいと思います。
a0149149_17182568.jpg

術前-術直後-術直後閉眼
a0149149_17184289.jpg

2ヶ月後-4ヶ月後-4ヶ月後閉眼

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・BNLS・脱毛・M22  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2016-11-26 17:24 | 埋没法・二重 | Comments(0)  

エラ取りボトックス+BNLS(脂肪溶解注射)~ダウンタイムがほとんどありません

よだ形成外科クリニックの依田です。

当院は、日曜日は隔週で休診なのですが、たまの日曜日にばらちらしを作ってみました。
といっても酢飯を作って、スーパーで買ってきた刺身を切って並べただけですけど。

マグロは一部漬けマグロにしてみました。子ども達は喜んでいたのでひと安心でした。
a0149149_1282617.jpg


さて、本日は頬部にかなりボリュームのある方に咬筋ボトックスBNLSの複合治療でほっそりした症例を見てみましょう。

頬部のボリュームは下顎骨と、エラには咬筋、そして皮下脂肪があります。噛みしめると下顎角が膨らむ方は咬筋が発達している方です。かみしめてもプヨプヨしているのは皮下脂肪の可能性が高いです。このどちらでもない場合は下顎骨のボリュームの可能性があります。

咬筋のボリュームダウンにはボトックス注射が有効です。単位数というボトックスの量をケチると効果が今ひとつのことがあります。効果は1Mくらいで実感でき、4-6ヶ月の効能が期待できます。

脂肪をボリュームダウンさせるには脂肪吸引が確実ですが、まず腫れるし一時期固くなるダウンタイムが必ず発生します。

さてBNLS脂肪溶解注射)ですが、脂肪溶解注射というものは過去にもありました。大豆由来の商品があったのですが、注射すると腫れてかゆみなどの炎症症状が出現し、結構辛い治療でした。

ところがBNLSは痛みや腫れがほとんどなく、注射したその日に食事会などにも行けるくらいダウンタイムがほとんどありません。

BNLSなどの脂肪溶解注射は、しかし、1回の治療では目的を達することは出来ないでしょう。脂肪吸引のように脂肪というボリュームを直接取り去るのではなく、溶解して体から吸収し排泄されるというプロセスなので、複数回の治療を通常必要とします。

BNLSは、注入量が少な過ぎても効果は限定的です。目安は脂肪の厚さもありますが、500円玉範囲で2mlくらいです。注射の治療間隔と回数は、個人によっても異なりますが、1回/2週間を3回くらいまず見て下さいとお話しています。反応が弱い方はもう少し回数が必要です。

さて、注射の方法ですが、上からブスブス注射ではありません。マイクロカニュラという細い鈍針で確実に脂肪層に入れてBNLSをばらまきます。数カ所局所麻酔して小さな穴を空けてマイクロカニュラで注入します。脂肪層はほとんど痛みがありません。

BNLSの治療は苦痛ではありません。他のクリニックで施術されて痛いし内出血もひどかったと話された方がいましたが、そのやり方は申し訳ないですが間違っていました。

私の場合はBNLSは単純な組成で行っています。ステロイドやヒアルロニダーゼなどのカクテル治療はしていません。予想できないくらい効き過ぎても困ります。

本日の方は咬筋がかなり発達していたので、まず咬筋ボトックスを行い、その後頬部に片側約5mlのBNLSを1回/2週間を2回行いました。大幅にボリュームダウンし、満足されていました。3回目の治療は様子を見てからにしましょうと保留になっています。

a0149149_1293843.jpg

施術前
ボトックス1ヶ月後
BNLS片側5mlを1回行った2週間後

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  


↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村

# by y-aesth-plast-cli | 2016-11-15 12:14 | BNLS脂肪溶解注射 | Comments(0)